/ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ...

/ApplicationPartitionsToReplicate:""
レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します。* を指定した場合、すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます。
/AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ... /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ... /AdministratorPassword:"管理者パスワード" (既定値は空のパスワードです) ドメイン コントローラーを降格する際にローカルの Administrator アカウントのパスワードを指定します /AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラー アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラーのインストールを続行するかどうかを指定します ... /ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ... /ApplicationPartitionsToReplicate:{"レプリケートするパーティションの識別名" | *} 省略可能です ソース AD LDS インスタンスからレプリケートするアプリケーション パーティションの識別名を指定します ... /Apply-Profiles: , Windows PE イメージに 指定したプロファイルの和集合を適用し 他の すべてのファイルを Windows PE イメージから削除します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline ... /Apply-Unattend: オフライン イメージに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml /Apply-Unattend: オフライン イメージまたは実行中のオペレーティング システムに unattend.xml ファイルを適用します 例: DISM.exe /Image:C: est\offline /Apply-Unattend:C:\unattend.xml ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian