外部データに対するクエリは既に定義されています このクエリのデータを使用する場合は 次へ をクリックしてください ピボットテーブルに対する外部データを変更する場合は データの取り出し をクリックし Microsoft Query を起動してください ...

外部データに対するクエリは既に定義されています。このクエリのデータを使用する場合は [次へ] をクリックしてください。

ピボットテーブルに対する外部データを変更する場合は、[データの取り出し] をクリックし、Microsoft Query を起動してください。データの表示と編成を行うには、クエリ ウィザードの手順に従ってください。クエリ ウィザードで [完了] をクリックする、または Query で [Microsoft Excel にデータを返す] ボタンをクリックすると、ピボットテーブル ウィザードに戻ります。
変更内容を保存しますか? メッセージは送信されていません 変更履歴またはコメントを含むファイルを印刷 保存 送信するときに警告を表示する 文書に変更履歴またはコメントが含まれる場合は それらを削除してから その文書を保存または配布することをお勧めします これにより 個人的な情報が誤って他の人の目に触れてしまう危険性を最小限に抑えることができます ... 変更箇所の確認 ([ツール メニュー) 文書内の各変更箇所を検索および選択して 変更を確認し 変更を反映するかまたは元に戻すかを指示します 変更箇所を示す縦線の色 変更箇所を示す縦線の色を指定します 既定の文字列の色 (通常は黒) を使う場合は 自動 をクリックします 外部データに対するクエリは既に定義されています このクエリのデータを使用する場合は 次へ をクリックしてください ピボットテーブルに対する外部データを変更する場合は データの取り出し をクリックし Microsoft Query を起動してください ... 外部データのフィールドを取り出すには ピボットテーブルに外部データを返すためのツール Microsoft Query を使用します Query を起動し クエリ ウィザードを実行するには データの取り出し をクリックします データの表示と編成を行うには ... 外部データ範囲を更新するためのテキスト ファイルが見つかりません テキスト ファイルが移動または名前が変更されていないことを確認し 再度実行してください 外部リンクの値を保存する ワークシートとの間にリンクを設定している外部ドキュメントの値のコピーを保存します ワークシートが外部ドキュメントの広い範囲にリンクを設定していて 大量のディスク容量を必要とする またはそのワークシートを開くため長い時間がかかる場合は ... 大かっこ 作業中のウインドウでクリックまたはドラッグした位置に大かっこを描画します 大かっこの縦横の比率を既定のままにする場合は shift キーを押しながらドラッグします
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese