/BcdRefreshPolicy BCD ファイルの再生成のタイミングに関する設定を構成します /Enabled:{Yes | No} 有効にすると すべてのブート イメージについて BCD ファイルが 指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ...

[/BcdRefreshPolicy]
        BCD ファイルの再生成のタイミングに関する設定を構成します。

  [/Enabled:{Yes | No}]
        有効にすると、すべてのブート イメージについて、BCD ファイルが
        指定の時間間隔で更新されます。

  [/RefreshPeriod:<分単位の時間>]
        BCD ファイルの再生成間隔を指定します。

[/ForceNative]
        この設定は、Windows Server 2003 にのみ使用できます。このオプ
        ションを指定すると、サーバー モードが混在モードからネイティブ
        モードに変更されます。この処理中、すべての WDS サービスが再起
        動されます。既定のブート プログラムをサーバー レベルまたはコ
        ンピューター レベルで設定している場合は、それらが古いブート 
        プログラムやカスタムのブート プログラムであっても、引き続き既
        定のプログラムとして維持されます。警告: この操作を元に戻すに
        は、/uninitialize-server を実行し、混在モードに戻すための再構
        成を行う必要があります。この処理の過程で設定が失われる可能性
        があります。
/architecture /os /path の各パラメーターは /package パラメーターと共に使用する必要があります コマンド ライン構文の詳細については /help または /? と入力して Enter キーを押してください /Architecture:{x86 | ia64 | x64 | arm} マルチキャストで転送するブート イメージのアーキテクチャです 異なるアーキテクチャのブート イメージが同じ名前を持っている場 合があるため 正しいイメージを使用するためにアーキテクチャを ... /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します /AutoConfigDNS:{Yes | No} (既定値は環境に基づいて自動的に計算されます) ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します /BcdRefreshPolicy BCD ファイルの再生成のタイミングに関する設定を構成します /Enabled:{Yes | No} 有効にすると すべてのブート イメージについて BCD ファイルが 指定の時間間隔で更新されます /RefreshPeriod: ... /BindPolicy サーバーのインターフェイス バインド ポリシーを構成します /Policy:{Include | Exclude} インターフェイスの一覧のアドレスを含めるか除外するかを指定 するポリシーを設定します /Add 一覧にインターフェイスを追加します ... /BootProgram パラメーターを使用してデバイス ブート プログラムを指定するには /Force パラメーターも使用する必要があります /BootProgram パラメーターは Windows Server 2008 R2 より前のバージョンの ... /BootProgram: 特定のアーキテクチャに対する既定のブート プログラムを設定しま す これは RemoteInstall 共有への相対パスです 例: "boot\x86\pxeboot.n12" /Architecture:{x86 ... /BP - の Netlogon にブレークポイントを強制します /TRUNC - ログ ファイルを切り捨てます (*.bak にファイル名を変更します) /UNLOAD - lsass.exe から netlogon.dll をアンロードします ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian