SQL Server 2012

  1. /Cons[oleLog DispOpts];[{E | I};List DispOpts = N C O S G X M または T を指定 (複数可) List = {EventName | SrcName | SrcGuid}[;List ...
  2. /IAcceptSQLServerLicenseTerms コマンド ライン パラメーターがないか true に設定されていません これは実行中のセットアップ アクションに必要なパラメーターです このパラメーターを指定し SQL Server ...
  3. /Rep[orting Level[;EventGUIDOrName[;EventGUIDOrName[. Level = N または V あるいは E W I C D P (複数可) を指定
  4. AbortPolicy' パラメータの値は AbortPolicy.Synchronous (値 = 0) または AbortPolicy.Asynchronous (値 = 1) である必要があります
  5. abstract 型でインスタンス化できないため ID {2} の拡張機能の名前 {0} 型 {1} のオブジェクトを作成できませんでした
  6. AcceptPause プロパティは サービスが一時停止できるかどうかを示します 値: TRUE または FALSE です TRUE は サービスが一時停止できることを示します
  7. AcceptStop プロパティは サービスが停止できるかどうかを示します Values: TRUE または FALSE です TRUE は サービスが停止できることを示します
  8. Accounts 型のディメンションを検出できなかったか または Accounts 型のディメンションに AccountType 属性が含まれていません このウィザードでは 勘定科目インテリジェンスのオプションを使用して勘定科目ディメンションを定義して ...
  9. AccountType 属性が見つかりませんでした AttributeHierarchyEnabled プロパティが True に設定されていることを確認してから 再度ディメンションを処理してください
  10. AccountType 属性の属性階層を有効にする必要があります AttributeHierarchyEnabled プロパティを True に設定してください
  11. ACTION に指定された値 {0} は無効です 自動モードで実行するには 有効な ACTION を指定する必要があります ACTION の有効な値は次のとおりです: {1}
  12. ActiveScripting (ActiveX) サブシステムは廃止され 今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です このような削除が行われると SQL Server エージェントで ActiveScripting (ActiveX) ...
  13. ad hoc distributed queries 構成オプションが有効かどうかを指定するブール型プロパティ値を取得または設定します
  14. ADJUSTEDPROBABILITY=3=$AdjustedProbability は PredictHistogram または Predict(.,INCLUDE_STATISTICS) から選択できる列です
  15. ADO タイプの接続マネージャ "{0}" の DataTypeCompatibility プロパティが 旧バージョンとの互換性のために 80 に設定されました
  16. ADO タイプの接続マネージャー "%1!s!" の DataTypeCompatibility プロパティが 旧バージョンとの互換性のために 80 に設定されました
  17. ADO.NET DataReader インターフェイスを使用してデータ フローのデータを他のアプリケーションに公開します たとえば C# で作成された DataReader インターフェイスを必要とするカスタム アプリケーションにデータを送信できます ...
  18. ADO.NET 接続マネージャ データ ソース またはデータ ソース ビューを指定して データ アクセス モードを選択します データ アクセス モードを選択した後 表示される追加のデータ アクセス オプションの中から必要なオプションを選択します ...
  19. Advanced Data Warehouse 変換先を使用すると データを Advanced Data Warehouse に読み込むことができます パッケージ ワークフローでは データを複数の変換元から読み込んでマージしたり 複数の変換先に読み込んだりできます ...
  20. affinity mask オプションと affinity I/O mask オプションの両方が割り当てられたプロセッサを持つ SQL Server のインスタンスを確認します 複数のプロセッサが搭載されたコンピュータでは affinity ...
  21. affinity64 mask オプションと affinity64 I/O mask オプションの両方が割り当てられたプロセッサを持つ SQL Server のインスタンスを確認します 複数のプロセッサが搭載されたコンピュータでは affinity64 ...
  22. AffinityType が Auto に設定されていますが 関係が設定されている CPU があります AffinityType を Manual に変更するか すべての CPU から関係の設定を削除してください
  23. AffinityType が Manual に設定されていますが 関係が設定されている CPU はありません AffinityType を Auto に変更するか 1 つ以上の CPU で関係を設定してください
  24. Agent XPs' コンポーネントは このサーバーのセキュリティ構成の一環として OFF に設定されています システム管理者は sp_configure を使用して 'Agent XPs' の使用を有効にできます 'Agent XPs' を有効にする手順の詳細については ...
  25. agg/}' ユーザー定義集計 ('%{partition/}' パーティション) には ソース オブジェクトに関連付けられた有効なバインドがありません
  26. agg/}' 集計 ('%{partition/}' パーティション) には ソース オブジェクトに関連付けられた有効なバインドがありません
  27. aggdesign/}' 集計デザイン オブジェクに対して集計デザイン処理が現在実行されています 使用法に基づく最適化をこの段階で適用することはできません
  28. aggregate schema only' 型のアーティクルとしてパブリッシュされる場合 指定するソース オブジェクトはユーザー定義の集計オブジェクトにしてください
  29. AGGREGATE=1= Set , Numeric Expression ]=メンバの集計の種類に基づいて 適切な集計関数を使用して計算値を返します
  30. aggregation/}' 集計の '%{aggregationdimension/}' 集計ディメンションによって参照されている '%{property/}' 属性は 参照できません
  31. AlgoName/} データ マイニング アルゴリズムのアルゴリズム プロバイダは カスタム関数に必要なインターフェイスを公開していません
  32. AlgoName/}' データ マイニング アルゴリズムのアルゴリズム プロバイダを作成できません サーバーの構成ファイルに ProgID がありません
  33. ALL 権限は 今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です 新しい開発作業ではこの権限の使用を避け 現在この権限を使用しているアプリケーションの変更を検討してください
  34. ALL 権限は推奨されません 互換性のためだけに保持されています ALL 権限は エンティティで定義されたすべての権限を示すとは限りません
  35. ALLEXCEPT 関数への引数として指定した式にテーブルのすべての列が含まれています そのため 結果は何も返されません 指定する列を減らしてください
  36. ALLEXCEPT 関数内のすべての引数は 最初の引数として使用されるテーブルに関連している (または含まれている) 必要があります 一対多のリレーションシップが存在する場合 最初の引数として使用されるテーブルは そのリレーションシップの '多' ...
  37. AllowedBrowsingFolders サーバー プロパティによって このダイアログ ボックスに表示されるフォルダが決定します この一覧にフォルダを追加 または一覧からフォルダを削除するには 分析サーバーのプロパティ ダイアログ ボックスを開き ...
  38. ALTER ASSEMBLY が失敗しました アセンブリ '%1!s!' には複数のファイルが関連付けられています 余分なファイルを削除するには ALTER ASSEMBLY DROP FILE を使用してください
  39. ALTER ASSEMBLY が失敗しました アセンブリはオブジェクト '%1!s!' から参照されています SQL オブジェクトから参照されているアセンブリは非表示にはできません
  40. ALTER ASSEMBLY が失敗しました テーブル ビュー または制約 '%1!s!' がこのアセンブリに依存しています WITH UNCHECKED DATA を使用して 保存されるデータの確認をスキップしてください
  41. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 参照されるアセンブリ '%1!s!' の ID が変更されました バージョン 名前 および公開キーが変更されていないことを確認してください
  42. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 参照されるアセンブリが変更されます 参照されるアセンブリ リストは同じ状態に保持してください
  43. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 型 '%2!s!' の関数 '%1!s!' はインデックスを使用する要件を満たさなくなりました この関数は インデックス付きビュー '%3!s!' に使用されています
  44. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 型 '%2!s!' の関数 '%1!s!' はインデックスを使用する要件を満たさなくなりました この関数は テーブル '%4!s!' の保存される計算列 '%3!s!' に使用されています
  45. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 "%2!s!" に必要なフィールド "%1!s!" が同じ署名で見つかりませんでした
  46. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 "%2!s!" に必要なメソッド "%1!s!" が同じ署名で見つかりませんでした
  47. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%1!s!' の IsFixedLen 属性が変更されます 保存される型では IsFixedLen 属性の変更は許可されません
  48. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%1!s!' の MaxLen 属性が変更されます 保存される型では MaxLen 属性の変更は許可されません
  49. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%1!s!' のシリアル化データが変更されます 保存される型では シリアル化データの変更は許可されません
  50. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%1!s!' のシリアル化形式が変更されます 保存される型では シリアル化形式の変更は許可されません
  51. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%2!s!' に必要なプロパティ '%1!s!' が同じ署名で見つかりませんでした
  52. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%2!s!' のメソッド '%1!s!' のミューテーター属性が変更されます また このメソッドは スキーマ バインド関数またはビュー '%3!s!' で使用中です ...
  53. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリでは 型 '%2!s!' の変更結果として型 '%1!s!' のシリアル化レイアウトが変更されます 保存される型では シリアル化レイアウトの変更は許可されません
  54. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリに ユーザー定義の集計 "%1!s!" が存在しないか 正しく定義されていません
  55. ALTER ASSEMBLY が失敗しました 更新されたアセンブリに必要な型 '%1!s!' が存在しないか 正しく定義されていません
  56. ALTER ASSEMBLY により データベース "%1!s!" の 1 つ以上のオブジェクトのデータが未チェックに設定されました これらすべてのオブジェクトを確認するには システム ビュー "sys.tables" と "sys.views" ...
  57. ALTER AVAILABILITY GROUP '%1!s!' MODIFY DDL で指定されたレプリカ オプションは キャッシュされた可用性グループ構成と同じです
  58. ALTER DATABASE "%1!s!" コマンドは 両方のパートナー サーバー インスタンスが稼動し 実行および接続されるまで実行できません パートナー サーバー インスタンスを起動し コマンドを再実行してください
  59. ALTER DATABASE CURRENT が失敗しました '%1!s!' はシステム データベースです CURRENT キーワードを使用してシステム データベースを変更することはできません システム データベースを変更するにはデータベース名を使用してください ...
  60. ALTER DATABASE SET HADR SUSPEND (または SET HADR RESUME) ステートメントが可用性グループ '%2!s!' のデータベース '%1!s!' で失敗しました 指定されたデータベースがこの可用性グループに含まれていないか ...
  61. ALTER DATABASE SET WITNESS を実行するには サーバー インスタンスを 3 つすべて相互接続し ミラー データベースを最新状態に更新してください この条件が満された時点にコマンドを再実行してください
  62. ALTER DATABASE コマンドをリモート サーバー インスタンス '%1!s!' に送信できませんでした データベース ミラーリング構成は変更されませんでした サーバーが接続されていることを確認して 再試行してください
  63. ALTER DATABASE コマンドを実行中です このコマンドが完了するように 5 分以上待ってからデータベース '%1!s!' にログインしてください このコマンドが完了しないと 一部のシステム カタログが最新の状態にならない可能性があります ...
  64. ALTER DATABASE ステートメントが失敗しました SQL モジュールの検証中にコンパイル エラーが検出されたため データベース '%1!s!' のコンテインメント オプションを変更できませんでした 以前のエラーを調べてください
  65. ALTER DATABASE ステートメントが失敗しました データベースの照合順序 %1!s! は 古いクライアント ドライバーでは認識されません クライアントのオペレーティング システムをアップグレードするか データベース クライアント ソフトウェアにサービスの更新を適用するか ...
  66. ALTER ENDPOINT ステートメントを使用してエンドポイントのトランスポートまたはコンテンツを変更することはできません これらを変更するには DROP ENDPOINT を使用してから CREATE ENDPOINT ステートメントを実行してください ...
  67. ALTER FEDERATION SPLIT 操作に失敗しました 指定された境界値は フェデレーション分散 %1!s! およびフェデレーション %2!s! に既に存在します
  68. ALTER FEDERATION SPLIT 操作は中止されました 分割中に %1!s! フェデレーションが削除されました
  69. ALTER INDEX REBUILD ステートメントが失敗しました columnstore インデックスを再構築するときに %1!s! を指定することはできません %2!s! を指定せずに columnstore インデックスを再構築してください ...
  70. ALTER INDEX REBUILD ステートメントが失敗しました columnstore インデックスを再構築するときに %1!s! オプションを指定することはできません %2!s! オプションを指定せずに columnstore インデックスを再構築してください ...
  71. ALTER INDEX REBUILD ステートメントが失敗しました columnstore インデックスを再構築するときに DATA_COMPRESSION を指定することはできません DATA_COMPRESSION を指定せずに columnstore ...
  72. ALTER INDEX ステートメントが失敗しました columnstore インデックスを再構成することはできません columnstore インデックスを再構成する必要はありません
  73. ALTER PARTITION ステートメントの MERGE 句が失敗しました columnstore インデックスを含む 2 つの空でないパーティションをマージすることはできません ALTER PARTITION ステートメントを実行する前にいったん ...
  74. ALTER PARTITION ステートメントの MERGE 句が失敗しました いずれかに columnstore インデックスのデータが含まれている場合 別のファイル グループにある 2 つのパーティションをマージすることはできません ALTER ...
  75. ALTER PARTITION ステートメントの SPLIT 句が失敗しました パーティションが空ではありません テーブルに columnstore インデックスが存在する場合 分割できるのは空のパーティションだけです ALTER PARTITION ...