Power BI

  1. /install | /repair | /uninstall | /layout directory - インストール 修復 アンインストールを行うか バンドルの完全なローカル コピーを directory に作成します 既定は install ...
  2. /install | /repair | /uninstall | /layout directory - インストール 修復 アンインストールを行うか バンドルの完全なローカル コピーを directory に作成します 既定は install ...
  3. /install | /repair | /uninstall | /layout directory - インストール 修復 アンインストールを行うか バンドルの完全なローカル コピーを directory に作成します 既定は install ...
  4. 11 05:00:00 PM という日付と時刻を表す date datetime または datetimezone 値の日付部分を取得します
  5. A(z) {0} oszlopait leíró táblát ad vissza. A tábla egyes sorai a(z) {0} egy-egy oszlopának tulajdonságait írják le: Oszlop ...
  6. Access データベース {0} の構造表示を返します 次のオプションを制御するために オプションのレコード パラメーター {1} を指定できます CreateNavigationProperties : 返された値でナビゲーション プロパティを生成するかどうか ...
  7. ADO.NET プロバイダー {0} を使用して 接続文字列 {1} で {2} を実行した結果を返します {1} はテキストの場合と プロパティ値のペアからなるレコードの場合があります プロパティ値は テキストか数値です
  8. Adobe Analytics は Web サイトと e コマースのキャンペーンに関するデータを集計し これらの成功を監視できるようにする Web 解析ツールです Power BI を使用すると ダッシュボードをカスタマイズできます これにより ...
  9. agg/}' ユーザー定義集計 ('%{partition/}' パーティション) には ソース オブジェクトに関連付けられた有効なバインドがありません
  10. agg/}' 集計 ('%{partition/}' パーティション) には ソース オブジェクトに関連付けられた有効なバインドがありません
  11. aggdesign/}' 集計デザイン オブジェクに対して集計デザイン処理が現在実行されています 使用法に基づく最適化をこの段階で適用することはできません
  12. aggregation/}' 集計の '%{aggregationdimension/}' 集計ディメンションによって参照されている '%{property/}' 属性は 参照できません
  13. aggregation/}' 集計の '%{aggregationdimension/}' 集計ディメンションによって参照されている '%{property/}' 属性は 参照できません
  14. AlgoName/}' データ マイニング アルゴリズムのアルゴリズム プロバイダを作成できません サーバーの構成ファイルに ProgID がありません
  15. AlgoName/}' データ マイニング アルゴリズムのアルゴリズム プロバイダーは カスタム関数に必要なインターフェイスを公開していません
  16. ALLEXCEPT 関数への引数として指定した式にテーブルのすべての列が含まれています そのため 結果は何も返されません 指定する列を減らしてください
  17. ALLEXCEPT 関数内のすべての引数は 最初の引数として使用されるテーブルに関連している (または含まれている) 必要があります 一対多のリレーションシップが存在する場合 最初の引数として使用されるテーブルは そのリレーションシップの '多' ...
  18. AllowedBrowsingFolders サーバー プロパティによって このダイアログ ボックスに表示されるフォルダが決定します この一覧にフォルダを追加 または一覧からフォルダを削除するには 分析サーバーのプロパティ ダイアログ ボックスを開き ...
  19. Alpine Metrics は さまざまな規模の販売組織が利用できる 最新の予測販売プロセス最適化をクラウドやオンデマンドで提供します
  20. Analysis Services Connector のサポートは終了しています この方式で接続していたデータベースはこのリストに表示されません data gateway を使用して接続しているデータベースのみが表示されます アップグレードするには ...
  21. Analysis Services OLE DB プロバイダーの SQL Server 2014 バージョンをこのコンピューターにインストールしてください このルールの詳細については http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=208180 ...
  22. Analysis Services OLE DB プロバイダーの SQL Server 2016 バージョンをこのコンピューターにインストールしてください このルールの詳細については http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=208180 ...
  23. Analysis Services が表形式モードで動作しているときは パーティション '%{partname/}' でメジャー グループのエラー構成をオーバーライドすることはできません
  24. Analysis Services が表形式モードで実行されていない場合は DirectQueryMode を Default 以外の値に設定することはできません
  25. Analysis Services では '%{storagelocation/}' ストレージの場所 ('%{partition/}' パーティション) をサーバーのデータ ディレクトリ内に置くことができません この問題を解決する最も簡単な方法は ...
  26. Analysis Services では '%{storagelocation/}' ストレージの場所 ('%{partition/}' パーティション) をサーバーのデータ ディレクトリ内に置くことができません この問題を解決する最も簡単な方法は ...
  27. Analysis Services では '{0}' カルチャがサポートされません AnalysisServices.Databases 関数の Culture オプションを使用して 別のカルチャを指定することができます
  28. Analysis Services では 現在の接続をセキュリティで保護するためにトランスポート層セキュリティ (TLS) を使用しています 必要なバージョンは (SP_PROT_TLS1_2_SERVER) ですが '%{Protocol/}' ...
  29. Analysis Services で使用するデータ サイズを指定します このプロパティで指定されているデータ サイズは データ ソースのデータ サイズと異なる場合があります
  30. Analysis Services で使用するデータ型を指定します このプロパティで指定されているデータ型は データ ソースのデータ型と異なる場合があります
  31. Analysis Services に対する要求に行セットが含まれています セキュリティ上の理由により 匿名ユーザーによって接続が行われる場合には行セットは許可されません
  32. Analysis Services のバックアップ フォルダーがあるドライブの空き領域が {0}% を下回っています このフォルダーには キャッシュされた PowerPivot ファイルが格納されています PowerPivot System ...
  33. Analysis Services への http 以外の接続に対して Windows ユーザー資格情報が指定されていません http または https による接続の場合を除き Microsoft SQL Server Analysis Services ...
  34. Analysis Services を表形式モードで使用しているときの参照ディメンション '%{refdimname/}' とのリレーションシップでは Materialization を Indirect に設定する必要があります これは 中間ディメンション ...
  35. Analysis Services を表形式モードで使用しているときの参照ディメンション '%{refdimname/}' とのリレーションシップでは Materialization を Indirect に設定する必要があります これは 中間ディメンション ...
  36. Analysis Services を表形式モードで使用しているときの参照ディメンション '%{refdimname/}' とのリレーションシップでは Materialization を Regular に設定する必要があります これは 中間ディメンション ...
  37. Analysis Services を表形式モードで使用しているときの参照ディメンション '%{refdimname/}' とのリレーションシップでは Materialization を Regular に設定する必要があります これは 中間ディメンション ...
  38. Analysis Services を表形式モードで使用しているときは 表形式クエリ SQL 構文をサポートするために 'SQLQueryMode' を 'DataKeys' に設定する必要があります
  39. Analysis Services インスタンス {0} 上のデータベースを返します 省略可能なレコード パラメーター {1} を指定して 追加のプロパティを指定できます レコードには 次のフィールドを含めることができます Culture : ...
  40. Analysis Services インスタンスへの接続がタイムアウトしたか または失われました サーバーと 'SQL Browser' サービスが実行されていることをご確認ください
  41. Analysis Services コネクタは Power BI に接続できませんでした Power BI Analysis Services コネクタをアンインストールしてから再インストールしてみてください
  42. Analysis Services リソースに対するアクセス権限の更新中にエラーが発生しました 詳細については ULS ログを確認してください
  43. Apache Spark は 大規模なデータ処理を高速に実行する汎用エンジンです Azure HDInsight は 完全に管理された Spark サービスを提供し 非常に大規模なスケールアウトと対話パフォーマンスを実現できます HDInsight ...
  44. API エンドポイント URL と下に示されているいずれかの例を使用して データをストリーミング データセットに送信します 詳しくは {0}
  45. APPEND 句番号 %d{iClause/} に含まれるキー列の数が SHAPE クエリの最上位レベルの APPEND 句と一致しません
  46. ArgumentIndex/}' 引数を持つ関数 '%{FunctionName/}' (行 %d{Line/} 列 %d{Column/} ) に無効な型の値が指定されています
  47. ArgumentIndex/}' 引数を持つ関数 '%{FunctionName/}' (行 %d{Line/} 列 %d{Column/}) に指定できるのは テーブル列参照のみです
  48. ArgumentIndex/}' 引数を持つ関数 '%{FunctionName/}' (行 %d{Line/} 列 %d{Column/}) に指定できるのは 定数式のみです
  49. ARTXP と ARIMA 時系列アルゴリズムの組み合わせを制御する 0 から 1 までの値を指定します 指定された値は FORECAST_METHOD パラメータが MIXED に設定されている場合にのみ有効です 値 0 を指定すると そのモデルでは ...
  50. AS Azure 接続用のデータ ソース形式が無効です データ ソースは次の形式である必要があります: "asazure://[domain]/[servername]"
  51. AssociationSet '{0}' を更新するには ObjectStateManager で EntitySet '{1}' からの対応するエンティティを使用できる必要があります
  52. AssociationSet '{1}' で End '{0}' の EntitySet が指定されていませんでした 適切な型の EntitySet 要素がないため推論できません
  53. AssociationSet '{1}' で End '{0}' の EntitySet が指定されておらず EntitySet があいまいなため 推論できません 複数の EntitySet を使用できます EntitySet 属性を持つ End ...
  54. AssociationSet {1} で End の Role と EntitySet {0} が指定されておらず 見つかった End が 既に定義済みの End と一致しています Relationship の異なる End の型を含むように ...
  55. AssociationSet に状態が '{1}' のリレーションシップがあります 複数要素の接続性に関する制約があるため 対応する '{2}' も '{1}' 状態である必要があります
  56. AssociationSet インスタンスは 関数を使用して 1 つの EntitySetMapping または AssociationSetMapping でのみマップできます 次の AssociationSet インスタンスが複数の場所でマップされています: ...
  57. AssociationType '{0}' には 主キーの参照整合性制約に対する主キーがあります それに対するマッピングは無視されます
  58. AT Internet は 統合デジタル分析プラットフォームである Analytics Suite を使用して 即座にデータの価値を引き出せます Power BI を使えば AT Internet の分析データすべてを標準のダッシュボードで可視化したり ...
  59. Atom サービス ドキュメントを読み取ろうとして エラーが発生しました 指定された URL が有効であり 有効な Atom サービス ドキュメントを指していることを確認してください
  60. attr/}' 属性のメンバに サポートされていない単項演算子の値 '%{uop/}' があります 有効な単項演算子の値は + - / ~ のみです
  61. attr/}' 親属性に複数の条件が指定されています 親属性に指定できる条件は 1 つだけです
  62. attribute/} 属性 (%{dimension/} ディメンション) に 0 の値があります サーバーではこの属性の集計をデザインできません
  63. attribute/}' 属性 ('%{dimension/}' キューブ ディメンション) では属性階層が無効になっていますが 重要なディメンション セキュリティが含まれています (許可されたセットまたは拒否されたセットのいずれかが定義されています) ...
  64. attribute/}' 属性 ('%{dimension/}' ディメンション) に対して生成されたディメンション セキュリティ式は無効です
  65. attribute/}' 属性 ('%{dimension/}' ディメンション) は集計可能ではないので 集計使用法を 完全 または 既定 に設定する必要があります
  66. attribute/}' 属性 ('%{dimension/}' データベース ディメンション) では属性階層が無効になっていますが 重要なディメンション セキュリティが含まれています (許可されたセットまたは拒否されたセットのいずれかが定義されています) ...
  67. AttributePermission オブジェクトは 表形式モードで配置されている Analysis Services インスタンス上で実行されている Business Intelligence Semantic Model データベースではサポートされていません ...
  68. AttributeRelationships を使用して 非キー OLAP マイニング構造列の基になる属性をキー列の基になる属性に関連付ける必要があります '%{structureCol/}' 列 ('%{structure/}' OLAP ...
  69. AuthenticationKind ConnectionDetails または Credential の各プロパティを 'Provider' 型を含むデータソース '%{Datasource/}' に指定することはできません
  70. Azure Analysis Services サーバーにアクセスするために指定した接続文字列の ID プロバイダー '%{identityProvider/}' が 必要な形式に準拠していません
  71. Azure Data Lake Store の url にあるファイルごとの行を含むテーブルを返します 各行には ファイルのプロパティと そのコンテンツへのリンクが含まれます
  72. Azure Data Lake Store の url にあるフォルダーおよびファイルごとの行を含むテーブルを返します 各行には フォルダーまたはファイルのプロパティと そのコンテンツへのリンクが含まれます
  73. Azure Mobile Engagement は アプリが正常に動作していることをモニターできるように アプリに関するデータを集計するアプリ分析ツールです Power BI を使用して 大切な情報を瞬時に確認できるダッシュボードをカスタマイズできます ...
  74. Azure Mobile Engagement は アプリが正常に動作していることを測定するアプリ分析ツールです Power BI を使用して 大切な情報を瞬時に確認できるダッシュボードをカスタマイズできます 特定の情報に関する詳しいレポートをドリルダウンするには ...
  75. Azure Search は Web アプリとモバイル アプリでの検索をより良いものにします Power BI コンテンツ パックを使うと 検索サービスのパフォーマンスや ユーザーが検索している情報を視覚化できます 事前に読み込まれているダッシュボードには ...