/BcdRefreshPolicy BCD ファイルの自動更新設定を構成します /Enabled:{Yes | No} BCD 更新ポリシーを指定します 有効 (Yes) に設定すると BCD ファイル が指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ...

[/BcdRefreshPolicy]                     BCD ファイルの自動更新設定を構成します。  [/Enabled:{Yes | No}]                  BCD 更新ポリシーを指定します。                                         有効 (Yes) に設定すると、BCD ファイル                                         が指定の時間間隔で更新されます。  [/RefreshPeriod:<分数>]                BCD ファイルの更新間隔を指定します。 [/ForceNative]                          管理者はこのオプションを使用して、                                         混在モードで動作しているサーバーを                                         ネイティブ モードに移行できます。この                                         処理中に WDS サービスが再起動されます。                                         サーバー レベルまたはデバイス レベルで                                         既定のブート プログラムを設定している                                         場合は、それらがレガシまたはカスタムの                                         プログラムであっても引き続き既定の                                         プログラムとして維持されます。                                         警告: この操作を元に戻し、サーバーを                                         混在モードに戻すには、                                         /uninitialize-server (サーバーを                                         当初の動作モードに戻します)                                          を実行してから、以前に使用したものと                                         同じ構成ツール群を再実行しなければ                                         なりません。この復帰処理の過程で                                         設定が失われる可能性があります。
/AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラ アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラのインストールを続行するかどうかを指定します ... /ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ... /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します /AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの自動更新設定を構成します /Enabled:{Yes | No} BCD 更新ポリシーを指定します 有効 (Yes) に設定すると BCD ファイル が指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ... /bootdirpath コマンド ラインの引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再起動してください /BootImagePath: REMINST 共有を基準として このデバイスが 使用するブート イメージの相対パスを指定 します /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカルで ログインしたドメインです ... /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定の ブート プログラムを設定します これは REMINST 共有への相対パスであり たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の ように指定します /Architecture:{x86 ... /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian