BackupDirectory レジストリ キーが正しく構成されていません このキーには 完全なパス名が指定されていないときに使用する ディスク バックアップ ファイルを保存するルート パスを指定します このパスは RESTORE の再起動チェックポイント ...

BackupDirectory レジストリ キーが正しく構成されていません。このキーには、完全なパス名が指定されていないときに使用する、ディスク バックアップ ファイルを保存するルート パスを指定します。このパスは、RESTORE の再起動チェックポイント ファイルを見つける場合にも使用されます。
AUTO_UPDATE_STATISTICS データベースの SET オプションが OFF であることが検出されました その結果 データベース統計が SQL Server 2008 へのアップグレードの一環として更新されません SQL Server ... BACKUP WITH CONTINUE_AFTER_ERROR により 破損したデータベースのバックアップが正しく生成されました 発生したエラーの詳細については SQL Server エラー ログを参照してください BACKUP または RESTORE では FILESTREAM およびフルテキストをサポートするために NTFS ファイル システムが必要です パス "%1!s!" は使用できません backupdevicetype パラメーターに指定された値は無効です 'logical' 'disk' 'tape' のいずれかの値を指定してください BackupDirectory レジストリ キーが正しく構成されていません このキーには 完全なパス名が指定されていないときに使用する ディスク バックアップ ファイルを保存するルート パスを指定します このパスは RESTORE の再起動チェックポイント ... Banyan VINES Sequenced Packet Protocol (SPP) Multiprotocol AppleTalk または NWLink IPX/SPX ネットワーク プロトコルを使用する接続を変更します BCP スレッド統計 アーティクル : {0} リーダー実行時間 (秒) : {1:0.000} ライター実行時間 (秒) : {2:0.000} 合計行数 : {3} BCP ブロック サイズ (KB) : {4} 処理された BCP ブロックの合計数 ... bcp データが正しい順序で並べ替えられていないようなので 読み込み順序のヒントなしでテーブル '%1' に対して一括コピー操作を再試行しています 原因として コピー元のテーブルのクラスター化されたインデックスに 1 つの NULL 文字列が存在することが考えられます ... BCPColumns の呼び出し時には 列の数が 0 である必要があります BCP の操作中に BCPColumns を呼び出せるのは 1 回だけです