Windows 10

  1. /%1!s! オプションは引数をとりません 引数を指定せずにコマンドを再試行してください 詳細については %1!s! オプションのヘルプを参照してください
  2. /%1!s! オプションは引数をとりません 引数を指定せずにコマンドを再試行してください 詳細については ヘルプを参照してください
  3. /a-処理前に 一覧表示されたすべての言語パックがインストール可能または削除可能であることを確認します インストール可能または削除可能な 言語パックがない場合はエラーが返され 指定されたどの言語パックもインストールまたは削除されません /aオプションを含めない場合は ...
  4. /A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを上書きします 一般的には 既定の設定を使用してください ReFS は 64K をサポートします ReFS は 4096 64K をサポートします NTFS は 512 1024 2048 ...
  5. /A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします 一般的には 既定の設定を使用してください NTFS は 512 1024 2048 4096 8192 16K 32K 64K を サポートします FAT は 512 1024 ...
  6. /A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします 一般的には 既定の設定を使用してください ReFS は 64K をサポートします NTFS は 512 1024 2048 4096 8192 16K 32K 64K を サポートします ...
  7. /AcceptEula または /GetEula オプションをオンラインの /Set-Edition オプションで指定する必要があります コマンドを再実行し 必要なパラメーターを指定してください
  8. /add add コマンドは 指定した名前付けコンテキストの RepsFrom 属性を 宛先ドメイン コントローラー上に作成し レプリケーション要求 を開始します 通常のレプリケーション サイクル中 宛先 ドメイン コントローラーはソース ドメイン ...
  9. /Add-Capability /CapabilityName: /Source: /LimitAccess 1 つのイメージに機能を追加します 例: DISM.exe /Online /Add-Capability /Capability ...
  10. /Add-Driver {/Driver: | /Driver: } /recurse /ForceUnsigned オフライン イメージにドライバーを追加します ドライバーのすべての サブフォルダーを照会するには /recurse を使用します ...
  11. /Add-Package /PackagePath: /IgnoreCheck /PreventPending 1 つ以上のパッケージをイメージに追加します /PackagePath には .cab ファイル .msu ファイル またはフォルダーを指定できます ...
  12. /Add-Package /PackagePath: イメージ内の指定された .cab パッケージをインストールします 1 つのコマンド ラインで複数のパッケージを追加できます /PackagePath には .cab ファイル またはフォルダーを指定できます ...
  13. /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath: /SkipLicense /CustomDataPath: /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath: /DependencyPackagePath: ...
  14. /AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ...
  15. /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ...
  16. /Append-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: {[/Bootable | /WIMBoot]} /CheckIntegrity /Verify ...
  17. /ApplicationPartitionsToReplicate:{"レプリケートするパーティションの識別名" | *} 省略可能です ソース AD LDS インスタンスからレプリケートするアプリケーション パーティションの識別名を指定します ...
  18. /Apply-CustomDataImage /SingleInstance /CustomDataImage: /ImagePath: カスタム データ イメージに含まれているファイルを退避して 領域を節約します 例: DISM.exe /Apply-CustomDataImage ...
  19. /Apply-CustomImage のパラメーター: /DirectPath: /Namespace および /Sourcefile に対応する OS イメージ ファイルの直接パスを指定します WDS サーバーの REMINST 共有にある ...
  20. /Apply-Image /ImageFile: /ApplyDir: {/Index: | /Name: } /CheckIntegrity /Verify /NoRpFix /SWMFile: /ConfirmTrustedFile /WIMBoot ...
  21. /Apply-Image および /Apply-CustomImage のパラメーター: /Index: WIM イメージで必要になり 適用する イメージ インデックスを指定します VHDX を適用 する場合は このパラメーターは指定しません ...
  22. /Apply-Unattend: オフライン イメージに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml
  23. /Apply-Unattend: オフライン イメージまたは実行中のオペレーティング システムに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml ...
  24. /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します
  25. /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ...
  26. /bridgeheads 指定したサイトのブリッジヘッド サーバーとして動作するドメイン コントローラーを一覧表示します
  27. /BTFolderPath コマンド ライン引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再実行してください
  28. /Capture-CustomImage /CaptureDir: /ConfigFile: /CheckIntegrity /Verify /ConfirmTrustedFile イメージのカスタマイズを WIMBoot システム上の新しい ...
  29. /Capture-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: {[/Compress:{fast|max|none} /Bootable | /WIMBoot]} ...
  30. /Check-AppPatch /PatchLocation: /Format: オフライン イメージに MSP 更新プログラムが適用されるかどうかについての情報を 表示します 複数の更新プログラム ファイルを指定できます /Format オプション ...
  31. /CheckHealth オプションは Windows PE ターゲット イメージでは使用できません この操作は 完全な Windows オペレーティング システム イメージで使用する必要があります
  32. /checkprop ホスト DSA を列挙するための DSA_LIST
  33. /checkprop 指定したドメイン コントローラーのプロパティを比較し 両方が 最新の状態かどうかを確認します
  34. /Cleanup-Image /RevertPendingActions 警告! /RevertPendingActions オプションを使用できるのは ブート しなかった Windows イメージ上でシステム回復操作を実行する場合 のみです ...
  35. /Cleanup-Mountpoints マウント済みの破損したイメージに関連付けられているリソースを削除します このコマンドでは マウント済みのイメージはマウント解除されません /Remount-Image コマンドを使用して回復できるイメージが削除されることも ...
  36. /Cleanup-Wim マウント済みの破損したイメージに関連付けられているリソースを削除します このコマンドでは マウント済みのイメージはマウント解除されません /Remount-WIM コマンドを使用して回復できるイメージが削除されることもありません ...
  37. /Commit-Image /MountDir: /Append /CheckIntegrity マウントされたイメージに変更を適用します /Unmount-Image オプションが 使用されるまで イメージはマウントされた状態のままです /Append ...
  38. /Commit-Wim /MountDir: マウントされたイメージに変更を適用します /Unmount-Wim オプションが 使用されるまで イメージはマウントされた状態のままです 例: DISM.exe /Commit-Wim /MountDir:C: ...
  39. /ConfigurationSetLevel:{ |3|4|5} 省略可能です 新しい一意な AD LDS インスタンスの構成セット レベルを指定します 既定のレベルは Windows Server 2003 (2) です レプリカに対して ...
  40. /csv モードでは /showrepl コマンドの結果が Microsoft Excel への インポートやプログラムによる解析用に CSV ファイル (CSV) に出力されます 出力形式 %0 (列の順序) は固定されていてリリースごとに変更されることは ...
  41. /d 追加されているレジストリ値名へ割り当てられるデータ /f プロンプトなしで既存のレジストリ エントリを強制的に上書きします /reg:32 32 ビット レジストリ ビューを使用して キーにアクセスする必要があることを指定します /reg:64 ...
  42. /DataFilesPath:"パス名" 省略可能です 既定では データは "Program Files\Microsoft ADAM\インスタンス名\data" に格納されます ここで インスタンス名 は AD LDS インスタンスの名前です ...
  43. /delete delete コマンドは 宛先ドメイン コントローラー上の指定した名前付け コンテキストの RepsFrom 属性を削除します
  44. /Delete-Image /ImageFile: {/Index: | /Name: } /CheckIntegrity 指定したボリューム イメージを 複数のボリューム イメージがある WIM ファイル から削除します /CheckIntegrity ...
  45. /delrepsto Delrepsto では ドメイン コントローラー上での指定した名前付け コンテキストの Reps-To 属性を削除します
  46. /Disable-Feature /FeatureName: /PackageName: /Remove FeatureName コマンド引数で指定された機能を無効にします Windows Foundation パッケージの場合は /PackageName ...
  47. /Disable-Feature /FeatureName: /PackageName: イメージ内の指定された機能を無効にします パッケージ名を指定しないと Windows Foundation パッケージが適用されます 例: DISM.exe ...
  48. /dnslookup /alias /dnslookup DNS 解決フラグには 次の値を組み合わせて指定します DNSRESL_FLUSH_CACHE (0x1) DNSRESL_FLUSH_CACHE_ON_ERROR (0x2) DNSRESL_GET_IPV4_ONLY ...
  49. /DRAINUNTILRESTART サーバーが再起動されるまで新規ユーザーのログオンを無効にします ただし 既存セッションへの再接続は許可されます
  50. /email 招待を添付して送信するために 既定の SMAPI 電子メール クライアントを開きます /offerra DCOM を使用して 依頼者のコンピューター上のリモート アシスタンスをリモートで起動し 自動的に接続します
  51. /Enable-Feature /FeatureName: /PackageName: /Source: /LimitAccess /All FeatureName コマンド引数で指定された機能を有効にします Windows Foundation ...
  52. /Enable-Feature /FeatureName: /PackageName: イメージ内の指定された機能を有効にします パッケージ名を指定しないと Windows Foundation パッケージが適用されます 例: DISM.exe ...
  53. /esa:イベント_ソース (EventSourceAddress) イベント ソースのアドレスを指定します イベント_ソースは 完全修飾ドメイン名 NetBIOS 名 または IP アドレスを使用してイベントのソースとして機能する コンピューターを識別する文字列です ...
  54. /EVERY: /REPEAT: - 値を (X 間隔) 秒ごとに返します /REPEAT を指定すると コマンドが 回実行されます
  55. /Export-DefaultAppAssociations オプションを使用するには ユーザーがイメージにログインする必要があります このオプションはオフライン イメージではサポートされません 詳細については ヘルプを参照してください
  56. /Export-DefaultAppAssociations: 既定のアプリケーションの関連付けを 実行中の オペレーティング システムから .xml ファイルにエクスポートします 例: Dism.exe /Online /Export-D ...
  57. /Export-Driver /Destination: Windows イメージから すべてのサード パーティ ドライバーをエクスポート先の パスにエクスポートします 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Export-Driver ...
  58. /Export-Image {/SourceImageFile: | /SWMFile: ]} {/SourceIndex: | /SourceName: } /DestinationImageFile: /DestinationName: ...
  59. /f - コンピューターを再起動する必要がある場合は 他のユーザーがコンピューターにログオンしていても 操作の完了後に再起動が強制的に実行されます
  60. /faults probability pool_tags applications delay_minutes ランダム化された低リソース シミュレーション機能を有効にし 必要に応じて ランダム化された低リソース シミュレーションのパラメーターを制御します ...
  61. /For=ForVolumeSpec /AutoRetry=MaxRetryMinutes - ForVolumeSpec の新しいシャドウ コピーを作成します ForVolumeSpec はローカル ボリュームのドライブ文字またはマウント ...
  62. /For=ForVolumeSpec /Oldest /Quiet %1 %2 /Shadow=ShadowId /Quiet %1 %2 /All - 指定した ForVolumeSpec のシャドウ コピーで 条件が一致するものをすべて ...
  63. /For=ForVolumeSpec /On=OnVolumeSpec /MaxSize=MaxSizeSpec - ForVolumeSpec で指定したボリュームと シャドウ コピーの記憶域ボリューム OnVolumeSpec で指定したボリュームとのシャドウ ...
  64. /For=ForVolumeSpec /On=OnVolumeSpec /MaxSize=MaxSizeSpec - ForVolumeSpec と OnVolumeSpec との間のシャドウ コピーの記憶域関連付けの 最大サイズを変更します ...
  65. /For=ForVolumeSpec /On=OnVolumeSpec /Quiet - ForVolumeSpec と OnVolumeSpec の間の既存のシャドウ コピーの 記憶域関連付けを削除します /On オプションを指定しない場合は ...
  66. /For=ForVolumeSpec /Shadow=ShadowId|/Set=ShadowSetId - システム上の既存のシャドウ コピーを表示します オプションを何も指定しな ければ シャドウ コピー セットの順番でシステム上のシャドウ ...
  67. /For=ForVolumeSpec|/On=OnVolumeSpec - システム上のシャドウ コピーの記憶域関連付けをすべて表示します 指定されたボリュームとの関連付けをすべて表示するには ForVolumeSpec を /On オプションなしで指定します ...
  68. /For=ボリューム名 /All - 進行中の元に戻す操作の状態を照会します /For オプションで ボリューム名が指定された場合 そのボリュームを元に戻す 操作の進行状況が詳述されます /All オプションが指定され た場合は 進行中の元に戻す操作がすべて一覧表示されます ...
  69. /Format オプションで指定した引数は このコマンドではサポートされていません 有効な構文の詳細については ヘルプを参照してください
  70. /Format オプションで指定した引数は このコマンドではサポートされていません 有効な構文の詳細については ヘルプを参照してください
  71. /Format オプションに指定した引数は サポートされていません 有効な構文の詳細については ヘルプを参照してください
  72. /fwttdll: wtt ログ用の dll のユーザー指定パスです 既定値は WttLog.dll です /fwttdev: wtt ログ ファイルのユーザー指定パスです 既定値は実行可能 ファイルの名前です /wtt: wtt ログを追加で使用します ...
  73. /Gen-LangIni /Distribution: セットアップ時にイメージ内部および外部のディストリビューションで言語パック の定義に使用される 新しい lang.ini ファイルを生成します また セットアップ用の既定の UI 言語も定義します ...
  74. /Get-AppInfo /Format: /ProductCode: インストールされている特定の Windows インストーラー (MSI) アプリケーション に関する詳細情報を表示します インストールされている Windows インストーラー ...
  75. /Get-AppPatchInfo /Format: /PatchCode: /ProductCode:<製品コードGUID インストールされている MSP 更新プログラムに関する情報を表示します /PatchCode を指定した場合は その更新プログラムの適用先のすべての ...