/AddKey - "/AddKey " として指定 されたキーがゾーン ファイルに追加されますが 任意のレコード の署名には使用されません /SignKey - "/Signkey /ValidFrom /ValidTo " として指定された ...

  /AddKey         -- "/AddKey [<指定されたキー>] <指定された証明書>" として指定
                     されたキーがゾーン ファイルに追加されますが、任意のレコード
                     の署名には使用されません。
  /SignKey        -- "/Signkey [<署名の範囲>]
            [/ValidFrom <有効期限開始>] [/ValidTo <有効期限終了>]
                     [<指定されたキー>] <指定された証明書>" として指定された
                     キーがゾーン ファイルに追加され、レコードの署名に使用
                     されます。
  複数の /AddKey および /SignKey パラメーターを指定し、複数のキーを
  指定できます。/SignKey パラメーターのサブセクションを指定された順序で
  指定する必要があります。


  <署名の範囲> には次のいずれかを指定できます。
                     /AllRR          -- このキーはすべてのレコードの署名に
                     使用されます。
                     /DnskeyOnly     -- このキーはゾーン ルートの DNSKEY
                     レコードの署名にのみ使用されます。

  <署名の範囲> を使用することで、ユーザーは ZSK フラグまたは KSK フラグを上書き
  できます。<署名の範囲> が指定されていない場合、KSK フラグがないキーがゾーン内
  のすべてのレコードの署名に使用され、KSK フラグがあるキーがゾーン内の DNSKEY
  レコード セットの署名のみに使用されます。

  <有効期限開始>  -- このキーを使用して作成された RRSIG レコードの有効期限の
                     開始日時を YYYYMMDDHHMMSS (4 桁の年、2 桁の月、2 桁の日付、
                     2 桁の時刻、2 桁の分、および 2 桁の秒) で示します。
                     時刻は UTC です。<有効期限開始> を指定しない場合、
                     有効期限は現在時刻の 1 時間前から開始されます。
  <有効期限終了>  -- RRSIG レコードの有効期限の終了日時を YYYYMMDDHHMMSS
                     (4 桁の年、2 桁の月、2 桁の日付、2 桁の時刻、2 桁の分、
                     および 2 桁の秒) で示します。
                     時刻は UTC です。<有効期限終了> を指定しない場合、
                     有効期限は、ゾーン署名キーについては、開始日時から 30 日間
                     で終了し、キー署名キーについては、開始日時から 13 か月
                     で終了します。

  <指定されたキー>   次のオプションを含めることができます。
                     /Alg <キー アルゴリズム> [/Flags <キー フラグ>]

  <キー アルゴリズム> -- キー アルゴリズム ニーモニック文字列。現在 " RSASHA1"
              がサポートされています。
  <キー フラグ>       -- 1 に設定する DNSKEY フラグ フィールドのビット。
            <キー フラグ> が " KSK" の場合、セキュア エントリ ポイント
            ビットは 1 に設定され、このキーがキー署名キーであることを
             示します。<キー フラグ> にパラメーターが指定されていない
           場合、キーはゾーン署名キーと見なされます。
  キーが /OfflineSign /GenKey コマンドで生成された証明書の場合、ユーザーは
  <指定されたキー> を指定する必要はありません。このツールは証明書のサブジェクト
  から情報を抽出できます。

/add add コマンドは 指定した名前付けコンテキストの RepsFrom 属性を 宛先ドメイン コントローラー上に作成し レプリケーション要求 を開始します 通常のレプリケーション サイクル中 宛先 ドメイン コントローラーはソース ドメイン ... /Add-Driver {/Driver: | /Driver: } /recurse /ForceUnsigned オフライン イメージにドライバーを追加します ドライバーのすべての サブフォルダーを照会するには /recurse を使用します ... /Add-Package /PackagePath: /IgnoreCheck 1 つ以上のパッケージをイメージに追加します /PackagePath には .cab ファイル .msu ファイル またはフォルダーを指定できます 適合性の確 ... /Add-Package /PackagePath: イメージ内の指定された .cab パッケージをインストールします 1 つのコマンド ラインで複数のパッケージを追加できます /PackagePath には .cab ファイル またはフォルダーを指定できます ... /AddKey - "/AddKey " として指定 されたキーがゾーン ファイルに追加されますが 任意のレコード の署名には使用されません /SignKey - "/Signkey /ValidFrom /ValidTo " として指定された ... /AddPermissionsToServiceAccount:{Yes| } 省略可能です Yes を指定すると AD LDS セットアップでは ユーザーがサービス アカウントとして指定したアカウントに サービスとしてログオンする権利を追加しようと試みます ... /addrepsto 指定した名前付けコンテキストの Reps-To 属性を宛先ドメイン コントローラー上に作成します 通常 KCC では 他の DSA の Reps-From エントリから宛先 DSA のエントリに RepsTo 属性が自動的に作成され ... /AdministratorPassword:"管理者パスワード" (既定値は空のパスワードです) ドメイン コントローラーを降格する際にローカルの Administrator アカウントのパスワードを指定します /AllowDomainControllerReinstall:{Yes | | NoAndNoPromptEither} 同じ名前のドメイン コントローラー アカウントが検出されてもこのドメイン コントローラーのインストールを続行するかどうかを指定します ...
English
English (United States)
Deutsch (Deutschland)
German (Germany)
Français (France)
French (France)
日本語
Japanese
한국어
Korean
Русский
Russian