/Add-Driver {/Driver: | /Driver: } /recurse /ForceUnsigned オフライン イメージにドライバーを追加します ドライバーのすべての サブフォルダーを照会するには /recurse を使用します ...

/Add-Driver {/Driver: | /Driver:<ドライバーINFのパス>} 
            [/recurse] [/ForceUnsigned]

  オフライン イメージにドライバーを追加します。ドライバーのすべての
  サブフォルダーを照会するには、/recurse を使用します。署名されていない
  ドライバーを X64 ベース イメージに追加するには /ForceUnsigned を使用します。
  このコマンドは、オンライン イメージではサポートされません。

    例:
      DISM.exe /Image:C:\test\offline /Add-Driver
        /Driver:D:\Drivers\Usb\Usb.inf

      DISM.exe /Image:C:\test\offline /Add-Driver /Driver:D:\Drivers /recurse

/A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします 一般的には 既定の設定を使用してください ReFS は 64K をサポートします NTFS は 512 1024 2048 4096 8192 16K 32K 64K を サポートします ... /AcceptEula または /GetEula オプションをオンラインの /Set-Edition オプションで指定する必要があります コマンドを再実行し 必要なパラメーターを指定してください /add add コマンドは 指定した名前付けコンテキストの RepsFrom 属性を 宛先ドメイン コントローラー上に作成し レプリケーション要求 を開始します 通常のレプリケーション サイクル中 宛先 ドメイン コントローラーはソース ドメイン ... /Add-Capability /CapabilityName: /Source: /LimitAccess 1 つのイメージに機能を追加します 例: DISM.exe /Online /Add-Capability /Capability ... /Add-Driver {/Driver: | /Driver: } /recurse /ForceUnsigned オフライン イメージにドライバーを追加します ドライバーのすべての サブフォルダーを照会するには /recurse を使用します ... /Add-Package /PackagePath: /IgnoreCheck /PreventPending 1 つ以上のパッケージをイメージに追加します /PackagePath には .cab ファイル .msu ファイル またはフォルダーを指定できます ... /Add-Package /PackagePath: イメージ内の指定された .cab パッケージをインストールします 1 つのコマンド ラインで複数のパッケージを追加できます /PackagePath には .cab ファイル またはフォルダーを指定できます ... /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath: /SkipLicense /CustomDataPath: /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath: /DependencyPackagePath: ... /AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian