/Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath: /SkipLicense /CustomDataPath: /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath: /DependencyPackagePath: ...

/Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath: [/SkipLicense] 
  [/CustomDataPath:<カスタム データのパス>] 
/Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:<メイン パッケージのパス> 
  [/DependencyPackagePath:<依存関係パッケージのパス>] 
  {[/LicensePath:<ライセンス ファイルのパス>] | [/SkipLicense]} 
  [/CustomDataPath:<カスタム データのパス>]

  イメージに 1 つ以上のパッケージを追加します。

  メイン アプリ パッケージ (.appx)、依存パッケージ、およびライセンス ファイル
  が含まれているパックされていないパッケージ ファイルのフォルダーを指定するに
  は、/FolderPath を使用します。.appx または .appxbundle ファイル指定するには、
  /PackagePath を使用します。基幹業務アプリをオンラインでプロビジョニングする
  場合は、/PackagePath を使用できます。

  パッケージにアーキテクチャに固有の依存関係がある場合は、ターゲット 
  イメージの依存関係に適用可能なすべてのアーキテクチャをインストールする必要が
  あります。たとえば、x64 ターゲット イメージでは、x86 と x64 の両方の依存関係
  パッケージへのパスを含めます。/FolderPath オプションを使用する場合は、それら
  両方を AppX_folder_path に含めることもできます。
  アプリケーションの OEM カスタム データを指定するには、/CustomDataPath を使用
  します。アプリケーション ライセンスを含んでいる .xml ファイルの場所を指定する
  には、/LicensePath を /PackagePath オプションと共に使用します。

  /SkipLicense は、サイドローディング対応コンピューターのライセンスを必要と
  しないアプリでのみ使用します。他のシナリオで 
  /SkipLicense を使用すると、イメージが損傷する可能性があります。

    例:
      DISM.exe /Image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage 
        /FolderPath:c:\Test\Apps\MyUnpackedApp 
        /CustomDataPath:c:\Test\Apps\Custom.dat 

      DISM.exe /Image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage 
        /PackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\MainPackage.appx 
        /DependencyPackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\Framework-x86.appx 
        /DependencyPackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\Framework-x64.appx 
        /LicensePath:c:\Test\Apps\MyUnpackageAppLicense.xml 

      DISM.exe /Online /Add-ProvisionedAppxPackage 
        /FolderPath:c:\Test\Apps\MyUnpackedApp 
        /SkipLicense 

      DISM.exe /Image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage 
        /PackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\Package.appxbundle 
        /SkipLicense 

/Add-Capability /CapabilityName: /Source: /LimitAccess 1 つのイメージに機能を追加します 例: DISM.exe /Online /Add-Capability /Capability ... /Add-Driver {/Driver: | /Driver: } /recurse /ForceUnsigned オフライン イメージにドライバーを追加します ドライバーのすべての サブフォルダーを照会するには /recurse を使用します ... /Add-Package /PackagePath: /IgnoreCheck /PreventPending 1 つ以上のパッケージをイメージに追加します /PackagePath には .cab ファイル .msu ファイル またはフォルダーを指定できます ... /Add-Package /PackagePath: イメージ内の指定された .cab パッケージをインストールします 1 つのコマンド ラインで複数のパッケージを追加できます /PackagePath には .cab ファイル またはフォルダーを指定できます ... /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath: /SkipLicense /CustomDataPath: /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath: /DependencyPackagePath: ... /AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ... /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ... /Append-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: {[/Bootable | /WIMBoot]} /CheckIntegrity /Verify ... /ApplicationPartitionsToReplicate:{"レプリケートするパーティションの識別名" | *} 省略可能です ソース AD LDS インスタンスからレプリケートするアプリケーション パーティションの識別名を指定します ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian