Exchange Server 2007

  1. Average Number of Mailboxes Processed per Request は 要求ごとに処理されたメールボックス数の平均です いくつかのメールボックスでは処理中にエラーが発生している場合があります
  2. Average Response Time は OEH または ASPX 要求の開始から終了までに要した平均時間 (ミリ秒) です
  3. Average Size of Indexed Attachments Base は フィルタ デーモンの開始以降に コンテンツのインデックス処理が行われた添付ファイルの平均サイズです
  4. Average Size of Indexed Attachments は フィルタ デーモンの開始以降に コンテンツのインデックス処理が行われた添付ファイルの平均サイズです
  5. Average Time to Process a Cross-Forest Free Busy Request は フォレスト間の空き時間情報の要求の処理にかかる平均時間 (秒) です 1 つの要求には複数のメールボックスが含まれていることがあります ...
  6. Average Time to Process a Cross-Site Free Busy Request は サイト間の空き時間情報の要求の処理にかかる平均時間 (秒) です 1 つの要求には複数のメールボックスが含まれていることがあります ...
  7. Average Time to Process a Free Busy Request は 空き時間情報の要求の処理にかかる平均時間 (秒) です 1 つの要求には複数のメールボックスが含まれていることがあります 空き時間情報の応答には会議提案は含まれません ...
  8. Average Time to Process a Meeting Suggestions Request は 会議提案要求の処理にかかる平均時間 (秒) です 1 つの要求には複数のメールボックスが含まれることがあります この時間には 空き時間情報を取得する時間が含まれます ...
  9. B+ Tree Creates (Total) は 作成された B+ ツリーおよびこれに対応する領域ツリー (ある場合) の総数です 作成された FDP の総数として見ることもできます 開発者のみ]
  10. B+ Tree Creates/sec は 1 秒間に作成された B+ ツリーおよびこれに対応する領域ツリー (ある場合) の数です これは 1 秒間に作成された FDP の数として見ることもできます 開発者のみ]
  11. B+ Tree Destroys (Total) は 解放された B+ ツリーおよびこれに対応する領域ツリー (ある場合) の総数です 解放された FDP の総数として見ることもできます 開発者のみ]
  12. B+ Tree Destroys/sec は 1 秒間に解放された B+ ツリーおよびこれに対応する領域ツリー (ある場合) の数です これは 1 秒間に解放された FDP の数として見ることもできます 開発者のみ]
  13. B+ Tree Failed Simple Page Cleanup Attempts/sec は ページ上の削除されたノード領域の再生を試みた際 ページに書き込みラッチ使用とした際の競合が原因で 失敗した 1 秒あたりの回数です クリーンアップは ...
  14. B+ Tree Move Nexts (Non-Visible Nodes Skipped)/sec は データベース エンジンが B+ ツリーで次の表示可能レコードに移動しようとした際に 非表示のレコードをスキップした 1 秒あたりの回数です ...
  15. B+ Tree Move Nexts/sec は B+ ツリーの次のレコードにデータベース エンジンが移動した 1 秒あたりの回数です 開発者のみ]
  16. B+ Tree Move Prevs (Non-Visible Nodes Skipped)/sec は データベース エンジンが B+ ツリーで前の表示可能レコードに移動しようとした際に 非表示のレコードをスキップした 1 秒あたりの回数です ...
  17. B+ Tree Move Prevs/sec は データベース エンジンが B+ ツリーの前のレコードに移動した 1 秒あたりの回数です 開発者のみ]
  18. B+ Tree Partial Merges/sec は 1 秒間にデータベース B+ ツリーの右側のページにレコードの一部を移動されたページの数です 開発者のみ]
  19. B+ Tree Right Hotpoint Splits/sec は データベース B+ ツリーでページが右に分岐され それが B+ ツリーにおけるローカルの "ホットポイント" での追加として扱われる 1 秒あたりの回数です 開発者のみ] ...
  20. B+ Tree Seek Short Circuits/sec は データベース B+ ツリー内の同じレコードに対して繰り返されたシークの 1 秒あたりの回数です シークはそのレコードのキャッシュされた物理領域に直接ジャンプすることで保存されます ...
  21. B+ Tree Unnecessary Sibling Latches/sec は マージできない部分に対してマージを実行しようとしてデータベース B+ ツリーの削除中に不必要にラッチされた兄弟ページの数です 開発者のみ]
  22. B+ Tree Vertical Splits/sec は データベース B+ ツリーでページが縦に分割される 1 秒あたりの回数です 開発者のみ]
  23. Bad Item Reports Generated Total は サービスの開始後に生成された無効アイテム レポートの総数です これは サーバー形式からクライアント形式にアイテムを変換できない場合に発生します
  24. Base for Average Number of Mailboxes Processed per Request は 要求ごとに処理されたメールボックス数の平均のベース カウンタです いくつかのメールボックスでは処理中にエラーが発生している場合があります ...
  25. Base for Average Time to Process a Cross-Forest Free Busy Request は フォレスト間の空き時間情報の要求の処理にかかる平均時間 (秒) のベース カウンタです
  26. Base for Average Time to Process a Cross-Site Free Busy Request は サイト間の空き時間情報の要求の処理にかかる平均時間 (秒) のベース カウンタです
  27. Base for Average Time to Process a Ffree Busy Request は 空き時間情報の要求の処理にかかる平均時間 (秒) のベース カウンタです
  28. Base for Average Time to Process a Meeting Suggestions Request は 会議提案要求の処理にかかる平均時間 (秒) のベース カウンタです
  29. Bindings および RemoteIPRanges パラメータに指定した値が 受信コネクタ "{0}" 上の設定と競合しています 受信コネクタには ローカル IP アドレス ポート バインド リモート IP アドレスの範囲の一意の組み合わせが必要です ...
  30. BinHex エンコーダに無効なデータが渡されました 十分なデータがないためエンコードを完了できません MACBINARY this.header のフォークの長さが実際のデータの長さに一致していることを確認してください
  31. BinHex エンコードでは事前にデータの長さを把握する必要があるため BinHex でエンコードされた部分のコンテンツ書き込みストリームを取得できません 'raw' コンテンツ書き込みメソッドを使用して エンコードされたデータを書き込んでください ...
  32. Bypassed recipients due to per-recipient Safe Senders は 受信者ごとの信頼できる差出人のリストに従いコンテンツ フィルターをバイパスした受信者の合計数です
  33. Cache Expiries Total (Configuration Data) は システムの初期化後にキャッシュの有効期限が切れた構成データ オブジェクトの合計数です
  34. Cache Expiries Total (User Data) は システムの初期化後にキャッシュの有効期限が切れたユーザー データ オブジェクトの合計数です
  35. Cache Inserts Total (Configuration Data) は システムの初期化後にキャッシュ内に挿入された構成データ オブジェクトの合計数です
  36. Cache Inserts Total (User Data) は システムの初期化後にキャッシュ内に挿入されたユーザー データ オブジェクトの合計数です
  37. CachingMode.Source が使用されていますが ソース ストリームをシークできません DOM オブジェクトにランダム アクセスするための方法がありません
  38. Calendar View Refreshes は プロセスの再開後に予定表のビューが更新された回数の合計です
  39. Cannot add to {0}. The DialPlan doesnt comply with the security setting of the other dialPlans linked to this server.
  40. CAS から CAS へのプロキシ要求が失敗しました 要求の形式が正しくないか 要求に含まれている SID ヘッダーが壊れています web.config のプロキシ設定が正しいことを確認してください
  41. Categorization Count は パブリック ストアに存在する分類の数です 分類は ユーザーがフィルタされたビューを作成するか検索を実行するときに作成されます インフォメーション ストアに存在する分類が多すぎると パフォーマンスに影響が出ます ...
  42. Categorization Count は メールボックス ストアに存在する分類の数です 分類は ユーザーがフィルタされたビューを作成するか検索を実行するときに作成されます インフォメーション ストアに存在する分類が多すぎると パフォーマンスに影響が出ます ...
  43. ChildObjectTypes パラメータは AccessRights パラメータに対して CreateChild または DeleteChild の一方 あるいはその両方を指定した場合にのみ指定する必要があります
  44. CIDR の長さ "{0}" が無効です 受け付け可能な CIDR の長さは IPv4 アドレスの場合は 0, 32 の範囲 IPv6 アドレスの場合は 0, 128 の範囲内の値です
  45. CIDR の長さ {0} が IPv4 アドレスの最大値 32 を超えています 受け付け可能な CIDR の長さは IPv4 アドレスの場合は 0, 32 の範囲内の値です
  46. CIDR の長さ {0} が IPv6 アドレスの最大値 128 を超えています 受け付け可能な CIDR の長さは IPv6 アドレスの場合は 0, 128 の範囲内の値です
  47. Connections Created per second は 1 秒間に確立された SMTPSend コネクタからの送信接続の数です
  48. Connections on IP Allow List Providers per second は IP 許可一覧プロバイダの接続の 1 秒あたりの数です
  49. Connections on IP Block List Providers per second は IP 禁止一覧プロバイダの接続の 1 秒あたりの数です
  50. Conversion Requests KB/sec は WebReady ドキュメント表示サービスによる変換を待っている変換要求の 1 秒あたりの合計数 (KB) です ブロックされたアイテムや キューに格納されタイムアウトしたアイテムは含まれません ...
  51. Conversion Responses KB/sec は 出力 HTML ファイルに書き込まれた変換応答の 1 秒あたりの合計数 (KB) です
  52. Conversions Ended By Time-out は キューのタイムアウトまたは変換のタイムアウトのために終了した変換の合計数です
  53. Conversions は プロセスの再開後に変換のために受信された要求の総数です 禁止一覧にあるために拒否されたアイテムが含まれています
  54. Copy Queue Exceeds Mount Threshold (CCR Only) は コピー キューの長さが 自動データベース マウント ダイヤル で指定されたマウントのしきい値より大きい場合は 1 です このカウンタはクラスタ連続レプリケーション ...
  55. CPU 負荷に関する既知の問題は見つかりませんでした 一部の RPC 操作が CPU リソースを大量に消費している場合がありますが これは必ずしもパフォーマンスの問題を示すとは限りません
  56. Create Collection Commands/sec は 1 秒間に処理される CreateCollection コマンドの数です 以前のバージョンの ActiveSync プロトコルを実行しているクライアントは このコマンドを使用してフォルダを作成します ...
  57. Create Collection Total は サービスの開始後に処理された CreateCollection 要求の総数です
  58. Cross-Forest Calendar Failures per second は 1 秒間に失敗したフォレスト間のメールボックスのクエリの数です これらのメールボックスは 別のフォレストにあるサービスの他のインスタンスへのプロキシを必要とします ...
  59. Cross-Forest Calendar Queries per second は 1 秒間にクエリが行われたフォレスト間のメールボックスの数です これらのメールボックスは 別のフォレストにあるサービスの他のインスタンスへのプロキシを必要とします ...
  60. Cross-Site Calendar Failures per second は 1 秒間に失敗したサイト間のメールボックスのクエリの数です これらのメールボックスは 別のサイトにあるサービスの他のインスタンスへのプロキシを必要とします
  61. Cross-Site Calendar Queries per second は 1 秒間にクエリが行われたサイト間のメールボックスの数です これらのメールボックスは サービスの他のインスタンスへのプロキシを必要とします
  62. Current Unique Users Light は 現在 OWA にログオンしている一意のユーザーの数です この値は一意のアクティブ ユーザー セッションの数を監視するため ユーザーがログオフした後またはセッションがタイムアウトになった後でユーザーはこの値からのみ削除されます ...
  63. Current Unique Users Premium は 現在 Outlook Web Access Premium にログオンしている一意のユーザーの数です この値は一意のアクティブ ユーザー セッションの数を監視するため ユーザーが ...
  64. Current Unique Users は 現在 Outlook Web Access にログオンしている一意のユーザーの数です この値は一意のアクティブ ユーザー セッションの数を監視するため ユーザーがログオフした後またはセッションが ...
  65. Current User Count Light は Outlook Web Access に現在ログオンしているユーザーの数です この値はアクティブ ユーザー セッションの数を監視するため ユーザーがログオフした後またはセッションがタイムアウトになった後でユーザーはこの値からのみ削除されます ...
  66. Current User Count Premium は 現在 Outlook Web Access にログオンしているユーザーの数です この値はアクティブ ユーザー セッションの数を監視するため ユーザーがログオフした後またはセッションが ...
  67. Current User Count は 現在 Outlook Web Access にログオンしているユーザーの数です この値はアクティブ ユーザー セッションの数を監視するため ユーザーがログオフした後またはセッションがタイムアウトになった後でユーザーはこの値からのみ削除されます ...
  68. Database Cache % Available Max は 新規に作成されたか データベース ファイルから読み取られたキャッシュ データベース ページに割り当てられるデータベース キャッシュの最大の割合です この割合は 使用可能なページを効率的に生産できるように ...
  69. Database Cache % Available Min は 新規に作成されたか データベース ファイルから読み取られたキャッシュ データベース ページに割り当てられるデータベース キャッシュの最小の割合です 使用可能なページの割合がこの最小値を下回ると ...
  70. Database Cache % Available は 新規に作成されたか データベース ファイルから読み取られたキャッシュ データベースに割り当てられる データベース キャッシュの割合です 開発者のみ]
  71. Database Cache % Fast Latch は データへアクセスする際に メモリ内のどの部分にページがあるかをキャッシュ マネージャに伝えるヒントを使用してラッチされたデータベース ページの割合です この割合が Database ...
  72. Database Cache % Hit は ファイル操作をせずにデータベース キャッシュによって実行されたデータベース ファイル ページ要求の割合です この割合が低すぎる場合は データベース キャッシュ サイズが小さすぎる可能性があります ...
  73. Database Cache % Versioned は ディスクへの書き込みおよびキャッシュからの解放がまだ終わっていない 現在キャッシュされているページの古いバージョンが含まれているデータベース キャッシュの割合です 開発者のみ]
  74. Database Cache Size (MB) は ファイルの操作を避ける目的で データベース ファイルからの一般的な情報を保持するためにデータベース キャッシュ マネージャが使用するシステム メモリの容量 (MB) です 最適なパフォーマンスを得るにはデータベース ...
  75. Database Cache Size Max は ファイル操作の回数を抑えるため データベース ファイルから一般的に使用される情報を保持するデータベース キャッシュ マネージャが使用できるシステム メモリの最大容量です 開発者のみ]