/AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します

/AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します。
/AdministratorPassword:"管理者パスワード" (既定値は空のパスワードです) ドメイン コントローラを降格する際にローカルの Administrator アカウントのパスワードを指定します /AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラ アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラのインストールを続行するかどうかを指定します ... /ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ... /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します /AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの自動更新設定を構成します /Enabled:{Yes | No} BCD 更新ポリシーを指定します 有効 (Yes) に設定すると BCD ファイル が指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ... /bootdirpath コマンド ラインの引数の使用は Windows セットアップでサポートされていません Windows をインストールするには この引数なしでインストールを再起動してください /BootImagePath: REMINST 共有を基準として このデバイスが 使用するブート イメージの相対パスを指定 します /Domain: ステージング済みデバイスを検索する ドメインを指定します 既定では ローカルで ログインしたドメインです ... /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定の ブート プログラムを設定します これは REMINST 共有への相対パスであり たとえば "boot\x86\pxeboot.n12" の ように指定します /Architecture:{x86 ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian