BackEndPort =": 444 $urlToUse ="https://"+ $RoleFqdnOrName + $BackEndPort +"と ews/exchange.asmx"です WebServicesVirtualDirectory-新しい-役割メールボックス ...

$BackEndPort =": 444」。$urlToUse ="https://"+ $RoleFqdnOrName + $BackEndPort +"と ews/exchange.asmx"です。WebServicesVirtualDirectory-新しい-役割メールボックス ・ web サイト名「Exchange バックエンド」windowsAuthentication: $true WSSecurityAuthentication: $true BasicAuthentication: $false - InternalNLBBypassUrl $urlToUse - ドメイン コント ローラー $RoleDomainController-強制的に GzipLevel 高。
Avg. Network sec/Read base は ログ コピアーにデータを返信するためのネットワーク読み取りの平均時間です AzureChallengeRequest アプリに無効な名前が指定されました: '{0}' AzureChallengeRequest は 既知の名前で定義されているシングルトン アプリです: '{1}' AzureDeviceRegistration アプリに無効な名前が指定されました: '{0}' AzureDeviceRegistration は 既知の名前で定義されるシングルトン アプリケーションです: '{1}' AzureHubCreation アプリに使用できない名前が指定されました: '{0}' AzureHubCreation は '{1}' というよく知られた名前で定義されているシングルトン アプリです BackEndPort =": 444 $urlToUse ="https://"+ $RoleFqdnOrName + $BackEndPort +"と ews/exchange.asmx"です WebServicesVirtualDirectory-新しい-役割メールボックス ... BackgroundDatabaseMaintenance パラメーターの変更は 再マウントされるまでこのデータベースに適用されません このパラメーターの変更を適用するには データベース "{0}" をマウント解除してから再マウントしてください ... Bad Item Reports Generated Total は サービスの開始後に生成された無効アイテム レポートの総数です これは サーバー形式からクライアント形式にアイテムを変換できない場合に発生します Base Counter for % Successful Caller ID Resolutions は 解決に成功した発信者番号の割合を計算するための基準です Base Counter for % Successful Extension Caller ID Resolutions は "@" または "+" 記号を含まず ダイヤル プランの内線番号と同じ長さの発信者番号の解決を試みて成功した割合を計算するための基準です ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian