/BootImagePath: このコンピューターが受信するブート イメー ジの RemoteInstall 共有からの相対パスです /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカル ドメインが検索されます ...

[/BootImagePath:<相対パス>]         このコンピューターが受信するブート イメー
                                    ジの、RemoteInstall 共有からの相対パスです。
[/Domain:<ドメイン>]                ステージング済みデバイスを検索する
                                    ドメインを指定します。既定では、ローカル
                                    ドメインが検索されます。
[/ResetAccount]                     適切なアクセス許可を持つすべてのユーザーが
                                    このアカウントを使用してドメインに参加でき
                                    るように、コンピューターのアクセス許可をリ
                                    セットします。


例:
---------
WDSUTIL /Set-Device /Device:Computer1 /ReferralServer:MyWDSServer
/BootProgram:boot\x86\pxeboot.n12

WDSUTIL /Verbose /Set-Device /Device:Computer2 /ID:00-B0-56-88-2F-DC
/WdsClientUnattend:WdsClientUnattend\unattend.xml /User:Domain\user
/JoinRights:JoinOnly /JoinDomain:No /BootImagePath:boot\x86\images\boot.wim
/Domain:NorthAmerica /ResetAccount

/architecture /os /path の各パラメーターは /package パラメーターと共に使用する必要があります コマンド ライン構文の詳細については /help または /? と入力して Enter キーを押してください /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します /AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの再生成のタイミングに関 する設定を構成します /Enabled:{Yes | No} 有効にすると すべてのブート イメージに ついて BCD ファイルが指定の時間間隔で 更新されます /RefreshPeriod: ... /BootImagePath: このコンピューターが受信するブート イメー ジの RemoteInstall 共有からの相対パスです /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカル ドメインが検索されます ... /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ... /bridgeheads 指定したサイトのブリッジヘッド サーバーとして動作するドメイン コントローラーを一覧表示します /BTFolderPath コマンド ライン引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再実行してください /Check-AppPatch /PatchLocation: /Format: オフライン イメージに MSP 更新プログラムが適用されるかどうかについての情報を 表示します 複数の更新プログラム ファイルを指定できます /Format オプション ...