SQL Server 2016

  1. 選択したアイテムはレポート定義 (.rdl) ファイルではありません 現在のライブラリからこの Web パーツで使用するレポート定義を選択してください
  2. 選択したアイテムをモデルから削除しますか? アイテムをモデルから削除すると クエリでのそれらのアイテムへの参照が無効になり 復元できません
  3. 選択したイベントに含まれているフィールドを表示します 選択したイベントにオプションのフィールドが含まれている場合は このページを使用してそれらのフィールドを収集できるようにします
  4. 選択したイベントを対象としてキャプチャする追加のグローバル フィールドを選択します 複数のイベントのグローバル フィールドを同時に設定するには 選択したイベント ボックスの一覧から複数のイベントを選択します
  5. 選択したイメージに含まれる SQL Server のバージョンは 前に選択したソース SQL Server のバージョン未満です
  6. 選択したイメージに含まれる SQL Server のバージョンを確認できませんでした 前に選択したソース SQL Server 以上の SQL Server バージョンが含まれる イメージを選択することをお勧めします
  7. 選択したインスタンスは このクラスタ ノードまたは他のクラスタ ノードに既にインストールされ クラスタ化されています 続行するには AddNode を使用して既存のクラスタにインスタンスを追加してください
  8. 選択したエディション ダウングレード パスは無効です ソース {0} エディションとターゲット {1} エディションは サポートされているパスではありません
  9. 選択したエンティティを読み込むことができませんでした エンティティが存在していることと データを読み込む権限があることを確認してください
  10. 選択したオブジェクトとそのすべてのサブオブジェクトのポリシー正常性状態をすべて削除しようとしています この操作を元に戻すことはできません 続行しますか?
  11. 選択したオブジェクトとそのすべてのサブオブジェクトのポリシー正常性状態をすべて削除しようとしています この操作を元に戻すことはできません 続行しますか?
  12. 選択したオブジェクトを '{0}' パースペクティブから削除しますか? または これらのオブジェクトをモデルから完全に削除しますか?
  13. 選択したカテゴリのデータ型は {0} です しかし 選択した列のデータ型は {1} です このため この列で予期しない結果が生じる場合があります 列のデータ型を {0} に変更しますか?
  14. 選択したサイトに HTTP または HTTPS のバインドがないため Web アプリケーションを構成できません インターネット インフォメーション サービス (IIS) を使用して サポートされているバインドを構成してください
  15. 選択したサード パーティ アルゴリズムを配置先サーバーに配置できません 配置先サーバーで実行されている SQL Server のエディションでは サード パーティ アルゴリズムがサポートされていません
  16. 選択したソース データベースには 表示可能なテーブルまたはビューがありません データ ソースの選択 ページに戻り ユーザー テーブルまたはビューを含むデータベースを選択してください
  17. 選択したチューニング オプションのセットは無効です 固定パーティション分割の保持 を選択する場合 固定パーティション分割 方針のオプションも同様に選択する必要があります
  18. 選択したチューニング オプションのセットは無効です 既存の PDS をすべて保持する インデックスのみを保持する または クラスター化インデックスのみを保持する の各オプションは 固定パーティション分割 オプションとは同時に選択できません
  19. 選択したチューニング オプションのセットは無効です 既存の PDS をすべて保持する オプションと 既存の PDS のみ使用を評価する オプションは同時に選択できません
  20. 選択したテーブルには hierarchyid 型の列が 1 つ以上含まれています パブリッシャとサブスクライバの両方 または複数のサブスクライバで行が挿入 更新 または削除される場合 このテーブルを双方向レプリケーションでパブリッシュすると ...
  21. 選択したテーブルを日付テーブルとしてマークして Excel などのアプリケーションで作成するレポートで専用の日付フィルターを有効にします
  22. 選択したテーブルを日付テーブルとしてマークして 作成するレポートで専用の日付フィルターを有効にします 日付データ型の列が少なくとも 1 つ含まれているテーブルを選択する必要があります
  23. 選択したディメンションの中には選択した '%{name/}' メジャーのメジャー グループに属しているディメンションがないため この CREATE CUBE ステートメントは無効です
  24. 選択したディメンションまたはメジャー グループがリンクされている場合は 参照リレーションシップを 具体化する に設定できません さらに 中間ディメンションにサーバー時間ディメンションを設定できません
  25. 選択したデータ ソースはリモート コンピューター上に存在します 一括挿入操作は このデータ ソースがあるコンピューターでのみ実行できます
  26. 選択したデータをアクティブなワークシートから MDS データベース内の新しいエンティティにパブリッシュします この操作を行うには 管理者であることが必要です
  27. 選択したデータをクリップボードにコピーします PowerPivot テーブルからコピーするセル フィールド または列を選択します 計算領域からメジャーをコピーするには フィールドを右クリックして コピー をクリックするか フィールドを選択して ...
  28. 選択したデータベース エンジン インスタンスは Reporting Services のこのエディションに対して無効です このデータベース エンジンは レポート データ ソースまたはレポート サーバー データベースのエディション要件を満たしていません ...
  29. 選択したデータベースには 循環を外部キーが含まれています 循環的な外部キー リレーションシップを持つデータベースでは データのみのパブリッシュ機能はサポートされません
  30. 選択したデータベースのコンテンツを抽出し 抽出したデータに基づいて Analysis Services プロジェクトを作成します
  31. 選択したデータベースの少なくとも 1 つにメモリ最適化ファイル グループがあります メモリ最適化オブジェクトのあるデータベースの場合 転送先サーバーでのデータベース作成とデータの転送は 1 つのトランザクション内では実行されません
  32. 選択したデータベースは Reporting Services SharePoint モード用に構成されています Reporting Services ネイティブ モード用に構成された SQL Server データベースを選択してください
  33. 選択したデータベースは 復旧モデル プロパティが "完全" に設定されていません トランザクション ログをバックアップするには この設定にする必要があります
  34. 選択したデータベースはレポート サーバー データベースではありません レポート サーバー用のテーブルとストアド プロシージャを含む SQL Server データベースを選択して やり直してください
  35. 選択したバージョンを読み込むことができませんでした バージョンが存在していることと データを読み込む権限があることを確認してください
  36. 選択したブックへデータ フィードをインポートしようとしましたが 別のインポート操作が既に実行中です 現在の操作が完了するまで待ってから もう一度実行してください
  37. 選択したマップには 空間データが埋め込まれたレイヤーは含まれていません 多角形 線 またはポイントが埋め込まれたレイヤーを含むマップを選択してください
  38. 選択したメジャーは現在ピボットテーブルで使用されています このメジャーをモデルから完全に削除しますか
  39. 選択したメジャーは現在ピボットテーブルで使用されています これらのフィールドをモデルから完全に削除しますか?
  40. 選択したメジャーは現在ピボットテーブルで使用されています これらのメジャーをモデルから完全に削除しますか
  41. 選択したメジャーは現在ピボットテーブルで使用されています フィールドをモデルから完全に削除しますか?
  42. 選択したメンバーのいくつかを移動できません 選択するメンバーを減らすか 同じ種類 (リーフまたは統合) のメンバーを選択していることを確認してください
  43. 選択したモデルを読み込むことができませんでした モデルが存在していることと データを読み込む権限があることを確認してください
  44. 選択したリージョンには サブスクリプション '%1!s!' のフリー データベースが既に存在しています サブスクリプションでは リージョンごとに使用可能なフリー データベースは 1 つだけです 同じサブスクリプション内に 2 つ目のフリー データベースをプロビジョニングするには ...
  45. 選択したレプリカには 初期化状態または復元状態のデータベースが 1 つ以上あります このレプリカにフェールオーバーすると これらのデータベースは問題ありとマークされ 前回のフェールオーバーから部分的にロールバックされるため オンラインにできません ...
  46. 選択した共有機能から更新プログラムを削除するには 同じ更新プログラムを含むすべてのインスタンスを選択する必要があります つまり 次のインスタンスを選択します: {0}
  47. 選択した列で 最小値が列の一番上になるように並べ替えを行います 並べ替えを行う列を選択してください
  48. 選択した列で 最高値が列の一番上になるように並べ替えを行います 並べ替えを行う列を選択してください
  49. 選択した列の合計に基づいてメジャーを作成し 列の下に表示します AutoSum を使用してメジャーを追加してから 列を選択します
  50. 選択した列の合計に基づいてメジャーを作成し 列の下に表示します AutoSum を使用してメジャーを追加してから 列を選択します
  51. 選択した列を '{0}' パースペクティブから削除しますか? または 選択した列をモデルから削除しますか?
  52. 選択した列を '{0}' パースペクティブから削除しますか? または 関連付けられている階層レベルを含めて これらの列をモデルから完全に削除しますか?
  53. 選択した列を左に移動し テーブルの残りの部分をスクロールする間も表示しておきます 固定する列を選択してください
  54. 選択した列を追加すると {0} 列の XML インデックス キーになります XML インデックスのインデックス キー列の最大許容数は {1} です
  55. 選択した列を追加すると {0} 列のインデックス キーになります インデックス キー列の最大許容数は {1} です
  56. 選択した列を追加すると {0} 列の統計になります 統計の列の最大数は 16 です
  57. 選択した各データベースの完全データベース バックアップおよびログ バックアップを実行することにより データ同期を開始します これらのデータベースは各セカンダリに復元され 可用性グループに結合されます
  58. 選択した接続マネージャは SQL Server プロバイダを使用しません 一括挿入操作には SQL Server 2005 以降のプロバイダを使用する接続が必要です
  59. 選択した接続マネージャは 前のバージョンの SQL Server プロバイダを使用します 一括挿入操作には SQL Server 2005 以降のプロバイダを使用する接続が必要です
  60. 選択した接続上に一時オブジェクトが作成されます 必要な容量は参照テーブルに比例しますが それよりも大きくなる場合があります テーブルのメンテナンスには 参照テーブルにトリガが必要です
  61. 選択した期間のディスク パフォーマンス モニタのデータが収集されませんでした このレポートは サーバーの利用状況コレクション セットのデータに依存しています
  62. 選択した構成を以前の構成の前に移動できませんでした 構成が選択されていること および選択した構成の前に少なくとも 1 つの構成があることを確認してください
  63. 選択した構成を次の構成の後に移動できませんでした 構成が選択されていること および選択した構成の後に少なくとも 1 つの構成があることを確認してください
  64. 選択した結合列はフィルター処理 並べ替え グループ化 または集計で参照されているため 変更および削除できません
  65. 選択した言語のスクリプト ホストのインスタンスを作成中にエラーが発生しました 選択したスクリプト言語がシステムにインストールされていることを確認してください
  66. 選択した証明書は Always Encrypted の列マスター キーとして使用できません 別の証明書を選ぶか 証明書の生成 をクリックしてください
  67. 選択的 XML インデックス '%1!s!' では length または maxLength ファセットが要素のスキーマに指定されている場合 MAX_LENGTH 最適化ヒントは指定できません
  68. 選択的 XML インデックス '%1!s!' に XSD 型をしていするのは許可されません テーブル '%3!s!' の列 '%2!s!' は XML スキーマ コレクションと関連付けられています
  69. 選択的 XML インデックス '%1!s!' にインデックスされた同じパス式のパスは SINGLETON オプションをすべてに指定するか すべて指定しない必要があります
  70. 選択的 XML インデックス '%1!s!' の URI またはノードの名前にのみ '*' を含むパスの指定は許可されません
  71. 選択的 XML インデックス '%1!s!' のすべてのパスを削除できません 選択的 XML インデックスには指定されたパスが少なくとも 1 つ存在する必要があります
  72. 選択的 XML インデックス '%1!s!' はテーブル '%3!s!' の列 '%2!s!' に既に存在します 列ごとの複数の選択的 XML インデックスは許可されません
  73. 選択的 XML インデックス '%2!s!' の ALTER ステートメントの同じパス名に REMOVE '%1!s!' を複数指定することは許可されません
  74. 選択的 XML インデックス '%2!s!' のパス '%1!s!' に指定された MAXLENGTH オプションの値は許可されません 値は %3!s! %4!s! の範囲である必要があります
  75. 選択的 XML インデックス作成時にパスの昇格に使用された XSD 型とは異なる結果 XSD 型をユーザーがクエリで指定すると発生します