/BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定の ブート プログラムを設定します これは REMINST 共有への相対パスであり たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の ように指定します /Architecture:{x86 ...

[/BootProgram:<相対パス>]               特定のアーキテクチャに対する既定の                                         ブート プログラムを設定します。これは                                         REMINST 共有への相対パスであり、                                         たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の                                         ように指定します。  /Architecture:{x86 | ia64 | x64}       ブート プログラムのアーキテクチャで、                                         指定が必要です。 [/N12BootProgram:<相対パス>]            F12 キーを押す必要のない、                                         ブート プログラムへの相対パスです。                                         たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の                                         ように指定します。  /Architecture:{x86 | ia64 | x64}       ブート プログラムのアーキテクチャで、                                         指定が必要です。 [/BootImage:<相対パス>]                 クライアントが起動中に受信するブート                                          イメージへの、相対パスです。  /Architecture:{x86 | ia64 | x64}       ブート イメージのアーキテクチャで、                                         指定が必要です。 [/PreferredDC:]                  WDS PXE Provider (BINL) で使用する                                         ドメイン コントローラの名前です。                                         NetBIOS 名または FQDN のいずれかです。 [/PreferredGC:]                  WDS PXE Provider (BINL) が使用する                                         グローバル カタログ サーバーの名前です。                                         NetBIOS 名または FQDN のいずれかです。 [/PrestageUsingMAC:{Yes | No}]          ディレクトリ サービスでコンピュータ                                          アカウントが作成される際に、WDS で                                         デバイスの既知の ID として GUID/UUID                                          ではなく MAC アドレスが使用されるか                                         どうかを指定します。 [/NewMachineNamingPolicy:<ポリシー>]    クライアントのコンピュータ名の作成時に                                         使用される形式を指定します。 [/NewMachineOU]                         クライアント コンピュータ アカウント                                         を作成する、ディレクトリ サービス内の                                         場所を指定します。  [/Type:{ServerDomain |                 ServerDomain では、Windows 展開サービス           UserDomain |                   サーバーが所属するディレクトリ サービス           UserOU |                       ドメインの既定のコンピュータ コンテナに          Custom}]                       クライアント コンピュータ アカウントが                                         作成されます。                                         UserDomain では、クライアント コンピュー                                         タのインストールを実行するユーザーが所属                                         するディレクトリ サービス ドメインの既定                                         のコンピュータ コンテナにクライアント                                          コンピュータが作成されます。                                         UserOU では、ディレクトリ サービス内で、                                         クライアント コンピュータのインストール                                         を実行するユーザーと同じ場所にクライア                                         ント コンピュータが作成されます。                                         Custom では、クライアント コンピュータ                                          アカウントを作成するディレクトリ サー                                         ビス内の場所を指定します。
/AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの自動更新設定を構成します /Enabled:{Yes | No} BCD 更新ポリシーを指定します 有効 (Yes) に設定すると BCD ファイル が指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ... /bootdirpath コマンド ラインの引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再起動してください /BootImagePath: REMINST 共有を基準として このデバイスが 使用するブート イメージの相対パスを指定 します /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカルで ログインしたドメインです ... /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定の ブート プログラムを設定します これは REMINST 共有への相対パスであり たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の ように指定します /Architecture:{x86 ... /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ... /checkprop ホスト DSA を列挙するための DSA_LIST /checkprop 指定したドメイン コントローラのプロパティを比較し 両方が 最新の状態かどうかを確認します /CreateDNSDelegation:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) このドメインの DNS 委任を親ゾーンで作成するかどうかを指定します