/addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラ上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ...

/addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン           コントローラ上に作成します。通常、KCC では、他の DSA の Reps-From            エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され           るため、このコマンドを実行する必要はありません。
/:*?"<>|[]+=;," の文字は名前空間名に使用できません また名前空間名にはスペースまたはピリオド以外の文字が少なくとも 1 つ必要です 有効な名前空間名を入力してください /A:サイズ 既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします 一般的には 既定の設定を使用してください NTFS は 512 1024 2048 4096 8192 16K 32K 64K を サポートします FAT は 512 1024 ... /add add コマンドは 指定した名前付けコンテキストの RepsFrom 属性を 宛先ドメイン コントローラ上に作成し レプリケーション要求 を開始します 通常のレプリケーション サイクル中 宛先 ドメイン コントローラはソース ドメイン ... /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラ上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ... /AdministratorPassword:"管理者パスワード" (既定値は空のパスワードです) ドメイン コントローラを降格する際にローカルの Administrator アカウントのパスワードを指定します /AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラ アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラのインストールを続行するかどうかを指定します ... /ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ... /ASSOCCLASS: - 返されたエンドポイントは指定されたクラスまたはその派生クラスをとおしてソースに関連付けされる必要があることを示します
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian