/Apply-CustomImage のパラメーター: /DirectPath: /Namespace および /Sourcefile に対応する OS イメージ ファイルの直接パスを指定します WDS サーバーの REMINST 共有にある ...


/Apply-CustomImage のパラメーター:
/DirectPath:<完全パス>           /Namespace および /Sourcefile に対応する 
                                  OS イメージ ファイルの直接パスを指定します。
                                  WDS サーバーの REMINST 共有にある
                                  イメージ ファイルの完全パスを
                                  指定します。
/ReferenceWimSourceFile:<相対パス> /SourceFile で指定される OS イメージが、
                                  参照 WIM を必要とする WIM イメージである場合、
                                  このオプションを指定する必要があります。
                                  名前空間に対して相対的に表される
                                  参照 WIM の SourceFile パスを指定します。
/ReferenceWimDirectPath:<完全パス> /ReferenceWimSourceFile パラメーターが
                                  存在する場合に必要です。WDS サーバーの 
                                  REMINST 共有にある同じ参照 WIM の直接パスを
                                  指定します。/ReferenceWimSourceFile パスが
                                  存在しない場合、このパラメーターは
                                  無効になります。

/addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ... /Append-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: {[/Bootable | /WIMBoot]} /CheckIntegrity /Verify ... /ApplicationPartitionsToReplicate:{"レプリケートするパーティションの識別名" | *} 省略可能です ソース AD LDS インスタンスからレプリケートするアプリケーション パーティションの識別名を指定します ... /Apply-CustomDataImage /SingleInstance /CustomDataImage: /ImagePath: カスタム データ イメージに含まれているファイルを退避して 領域を節約します 例: DISM.exe /Apply-CustomDataImage ... /Apply-CustomImage のパラメーター: /DirectPath: /Namespace および /Sourcefile に対応する OS イメージ ファイルの直接パスを指定します WDS サーバーの REMINST 共有にある ... /Apply-Image /ImageFile: /ApplyDir: {/Index: | /Name: } /CheckIntegrity /Verify /NoRpFix /SWMFile: /ConfirmTrustedFile /WIMBoot ... /Apply-Image および /Apply-CustomImage のパラメーター: /Index: WIM イメージで必要になり 適用する イメージ インデックスを指定します VHDX を適用 する場合は このパラメーターは指定しません ... /Apply-Unattend: オフライン イメージに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml /Apply-Unattend: オフライン イメージまたは実行中のオペレーティング システムに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian