/BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定のブート プログラムを設定しま す これは RemoteInstall 共有への相対パスです 例: "boot\x86\pxeboot.n12" /Architecture:{x86 ...

[/BootProgram:<相対パス>]
        特定のアーキテクチャに対する既定のブート プログラムを設定しま
        す。これは RemoteInstall 共有への相対パスです。例:
        "boot\x86\pxeboot.n12"

  /Architecture:{x86 | ia64 | x64 | arm | x86uefi | x64uefi}
        ブート プログラムのアーキテクチャです。

[/N12BootProgram:<相対パス>]
        PXE ブートのために F12 キーを押す必要のないブート プログラム
        への相対パスを指定します。例:
        "boot\x86\pxeboot.n12"

  /Architecture:{x86 | ia64 | x64 | arm | x86uefi | x64uefi}
        ブート プログラムのアーキテクチャです。

[/BootImage:<相対パス>]
        ブート クライアントに渡されるブート イメージの相対パスを指定
        します。

  /Architecture:{x86 | ia64 | x64 | arm | x86uefi | x64uefi}
        ブート イメージのアーキテクチャです。

[/PreferredDC:]
        WDS で使用されるドメイン コントローラーの名前です。FQDN か
        NetBIOS 名のどちらかを使用できます。

[/PreferredGC:]
        WDS で使用されるグローバル カタログ サーバーの名前です。FQDN
        か NetBIOS 名のどちらかを使用できます。

[/PrestageUsingMAC:{Yes | No}]
        Active Directory にコンピューター アカウントを作成するときに、
        WDS でコンピューターの識別子として GUID ではなく MAC アドレス
        を使用するかどうかを指定します。

[/NewMachineNamingPolicy:<ポリシー>]
        クライアントのコンピューター名の作成時に使用される形式を指定
        します。
/AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの再生成のタイミングに関する設定を構成します /Enabled:{Yes | No} 有効にすると すべてのブート イメージについて BCD ファイルが 指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ... /BindPolicy サーバーのインターフェイス バインド ポリシーを構成します /Policy:{Include | Exclude} インターフェイスの一覧のアドレスを含めるか除外するかを指定 するポリシーを設定します /Add 一覧にインターフェイスを追加します ... /BootProgram パラメーターを使用してデバイス ブート プログラムを指定するには /Force パラメーターも使用する必要があります /BootProgram パラメーターは Windows Server 2008 R2 より前のバージョンの ... /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定のブート プログラムを設定しま す これは RemoteInstall 共有への相対パスです 例: "boot\x86\pxeboot.n12" /Architecture:{x86 ... /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ... /bridgeheads 指定したサイトのブリッジヘッド サーバーとして動作するドメイン コントローラーを一覧表示します /BTFolderPath コマンド ライン引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再実行してください /Capture-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: /Compress:{fast|max|none} /Bootable /CheckIntegrity ...