負荷分散を無効にすると リモート アクセス設定がクラスター サーバーから削除されます 無効にした後は 現在管理対象になっているサーバーのみがリモート アクセス サーバーとして残ります 続行するには OK をクリックしてください

負荷分散を無効にすると、リモート アクセス設定がクラスター サーバーから削除されます。無効にした後は、現在管理対象になっているサーバーのみがリモート アクセス サーバーとして残ります。

続行するには [OK] をクリックしてください。
負荷分散を有効にしようとしているサーバーの外部アダプターの NLB 設定を取得できません リモート サーバーで負荷分散を有効にしようとしている場合は サーバーへの接続を確認してください 負荷分散を有効にするには VPN プレフィックス長が 59 ビットである必要があります リモート アクセス サーバーのセットアップ ウィザードの 認証 ページでプレフィックスを変更してください 負荷分散を有効にするサーバーのアダプター設定をリモート アクセスで取得できないため 負荷分散を有効にすることができません リモート サーバーを構成している場合は サーバーへの接続を確認してください 負荷分散を無効にすると リモート アクセス設定がクラスター サーバーから削除されます 無効にした後は 1 つのサーバーがリモート アクセス サーバーとして残ります 続行するには OK をクリックしてください 負荷分散を無効にすると リモート アクセス設定がクラスター サーバーから削除されます 無効にした後は 現在管理対象になっているサーバーのみがリモート アクセス サーバーとして残ります 続行するには OK をクリックしてください 負荷分散アルゴリズムではインターフェイス帯域幅の能力の違いが考慮されないため ネットワーク パフォーマンスが低下する可能性があります 負荷分散クラスターでは IP-HTTPS または VPN の IPv6 プレフィックスの長さは 59 ビットである必要があります 有効な長さのプレフィックスを指定してください 負荷分散クラスターでは 外部ネットワーク アダプターで構成されている 1 つ以上の IP アドレスを外部仮想 IP (VIP) アドレスとして指定する必要があります 負荷分散ポリシーを '-d' スイッチで確認または設定する際は MPIO ディスク 番号を使用してディスクを指定します MPIO ディスク番号とシステム ディスク 番号の対応関係は 次のコマンドで確認できます mpclaim -s -d
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian