System Center Virtual Machine Manager 2012

  1. Active Directory Domain Services (AD DS) から Virtual Machine Manager 管理サーバー情報を取得できませんでした
  2. Active Directory Domain Services (AD DS) に登録されたサービス接続ポイントが VMM 管理サーバーにあることを確認してから 操作を再試行してください 不整合の名前空間を使用している場合は VMM 管理サーバーの完全修飾 ...
  3. Active Directory ドメイン サービス (AD DS) に VMM 管理サーバーのサービス プリンシパル名 (SPN) を登録できませんでした
  4. AD DS へのアクセス許可を持つドメイン アカウントまたはコンピューター アカウントで SQL Server サービスを実行中であることを確認してください 詳細については マイクロソフト サポート技術情報の記事 一部のアプリケーションや API ...
  5. AddCloudResource または -RemoveCloudResource パラメーターに使用できるオブジェクトの種類は LoadBalancer LogicalNetwork LoadBalancerVIPTemplate および ...
  6. AddressStart と AddressEnd にはマルチキャスト アドレスのみを割り当ててください マルチキャスト アドレス範囲は IPv4 の場合は 224.0.0.0/4 サブネット内 IPv6 の場合は fff0::/8 サブネット内です ...
  7. AddressStart と AddressEnd にはマルチキャストではないアドレスを割り当ててください マルチキャスト アドレス範囲は IPv4 の場合は 224.0.0.0/4 サブネット内 IPv6 の場合は fff0::/8 サブネット内です ...
  8. AddScope パラメーターまたは -RemoveScope パラメーターに使用できるオブジェクトの種類は Template HostGroup または LibraryShare のみです
  9. Administrator DelegatedAdmin または TenantAdmin プロファイルの UserRole を ParentUserRole として選択してから 操作を再試行してください
  10. Administrator DelegatedAdmin または TenantAdminprofile の UserRole を ParentUserRole として選択してから 操作を再試行してください
  11. ApplicationPackage (%PathName;) が無効なため インポートで無視されます 詳細なエラー メッセージ: %DetailedErrorMessage;
  12. BITS サービスがバーチャル マシンで実行されているかどうかを確認し BITS サービスを再開してから 操作を再試行してください
  13. BITS サービスを再開してから 操作をやり直してください また クライアントに接続元と接続先のアクセス許可があることを確認してください
  14. BMC アドレス %VMHostName; が %OutOfBandMgmtProtocol; プロトコルを使った帯域外管理操作中に 無効な SMBIOS GUID を返しました
  15. BMC アドレス %VMHostName; が IPMI を使った帯域外管理操作中に不適切な形式のメッセージを返しました 種類 "%ObjectName;" のメッセージの必須プロパティ "%PropertyName;" が不完全か 抜けています ...
  16. BrokerResourceName; がネットワーク名リソースに依存していないため クラスター %HostClusterName; の %BrokerResourceName; リソースのクライアント アクセス ポイントを判断できませんでした ...
  17. BrokerResourceName; が複数のネットワーク名リソースに依存しているため クラスター %HostClusterName; の %BrokerResourceName; リソースのクライアント アクセス ポイントを判断できませんでした ...
  18. BusType; %Bus; %Lun;) にあるディスクのバスの場所は ホスト %VMHostName; 上で無効です 理由は次のいずれかです: 1. バスが ホスト上の仮想化ソフトウェアでサポートされる SCSI アダプターの最大数 (%MaxBusCount;) ...
  19. BusType; %Bus; %Lun;) にあるディスクのバスの場所は 次のいずれかの理由により ホスト上で無効です 1. バスが ホスト上の仮想化ソフトウェアでサポートされる SCSI アダプターの最大数 (%MaxBusCount;) ...
  20. CEIP では Microsoft 製品やサービスの品質 信頼性 および性能を向上させるため お客様のソフトウェアとハードウェアの構成および Microsoft のソフトウェアとサービスをどのように使用されているかについて情報を収集します Microsoft ...
  21. CEIP への参加を希望されない場合は インストール完了後 VMM コンソールを開き 設定 ワークスペースで 全般 をクリックして カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの設定 をダブルクリックしてから いいえ CEIP に参加しません ...
  22. Check パラメーターを指定して P2V 変換を開始せずにエラーを確認するか -Trigger パラメーターを指定して P2V 変換を開始してください
  23. Citrix XenServer ホスト %ComputerName; のハイパーバイザーは Virtual Machine Manager でサポートされていないバージョンです XenServer ホストがバージョン 6.0 であることを確認してください ...
  24. CmdletName; コマンドレットを繰り返し ゲスト オペレーティング システムを指定してください その場合は -OperatingSystem パラメーターでゲスト オペレーティング システムを直接指定するか -GuestOSProfile ...
  25. CmdletName; リソースの実行中に %ResourceName; の BITS クライアント ジョブが失敗しました エラー: %DetailedErrorMessage;
  26. COM ポートの名前付きパイプを指定してください Hype-V では 仮想 COM ポートから物理 COM ポートまたはテキスト ファイルへのマッピングはサポートされていません
  27. ComputerName; から VMM 管理サーバーをアンインストール (%ComputerName; で プログラムの追加と削除 を使用) してから 操作をやり直してください
  28. ComputerName; からリモートで System Center Virtual Machine Manager P2V エージェントを削除するには -Credential パラメーターを指定します %ComputerName; にアクセスできない場合は ...
  29. ComputerName; が 15 分以内に再起動しない場合は ブート メニューを使用して手動で元のオペレーティング システムで再起動してください
  30. ComputerName; が Windows Server 2008 以降のフェールオーバー クラスターであるか またはフェールオーバー クラスターのノードであることが検出されました Virtual Machine Manager は このフェールオーバー ...
  31. ComputerName; がオンラインであり ネットワークに接続されていて ファイアウォールによってブロックされていないことを確認します その後 操作を再試行してください
  32. ComputerName; がオンラインであり ファイアウォールによってブロックされていないことを確認します 2. システム ボリュームに十分な空き領域があることを確認します 3. ADMIN$ の共有が %ComputerName; に存在することを確認します ...
  33. ComputerName; がオンラインであり ファイアウォールによってブロックされていないことを確認します 2. ファイルとプリンターの共有が %ComputerName; 上で有効であり ファイアウォールによってブロックされていないことを確認します ...
  34. ComputerName; で services.msc を実行して Services MMC スナップインでサービスをローカルで停止し サービス %ServiceName; を選択して右クリックし 停止 を選択します
  35. ComputerName; で services.msc を実行して Services MMC スナップインでサービスをローカルで開始し サービス %ServiceName; を選択して右クリックし 開始 を選択します
  36. ComputerName; で vCenter API が実行されていないため Virtual Machine Manager で %ComputerName; を仮想化マネージャーとして追加できません
  37. ComputerName; で ファイル共有のプロパティ または 管理者特権の PowerShell から上記のコマンドを実行して 共有の NTFS アクセス許可を手動で更新してください
  38. ComputerName; で プログラムの追加と削除 を使用して Virtual Machine Manager エージェントをアンインストールしてから 操作を再試行してください
  39. ComputerName; でユーザー %UserName; の記憶域プロバイダー %ProviderName; の登録に失敗しました エラー コードは %StorageErrorCode; です
  40. ComputerName; に正しい仮想化ソフトウェアをインストールするか 別のコンピューター名を入力してから 操作を再試行してください
  41. ComputerName; は VMM 管理サーバーです VMM 管理サーバーを別の VMM 管理サーバーに関連付けることはできません
  42. ComputerName; は 既に別の VMM 管理サーバーに関連付けられています 1 台のコンピューターに一度に関連付けられるのは 1 台の VMM 管理サーバーのみです
  43. ComputerName;) 上のエージェント バージョンは Virtual Machine Manager と互換性のないスキーマ バージョンが含まれています このエージェントは更新できません
  44. Consistent Device Naming (CDN) を使用すると オペレーティング システムの展開プロセスで対象のネットワーク アダプターの場所の特定と識別が容易になります
  45. CPUCyclesReservePercent (%PercentageReserve;) の値は CPUCyclesLimitPercent (%Percentage;) の値以下にする必要があります
  46. CPUCyclesReservePercent の値が CPUCyclesLimitPercent の値以下であることを確認して コマンドを再実行してください
  47. Credential パラメーターを指定しなかったため Virtual Machine Manager P2V エージェントが コンピューター %ComputerName; から削除されませんでした
  48. DHCP サーバーが仮想スイッチで有効ではないため バーチャル マシン ネットワーク アダプターを仮想スイッチに接続できません
  49. DHCP サーバーの拡張機能がインストールされ 仮想スイッチで有効にされ ホストで動作していることを確認するか バーチャル マシンに静的 IP アドレスを使用してください
  50. DHCP 設定をホスト %ServerName; のホスト仮想ネットワーク アダプター (%Id;) に設定できません (WMI メソッド: %WMIMethodName; WMI エラー コード: %WMIErrorCode;)
  51. DHCP 設定を保存できませんでした DHCP サーバー アドレスは 有効な範囲内にありません DHCP サーバー アドレスは 最初の有効な IP アドレスと開始 IP アドレスの間である必要があります
  52. Disaster Recovery アダプターでは サーバー用に構成されている既定の設定を使用してインターネットに接続するか 別のプロキシ サーバーを指定できます
  53. Disaster Recovery アダプターのアップグレードには System Center 2012 Virtual Machine Manager SP1 Community Technology Preview 2 が必要です アップグレードを実行する前に ...
  54. Disaster Recovery アダプターのインストールには System Center 2012 Virtual Machine Manager SP1 Community Technology Preview 2 が必要です インストールの前に ...
  55. Disaster Recovery サービス ポータルからこの VMM のクラウドまたは VM で操作を一切実行できなくなりますが Disaster Recovery アダプターをアンインストールしても ポータルの Disaster Recovery ...
  56. Disaster Recovery サービスに登録するには サブスクリプションに組織 ID の資格情報を指定する必要があります インターネット接続が必要です
  57. DiskSizeAdd パラメーターの値を指定する場合は -VolumeDeviceID パラメーターの値も指定する必要があります
  58. DVD ドライブがバーチャル マシン %VMName; の SCSI バスに接続されています ホスト上の仮想化ソフトウェアでは IDE バスに接続されたデバイスのみがサポートされます
  59. DVD ドライブをバーチャル マシンに追加するか バス割り当てまたはボリューム選択を変更して IDE バスに領域を作成し 一時 DVD ドライブを作成してください
  60. ESX ホストは VMware VirtualCenter の Datacenter ノードに対応するホスト グループに存在する必要があります ルート ホスト グループが Datacenter ノードに対応していません
  61. FileName; のインポート中にエラーが発生したため %ObjectType; %FileName; を %ObjectType2; %ObjectName; に接続できませんでした
  62. FileName; のパスの長さが %MaxLength; 文字の長さの制限を超えているため ライブラリ リフレッシャーはファイルをスキップしました
  63. FileName; を Virtual Machine Manager 管理サーバーの "%FolderPath;" にコピーしてください このファイルは %OSName; (%Language;, %OSPlatform;) インストール ...
  64. Fixed パラメーターまたは -Dynamic パラメーターの値を指定する場合は -VolumeDeviceID パラメーターの値も指定する必要があります
  65. GatewayConnection の名前が正しいこと および GatewayConnection が Virtual Machine Manager 管理サーバーに存在することを確認してください
  66. GCE は 次のエラーで %ResourceName; リソースを正常に完了できませんでした: %DetailedErrorMessage; エラー コンテキスト: %Name; エラー コード: %ExitCode;
  67. Get-Help %CmdletName; -full と入力して 定義されているパラメーターと詳細な説明の一覧を表示します その後 操作を再試行してください
  68. Get-VMHostNetworkAdapter -VMHost (Get-VMHost -ComputerName %ComputerName;) を実行して 取得された一覧にアダプターがあることを確認してください
  69. Get-VMMServer コマンドレットまたは -VMMServer パラメーターを使用して Virtual Machine Manager 管理サーバーに接続します 詳細については コマンド プロンプトに Get-Help Get-VMMServer ...
  70. gpedit.msc を使用して 次のポリシーを参照します: コンピューターの構成 -> 管理用テンプレート -> システム -> 資格情報の委任 -> 新しい資格情報の委任を許可する ターゲット コンピューターに適した SPN が有効および構成されていることを確認してください ...
  71. HAVMPriority は フェールオーバー クラスター マネージャーで管理できる高可用バーチャル マシンでのみ変更できます %VMName; の操作は失敗しました
  72. HostClusterName; のノード %ComputerName; にクラウド %CloudName; の保護されたバーチャル マシン%VMName; が含まれ ホスト グループ %HostGroupName; がクラウド %CloudName; ...
  73. HostDrive パラメーターと -AnyHostDrive パラメーターは同時に指定できません -AnyHostDrive パラメーターか -HostDrive パラメーターのいずれかに値を指定できますが 同じ操作で両方のパラメーターに値を指定することはできません ...
  74. HTTP サービスまたはマシン %BITSServerName; 上のエージェントがインストールされ 実行されていること およ構成されているポートでファイアウォールが HTTP/HTTPS トラフィックをブロックしていないことを確認します
  75. HTTPS 証明書のサブジェクト名は必須です ロード バランサーのプロトコルに HTTPS 接尾辞を指定する場合は 空にしないでください