Windows 8.1

  1. /%1!s! オプションは引数をとりません 引数を指定せずにコマンドを再試行してください 詳細については %1!s! オプションのヘルプを参照してください
  2. /%1!s! オプションは引数をとりません 引数を指定せずにコマンドを再試行してください 詳細については ヘルプを参照してください
  3. /:*?"<>|[]+=;," の文字は名前空間名に使用できません また名前空間名にはスペースまたはピリオド以外の文字が少なくとも 1 つ必要です 有効な名前空間名を入力してください
  4. /a-処理前に 一覧表示されたすべての言語パックがインストール可能または削除可能であることを確認します インストール可能または削除可能な 言語パックがない場合はエラーが返され 指定されたどの言語パックもインストールまたは削除されません /aオプションを含めない場合は ...
  5. /A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします 一般的には 既定の設定を使用してください NTFS は 512 1024 2048 4096 8192 16K 32K 64K を サポートします FAT は 512 1024 ...
  6. /A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします 一般的には 既定の設定を使用してください ReFS は 64K をサポートします NTFS は 512 1024 2048 4096 8192 16K 32K 64K を サポートします ...
  7. /AcceptEula または /GetEula オプションをオンラインの /Set-Edition オプションで指定する必要があります コマンドを再実行し 必要なパラメーターを指定してください
  8. /add add コマンドは 指定した名前付けコンテキストの RepsFrom 属性を 宛先ドメイン コントローラー上に作成し レプリケーション要求 を開始します 通常のレプリケーション サイクル中 宛先 ドメイン コントローラーはソース ドメイン ...
  9. /Add-Driver {/Driver: | /Driver: } /recurse /ForceUnsigned オフライン イメージにドライバーを追加します ドライバーのすべての サブフォルダーを照会するには /recurse を使用します ...
  10. /Add-ImageGroup サーバーにイメージ グループを追加します /Get-ImageGroup イメージ グループに関する情報を表示します /Remove-ImageGroup サーバーからイメージ グループを削除します /Set-ImageGroup ...
  11. /Add-Package /PackagePath: /IgnoreCheck /PreventPending 1 つ以上のパッケージをイメージに追加します /PackagePath には .cab ファイル .msu ファイル またはフォルダーを指定できます ...
  12. /Add-Package /PackagePath: イメージ内の指定された .cab パッケージをインストールします 1 つのコマンド ラインで複数のパッケージを追加できます /PackagePath には .cab ファイル またはフォルダーを指定できます ...
  13. /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath: /SkipLicense /CustomDataPath: /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath: /DependencyPackagePath: ...
  14. /AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ...
  15. /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ...
  16. /AddValue: フィルターに追加するクライアント値です 1 つのフィルターの種 類に複数の値を指定できます 特定のフィルターの種類に有効な値 については 次の一覧を参照してください /RemoveValue: フィルターから削除する既存のクライアント値です ...
  17. /AdministratorPassword:"管理者パスワード" (既定値は空のパスワードです) ドメイン コントローラーを降格する際にローカルの Administrator アカウントのパスワードを指定します
  18. /Aging - このリソース レコードを清掃できるように指定します このパラメーターを使用しない場合 リソース レコードは 清掃されません /OpenAcl - 最初の更新まで 新しいレコードをどのユーザーでも変更 できるように指定します ...
  19. /AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラー アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラーのインストールを続行するかどうかを指定します ...
  20. /Append-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: /Bootable /CheckIntegrity /Verify /NoRpFix WIM ...
  21. /ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ...
  22. /ApplicationPartitionsToReplicate:{"レプリケートするパーティションの識別名" | *} 省略可能です ソース AD LDS インスタンスからレプリケートするアプリケーション パーティションの識別名を指定します ...
  23. /Apply-CustomImage のパラメーター: /DirectPath: /Namespace および /Sourcefile に対応する OS イメージ ファイルの直接パスを指定します WDS サーバーの REMINST 共有にある ...
  24. /Apply-Image /ImageFile: /ApplyDir: {/Index: | /Name: } /CheckIntegrity /Verify /NoRpFix /SWMFile: /ConfirmTrustedFile 指定されたドライブにイメージを適用します ...
  25. /Apply-Image および /Apply-CustomImage のパラメーター: /Index: WIM イメージで必要になり 適用する イメージ インデックスを指定します VHDX を適用 する場合は このパラメーターは指定しません ...
  26. /Apply-Unattend: オフライン イメージに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml
  27. /Apply-Unattend: オフライン イメージまたは実行中のオペレーティング システムに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml ...
  28. /architecture /os /path の各パラメーターは /package パラメーターと共に使用する必要があります コマンド ライン構文の詳細については /help または /? と入力して Enter キーを押してください
  29. /Architecture:{x86 | ia64 | x64 | arm} マルチキャストで転送するブート イメージのアーキテクチャです 異なるアーキテクチャのブート イメージが同じ名前を持っている場 合があるため 正しいイメージを使用するためにアーキテクチャを ...
  30. /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します
  31. /AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します
  32. /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの再生成のタイミングに関する設定を構成します /Enabled:{Yes | No} 有効にすると すべてのブート イメージについて BCD ファイルが 指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ...
  33. /BindPolicy サーバーのインターフェイス バインド ポリシーを構成します /Policy:{Include | Exclude} インターフェイスの一覧のアドレスを含めるか除外するかを指定 するポリシーを設定します /Add 一覧にインターフェイスを追加します ...
  34. /BootProgram パラメーターを使用してデバイス ブート プログラムを指定するには /Force パラメーターも使用する必要があります /BootProgram パラメーターは Windows Server 2008 R2 より前のバージョンの ...
  35. /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定のブート プログラムを設定しま す これは RemoteInstall 共有への相対パスです 例: "boot\x86\pxeboot.n12" /Architecture:{x86 ...
  36. /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ...
  37. /bridgeheads 指定したサイトのブリッジヘッド サーバーとして動作するドメイン コントローラーを一覧表示します
  38. /BTFolderPath コマンド ライン引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再実行してください
  39. /Capture-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: /Compress:{fast|max|none} /Bootable /CheckIntegrity ...
  40. /Check-AppPatch /PatchLocation: /Format: オフライン イメージに MSP 更新プログラムが適用されるかどうかについての情報を 表示します 複数の更新プログラム ファイルを指定できます /Format オプション ...
  41. /CheckHealth オプションは Windows PE ターゲット イメージでは使用できません この操作は 完全な Windows オペレーティング システム イメージで使用する必要があります
  42. /checkprop ホスト DSA を列挙するための DSA_LIST
  43. /checkprop 指定したドメイン コントローラーのプロパティを比較し 両方が 最新の状態かどうかを確認します
  44. /Cleanup-Image /RevertPendingActions 警告! /RevertPendingActions オプションを使用できるのは ブート しなかった Windows イメージ上でシステム回復操作を実行する場合 のみです ...
  45. /Cleanup-Mountpoints マウント済みの破損したイメージに関連付けられているリソースを削除します このコマンドでは マウント済みのイメージはマウント解除されません /Remount-Image コマンドを使用して回復できるイメージが削除されることも ...
  46. /Cleanup-Wim マウント済みの破損したイメージに関連付けられているリソースを削除します このコマンドでは マウント済みのイメージはマウント解除されません /Remount-WIM コマンドを使用して回復できるイメージが削除されることもありません ...
  47. /Commit-Image /MountDir: /Append /CheckIntegrity マウントされたイメージに変更を適用します /Unmount-Image オプションが 使用されるまで イメージはマウントされた状態のままです /Append ...
  48. /Commit-Wim /MountDir: マウントされたイメージに変更を適用します /Unmount-Wim オプションが 使用されるまで イメージはマウントされた状態のままです 例: DISM.exe /Commit-Wim /MountDir:C: ...
  49. /ConfigurationSetLevel:{ |3|4|5} 省略可能です 新しい一意な AD LDS インスタンスの構成セット レベルを指定します 既定のレベルは Windows Server 2003 (2) です レプリカに対して ...
  50. /CreateDNSDelegation:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) このドメインの DNS 委任を親ゾーンで作成するかどうかを指定します
  51. /CriticalReplicationOnly:{Yes | } 昇格操作で再起動前に重要なレプリケーションのみを行い 一部の重要でない (時間がかかる可能性のある) レプリケーションをスキップして操作を続行するかどうかを指定します 重要でないレプリケーションは ...
  52. /csv モードでは /showrepl コマンドの結果が Microsoft Excel への インポートやプログラムによる解析用に CSV ファイル (CSV) に出力されます 出力形式 %0 (列の順序) は固定されていてリリースごとに変更されることは ...
  53. /d 追加されているレジストリ値名へ割り当てられるデータ /f プロンプトなしで既存のレジストリ エントリを強制的に上書きします /reg:32 32 ビット レジストリ ビューを使用して キーにアクセスする必要があることを指定します /reg:64 ...
  54. /DatabasePath:"データベース ファイルへのパス" (既定値は %SYSTEMROOT%\NTDS です) ローカル コンピューターの固定ディスク上にあり ドメイン データベースを格納しているディレクトリの UNC 表記ではない完全修飾パスを指定します ...
  55. /DataFilesPath:"パス名" 省略可能です 既定では データは "Program Files\Microsoft ADAM\インスタンス名\data" に格納されます ここで インスタンス名 は AD LDS インスタンスの名前です ...
  56. /DCAccountName:"事前に作成する DC の名前" 作成する読み取り専用ドメイン コントローラーの名前を指定します
  57. /DelegatedAdmin:"ユーザーまたはグループの名前" 読み取り専用ドメイン コントローラーをインストールし管理するユーザーまたはグループの名前を指定します
  58. /delete delete コマンドは 宛先ドメイン コントローラー上の指定した名前付け コンテキストの RepsFrom 属性を削除します
  59. /Delete-Image /ImageFile: {/Index: | /Name: } /CheckIntegrity 指定したボリューム イメージを 複数のボリューム イメージがある WIM ファイル から削除します /CheckIntegrity ...
  60. /delrepsto Delrepsto では ドメイン コントローラー上での指定した名前付け コンテキストの Reps-To 属性を削除します
  61. /DemoteFSMO:{Yes | } 降格中のドメイン コントローラーで FSMO の役割が見つかった場合でも (強制的に) 降格を続行するかどうかを指定します
  62. /Description: イメージの説明を設定します /WDSServer: このイメージから起動したすべてのクライアントがイメージをインス トールする際に接続する WDS サーバーの名前を指定します 既定で は このイメージで起動したすべてのクライアントは ...
  63. /Device: デバイスのコンピューター名 (SAMAccountName) です /ID: コンピューターの ID (コンピューターに関連付けられた GUID MAC アドレス または DUID) を指定します GUID は次のいずれかの形 ...
  64. /Device: 追加するデバイスの名前です /ID: コンピューターの ID (コンピューターに関連付けられた GUID MAC アドレス または DUID) を指定します GUID は次のいずれかの形 式にする必要があります ACEFA3E81F20694E953EB2DAA1E8B1B6 ...
  65. /Disable-Feature /FeatureName: /PackageName: /Remove FeatureName コマンド引数で指定された機能を無効にします Windows Foundation パッケージの場合は /PackageName ...
  66. /Disable-Feature /FeatureName: /PackageName: イメージ内の指定された機能を無効にします パッケージ名を指定しないと Windows Foundation パッケージが適用されます 例: DISM.exe ...
  67. /DNSDelegationPassword:{"パスワード" | *} DNS の委任の作成または削除に使用するユーザー名 (アカウント資格情報) のパスワードを指定します ユーザーに資格情報の入力を求める場合は を指定します
  68. /DNSDelegationUserName:"ユーザー名" DNS の委任の作成または削除に使用するユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します 値を指定しない場合は ドメイン コントローラーのインストールまたはアンインストールに使用した資格情報が使用されます ...
  69. /dnslookup /alias /dnslookup DNS 解決フラグには 次の値を組み合わせて指定します DNSRESL_FLUSH_CACHE (0x1) DNSRESL_FLUSH_CACHE_ON_ERROR (0x2) DNSRESL_GET_IPV4_ONLY ...
  70. /DNSOnNetwork:{ | No} DNS サービスをネットワーク経由で利用できるかどうかを指定します このオプションは このコンピューターのネットワーク アダプターに 名前解決用の DNS サーバーの名前が構成されていない場合にのみ使用します ...
  71. /DomainLevel:{0|2|3|4} (ドメインの機能レベルをフォレストの機能レベルよりも低く設定することはできません 既定値は自動計算され 既存のフォレストの機能レベルまたは /ForestLevel の指定値に設定されます) 新 ...
  72. /DomainNetBiosName:"ドメインの NetBIOS 名" 新しいドメインにネットワーク基本入出力システム (NetBIOS) 名を割り当てます
  73. /DRAINUNTILRESTART サーバーが再起動されるまで新規ユーザーのログオンを無効にします ただし 既存セッションへの再接続は許可されます
  74. /email 招待を添付して送信するために 既定の SMAPI 電子メール クライアントを開きます /offerra DCOM を使用して 依頼者のコンピューター上のリモート アシスタンスをリモートで起動し 自動的に接続します
  75. /Enable-Feature /FeatureName: /PackageName: /Source: /LimitAccess /All FeatureName コマンド引数で指定された機能を有効にします Windows Foundation ...