/BootImagePath: REMINST 共有を基準として このデバイスが 使用するブート イメージの相対パスを指定 します /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカルで ログインしたドメインです ...

[/BootImagePath:<相対パス>]         REMINST 共有を基準として、このデバイスが                                     使用するブート イメージの相対パスを指定                                     します。 [/Domain:<ドメイン>]                ステージング済みデバイスを検索する                                     ドメインを指定します。既定では、ローカルで                                     ログインしたドメインです。 [/ResetAccount]                     適切なアクセス許可を持つすべてのユーザーが                                     このアカウントを使用してドメインに参加                                     できるように、デバイスのアクセス許可を                                     リセットします。   例: --------- WDSUTIL /Set-Device /Device:Computer1 /ReferralServer:MyWDSServer /BootProgram:boot\x86\pxeboot.n12  WDSUTIL /Verbose /Set-Device /Device:Computer2 /ID:00-B0-56-88-2F-DC /WdsClientUnattend:WDSClientUnattend\unattend.xml /User:Domain\user /JoinRights:JoinOnly /JoinDomain:No /BootImagePath:boot\x86\images\boot.wim /Domain:NorthAmerica /ResetAccount
/ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します /AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの自動更新設定を構成します /Enabled:{Yes | No} BCD 更新ポリシーを指定します 有効 (Yes) に設定すると BCD ファイル が指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ... /bootdirpath コマンド ラインの引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再起動してください /BootImagePath: REMINST 共有を基準として このデバイスが 使用するブート イメージの相対パスを指定 します /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカルで ログインしたドメインです ... /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定の ブート プログラムを設定します これは REMINST 共有への相対パスであり たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の ように指定します /Architecture:{x86 ... /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ... /checkprop ホスト DSA を列挙するための DSA_LIST /checkprop 指定したドメイン コントローラのプロパティを比較し 両方が 最新の状態かどうかを確認します