Exchange Server 2010

  1. /o= " の後に "/ou= " (省略可能) と 1 つ以上の "/cn= " (省略可能) が続く文字列です " " はそれぞれ 少なくとも 1 つの大文字 小文字 数字 スペース および次の文字から構成されます @!"%'()*+,-.:<>?[]_{}| ...
  2. A から Z の文字 (大文字または小文字) 0 から 9 の数字 ! # $ % ' + - / = ? ^ _ ` {, |, } または ~ で形成された文字列です エイリアスには 1 つ以上のピリオドを埋め込むことができますが 各ピリオドの前後に別の文字が少なくとも ...
  3. AccountNamespace が FederatedOrganizationIdentifier に設定されていませんでした Microsoft フェデレーション ゲートウェイとの組織識別子の確立に使用するフェデレーション ドメインを指定する必要があります ...
  4. AceType は {0} です サポートされている値は AccessAllowed AccessAllowedObject AccessDenied および AccessDeniedObject のみです
  5. AcllCopiedLogs は コピーをアクティブにする間にコピーされたログ ファイルの数です この値が大きいほど DurationAcll の値も大きくなります
  6. Action Trigger" の値は Admin または Automatic です Automatic 動作はサービスによって行われるものの 1 つで 例えば サーバーがオフラインになった時のフェールオーバーです Admin 動作は Exchange ...
  7. Action Type" の値は Move Mount Dismount または Remount です Moves は 制御された移動またはフェールオーバーのいずれかによって データベースがそのアクティブなサーバーを変更する場合です Mount ...
  8. ActivationPreference パラメーターに指定された値 ({2}) は '{0}' から '{1}' の有効な範囲外です 1 以上の整数を指定してください
  9. Active Directory Lightweight Directory Services (AD LDS) アンインストールの警告: {0} 詳細は セットアップ ログを参照してください
  10. Active Directory Lightweight Directory Services (AD LDS) インストールの警告: {0} 詳細は セットアップ ログを参照してください
  11. Active Directory Ligthweight Directory Services (AD LDS) のセットアップはエラー コード {0} で失敗しました 詳細については セットアップ ログを参照してください
  12. Active Directory から Exchange サーバー オブジェクト '{0}' を読み込むことができませんでした Active Directory 構成を確認してください
  13. Active Directory からソース サーバー '{0}' の構成を読み取って アクティブ化ポリシーでマウントが許可されているかどうかを確認することができませんでした エラー: {1}
  14. Active Directory からターゲット サーバー '{0}' を読み取れません これは アクティブ化ポリシーがデータベースのマウントを許可しているかどうかを確認するために必要です エラー: {1}
  15. Active Directory がページ検索 Cookie を拒否しました Cookie のハンドルがドメイン コントローラにより破棄されたか 後続のページ取得処理に異なる LDAP 接続が使用されています ページ検索を再度実行すると 今度は正常に完了します ...
  16. Active Directory がメールボックスを移動されていないものとして報告していますが '{0}' データベースのキューには既に '{1}' の移動要求が含まれています この移動要求は 異なるドメイン コントローラーをターゲットにしている間に ...
  17. Active Directory では '{0}' という名前のアイテム保持ポリシー タグは見つかりませんでした アイテム保持ポリシー タグ名が正しく入力されているかどうかを確認してください
  18. Active Directory で不整合が検出されました: {0} これは 製品の不具合である可能性があるため Microsoft 製品サポートに報告する必要があります
  19. Active Directory の操作は {0} で失敗しました このエラーは ユーザーの入力によって または Active Directory サーバーが使用できないために発生した可能性があります 後でやり直してください 追加情報: {1} ...
  20. Active Directory アクセス規則 "{0}" には 有効なパブリック フォルダー管理者権限が含まれていません 有効なパブリック フォルダー管理者権限は Active Directory 内で "(appliesTo=9ae2f ...
  21. Active Directory オブジェクト {0} は認証されたユーザーには表示されません 認証されたユーザーがこのオブジェクトを表示するには このオブジェクトの "プロパティの読み取り" "オブジェクトの一覧表示" および "一覧表示" ...
  22. Active Directory サイトが指定されていません EdgeSync MSERV サブスクリプションは このコマンドが実行されたローカル Active Directory サイトに作成されます
  23. Active Directory サイトが指定されていません EdgeSync サービスの構成は このコマンドが実行されたローカル Active Directory サイトに作成されます
  24. Active Directory サイトが指定されていません このコマンドを実行するローカルの Active Directory サイトに EdgeSyncEhfConnector が作成されます
  25. Active Directory サーバー {0} に再接続できませんでした サーバーが利用可能で 正しい資格情報を使用していることを確認してください
  26. Active Directory サーバー {0} への使用可能な接続が見つかりませんでした イベント ログを確認し 後でやり直してください
  27. Active Directory サーバーへのアクセスのため {0}を実行するアカウントを指定してください このアカウントには 各グローバル カタログ サーバーに対するコンピューター レベルの管理者アクセス許可またはそれと同等のアクセス許可が必要です ...
  28. Active Directory トポロジ情報を Exchange 関連サービスに提供します このサービスが停止している場合 ほとんどの Exchange 関連サービスを開始できません
  29. Active Directory リソースにアクセスできませんでした Active Directory オブジェクトが存在しないか 壊れているか またはオブジェクトに対する適切なアクセス許可がない可能性があります
  30. Active Directory 例外 ({0}) Active Directory が利用可能で ユーザーに適切な資格情報があり タスク パラメーターが正しいことを確認してください
  31. Active Directory 内でデータベース オブジェクト '{0}' が破損し 不整合な状態にあり どのサーバー上でもコピーが構成されていません データベース オブジェクト自体に構成されたサーバー '{1}' は 現在のユーザーの管理スコープ内にありません ...
  32. Active Directory 内にある Exchange 構成コンテナーのデータに整合性がありません エラー メッセージは {0} です セットアップを続行する前に このエラーを修正する必要があります
  33. Active Directory 内にローカル サーバー {0} に関する情報が見つかりません これは サーバー名の変更に関連している可能性があります
  34. Active Directory 内の Exchange スキーマのバージョンが正しくありません エラー メッセージは '{0}' です セットアップを続行する前に この問題を修正する必要があります
  35. Active Directory 内の Exchange 組織のデータが正しくありません エラー メッセージは '{0}' です セットアップを続行する前に この問題を修正する必要があります
  36. Active Directory 内のオフライン アドレス帳仮想ディレクトリ "{0}" があいまいです ID が一意のオフライン アドレス帳仮想ディレクトリ オブジェクトを参照しているかどうかを確認してください
  37. Active Directory 内のデータベース '{0}' のデータベース コピー オブジェクトが見つかりませんでした これは Active Directory レプリケーションの遅延が原因である可能性があります
  38. Active Directory 内のデータベース オブジェクト '{0}' が破損し 不整合な状態にあります このデータベースのコピーをホストしているサーバーを見つけることができません
  39. Active Directory 内のユーザーのデバイス コンテナー '{0}' にセキュリティ設定を適用できませんでした コンテナーが空の場合は削除してください
  40. Active Directory 内の次のユーザーによって "{1}" の LegacyDN "{0}" が使用されています "{2}" LegacyDN の値はユーザーごとに異なっている必要があります
  41. Active Manager が Active Directory から構成情報を更新しようとしているときにエラーが発生しました エラー: サーバーはデータベース可用性グループ内にありますが Active Manager は値 {0} に対応するクラスター ...
  42. Active Manager が サーバー {0} 上で実行されていません Microsoft Exchange Replication サービスを再起動すると 問題が解決する可能性があります
  43. Active Manager がサーバー '{0}' で不明な状態です マウントまたはマウント解除と フェールオーバーまたは切り替え機能などの基本的なデータベース管理操作は利用できません 詳細については イベント ログを参照してください エラー: ...
  44. Active Manager がサーバー '{0}' 上で無効な状態です マウント マウント解除 およびフェールオーバーと切り換え機能などの基本的なデータベース操作を使用できない可能性があります Microsoft Exchange Replication ...
  45. Active Manager が初期化をまだ起動していないため サード パーティのレプリケーション リスナーが実行されていません この状態が続く場合は イベント ログで Active Directory または Windows フェールオーバー ...
  46. Active Manager の操作でエラーが発生しました この操作を実行するには サーバーがデータベース可用性グループのメンバーであること およびデータベース可用性グループがクォーラムに達していることが必要です エラー: {0}
  47. ActiveDirectory にサービス検索情報が不足しています 要求を処理できません Exchange ActiveSync 仮想ディレクトリの InternalURL の設定が空白でないことを確認してください
  48. ActivityManager {0} の名前が UMCore 名前空間または FSM 名前空間の有効な型に対応していません 型が存在することと 定義した ActivityManager の末尾が "Manager" になっていることを確認してください ...
  49. AD LDS のセットアップ プロセス {0} はエラー コード {1} で失敗しました AD LDS のセットアップは完了しませんでした 詳細については セットアップ ログを確認してください
  50. AD LDS アンインストール エラー: {0} Active Directory Lightweight Directory Services インスタンスが正しくアンインストールされませんでした 詳細は セットアップ ログを参照してください ...
  51. AD LDS スキーマのインポート プロセス {0} は エラー コード {1} により失敗しました スキーマは AD LDS にインポートされませんでした 詳細については セットアップ ログを確認してください
  52. AD RMS サーバーから AD RMS 権利ポリシー テンプレートを読み込み中にエラーが発生しました Exchange 管理者に問い合わせてください
  53. AD サイトのバランスがさらにくずれるため データベース '{2}' をサーバー '{3}' に移動できません AllowedMaxSiteDelta={4} CurMax={0} CurMin={1}
  54. AddParameters パラメーターと RemoveParameters パラメーターの両方を同時に使用することはできません どちらかのパラメーターを削除してやり直してください
  55. AddressSpaces 属性が既に構成されている場合 DNS がメールのルーティングに使用されている場合 または MaxMessageSize 属性が無制限に設定されていない場合のいずれかに当てはまる場合 LinkedReceiveConnector ...
  56. ADRecipient スキーマ (バイナリ: {1} 複数の値: {2}) 内の属性の種類 {0} は アドレス一覧サービス (バイナリ: {3} 複数の値: {4}) によって返されたマーシャリング命令と一致しません
  57. ApplicationRoot "{0}" が無効です これは "/W3SVC/ /ROOT/ " の形式にする必要があります MetabasePath プロパティを確認してください
  58. AuthMechanism パラメータを ExternalAuthoritative 値に設定する場合は PermissionGroups パラメータの値を ExchangeServers に設定する必要があります
  59. BackgroundDatabaseMaintenance パラメーターの変更は 再マウントされるまでこのデータベースに適用されません このパラメーターの変更を適用するには データベース "{0}" をマウント解除してから再マウントしてください ...
  60. Bindings および RemoteIPRanges パラメータに指定した値が 受信コネクタ "{0}" 上の設定と競合しています 受信コネクタには ローカル IP アドレス ポート バインド リモート IP アドレスの範囲の一意の組み合わせが必要です ...
  61. BinHex エンコーダーに無効なデータが渡されました 十分なデータがないためエンコードを完了できません MACBINARY this.header のフォークの長さが実際のデータの長さに一致していることを確認してください
  62. BinHex エンコードでは事前にデータの長さを把握する必要があるため BinHex でエンコードされた部分のコンテンツ書き込みストリームを取得できません 'raw' コンテンツ書き込みメソッドを使用して エンコードされたデータを書き込んでください ...
  63. CanStop CanPauseAndContinue CanShutdown CanHandlePowerEvent または CanHandleSessionChangeEvent のプロパティ値をサービスの開始後に変更することはできません ...
  64. CC フィールドの受信者のいずれかが 配布リスト のメンバーの場合を除く
  65. ChildObjectTypes パラメーターは AccessRights パラメーターに対して CreateChild 値または DeleteChild 値を指定した場合にのみ指定できます
  66. CIDR の長さ "{0}" が無効です 受け付け可能な CIDR の長さは IPv4 アドレスの場合は 0, 32 の範囲 IPv6 アドレスの場合は 0, 128 の範囲内の値です
  67. CIDR の長さ {0} が IPv4 アドレスの最大値 32 を超えています 受け付け可能な CIDR の長さは IPv4 アドレスの場合は 0, 32 の範囲内の値です
  68. CIDR の長さ {0} が IPv6 アドレスの最大値 128 を超えています 受け付け可能な CIDR の長さは IPv6 アドレスの場合は 0, 128 の範囲内の値です
  69. CleanUpInvalidAlternateServiceAccountCredentials パラメーターと -RemoveAlternateServiceAccountCredentials パラメーターを一緒に指定することはできません ...
  70. Cluster サービスが サーバー {0} で実行されていない可能性があります このサーバーが起動していて サービスに対してリモートからのクエリが可能であることを確認してください
  71. cluster.exe /cluster:{0} node {1} /resume' を実行して サーバー {2} がプライマリ アクティブ マネージャーをホストできるようにしています
  72. cluster.exe はクラスターと通信できませんでした RPC_S_SERVER_UNAVAILABLE クラスター ネットワーク名リソースがオフラインか またはクラスターがクォーラムを失った可能性があります
  73. cluster.exe は成功しませんでした ただし {0} は {2} エラー コードではありませんでした 別のサーバーに対して試行はしません これは発信者によって予期されたエラーの場合があります
  74. CollectAndReport" は スクリプトがサーバーからデータの収集と そのデータの処理によるレポートの生成の両方を行う必要があることを示します
  75. CollectOverMetrics は ある期間のデータベースのマウント 移動 フェールオーバー ("操作" と総称) に関する情報を収集するため DatabaseAvailabilityGroup 内のサーバーのイベント ログを読み取ります ...