/Aging - このリソース レコードを清掃できるように指定します このパラメーターを使用しない場合 リソース レコードは 清掃されません /OpenAcl - 最初の更新まで 新しいレコードをどのユーザーでも変更 できるように指定します ...

  /Aging            -- このリソース レコードを清掃できるように指定します。
                       このパラメーターを使用しない場合、リソース レコードは
                       清掃されません。
  /OpenAcl          -- 最初の更新まで、新しいレコードをどのユーザーでも変更
                       できるように指定します。このパラメーターを使用しない
                       場合、管理者のみが新しいレコードを変更できます。
  /CreatePTR        -- 逆引き参照ゾーンがローカル サーバーに存在する場合、
                       この A または AAAA リソース レコードが作成されるときに、
                       対応する PTR レコードもそのゾーンに作成されるように
                       指定します。
/AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ... /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ... /AddValue: フィルターに追加するクライアント値です 1 つのフィルターの種 類に複数の値を指定できます 特定のフィルターの種類に有効な値 については 次の一覧を参照してください /RemoveValue: フィルターから削除する既存のクライアント値です ... /AdministratorPassword:"管理者パスワード" (既定値は空のパスワードです) ドメイン コントローラーを降格する際にローカルの Administrator アカウントのパスワードを指定します /Aging - このリソース レコードを清掃できるように指定します このパラメーターを使用しない場合 リソース レコードは 清掃されません /OpenAcl - 最初の更新まで 新しいレコードをどのユーザーでも変更 できるように指定します ... /AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラー アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラーのインストールを続行するかどうかを指定します ... /Append-Image /ImageFile: /CaptureDir: /Name: /Description:説明 /ConfigFile: /Bootable /CheckIntegrity /Verify /NoRpFix WIM ... /ApplicationPartitionsToReplicate:" レプリケートするアプリケーション パーティションを "partition1" "partition2" の形式で指定します を指定した場合 すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます ... /ApplicationPartitionsToReplicate:{"レプリケートするパーティションの識別名" | *} 省略可能です ソース AD LDS インスタンスからレプリケートするアプリケーション パーティションの識別名を指定します ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian