/CriticalReplicationOnly:{Yes | } 昇格操作で再起動前に重要なレプリケーションのみを行い 一部の重要でない (時間がかかる可能性のある) レプリケーションをスキップして操作を続行するかどうかを指定します 重要でないレプリケーションは ...

/CriticalReplicationOnly:{Yes | }
昇格操作で再起動前に重要なレプリケーションのみを行い、一部の重要でない (時間がかかる可能性のある) レプリケーションをスキップして操作を続行するかどうかを指定します。重要でないレプリケーションは、役割のインストールが終了しコンピューターが再起動した後で実行されます。
/Cleanup-Wim マウント済みの破損したイメージに関連付けられているリソースを削除します このコマンドでは マウント済みのイメージはマウント解除されず /Remount-WIM コマンドを使用して回復できるイメージが削除されることもありません ... /Commit-Wim /MountDir: マウントされたイメージに変更を適用します /Unmount-Wim オプションが 使用されるまで イメージはマウントされた状態のままです 例: DISM.exe /Commit-Wim /MountDir:C: ... /ConfigurationSetLevel:{ |3|4} 省略可能です 新しい一意な AD LDS インスタンスの構成セット レベルを指定します 既定のレベルは Windows Server 2003 (2) です レプリカに対して ConfigurationSetLevel ... /CreateDNSDelegation:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) このドメインの DNS 委任を親ゾーンで作成するかどうかを指定します /CriticalReplicationOnly:{Yes | } 昇格操作で再起動前に重要なレプリケーションのみを行い 一部の重要でない (時間がかかる可能性のある) レプリケーションをスキップして操作を続行するかどうかを指定します 重要でないレプリケーションは ... /csv モードでは /showrepl コマンドの結果が Microsoft Excel への インポートやプログラムによる解析用に CSV ファイル (CSV) に出力されます 出力形式 %0 (列の順序) は固定されていてリリースごとに変更されることは ... /d 追加されているレジストリ値名へ割り当てられるデータ /f プロンプトなしで既存のレジストリ エントリを強制的に上書きします 例: REG ADD \ABC\HKLM\Software\MyCo リモート コンピューター ABC にキー ... /DatabasePath:"データベース ファイルへのパス" (既定値は %SYSTEMROOT%\NTDS です) ローカル コンピューターの固定ディスク上にあり ドメイン データベースを格納しているディレクトリの UNC 表記ではない完全修飾パスを指定します ... /DataFilesPath:"パス名" 省略可能です 既定では データは "Program Files\Microsoft ADAM\インスタンス名\data" に格納されます ここで インスタンス名 は AD LDS インスタンスの名前です ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Español (España)
Spanish (Spain)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian