System Center Orchestrator 2012 R2

  1. HTTP POP3 SMTP FTP または DNS サーバーが使用可能かどうかを監視します 監視するサーバーの種類に応じて 特定のテストを実施することもできます
  2. HTTP POP3 SMTP FTP または DNS サーバーに関する情報を返します サーバーで特定のテストを実施したり 独自のテストを作成したりできます
  3. Management サーバーは Runbook と統合パックを Runbook サーバーと Runbook Designer に展開します また Orchestrator のすべてのコンポーネントを結ぶ通信リンクとして機能します
  4. Microsoft Exchange を使用して電子メールを直接送信します さまざまな受取人を指定でき ファイルも複数添付できます
  5. Microsoft System Center Orchestrator がないか無効です License Manager ユーティリティを使用して ライセンスを構成してください
  6. Microsoft Update には Windows および System Center Orchestrator を含む Microsoft ソフトウェアのセキュリティ更新プログラムや重要な更新プログラムが公開されます 自動更新機能を使用して更新プログラムが自動的に配信されるようにすることも ...
  7. Orchestration コンソールとOrchestrator Web サービスで構成されています Orchestration コンソールは ブラウザーを使って Runbook の動作と状態をリアルタイムで監視および制御するためのインターフェイスです ...
  8. Orchestration コンソールのデータ ストア構成ユーティリティを実行中にエラーが発生しました 問題を解決してから ユーティリティを実行し直してください 発生したエラーは 次のとおりです
  9. Orchestrator Management Server %1 に接続されました ただし このコンピューターはローカルにないので クエリしか実行できません
  10. Orchestrator Management Server と統合パック %1 の登録を解除しようとしています 登録を解除しても 統合パックや修正プログラムはアンインストールされません 手動で削除する必要があります
  11. Orchestrator Management Server と通信中にエラーが発生しました データベースが正しく初期化されていることと Orchestrator Management Server で データベースの適切なアクセス許可が構成されていることを確認してください ...
  12. Orchestrator Management Service を使用できないか Orchestration コンソールの URL が構成されていません URL を構成するには オプション Orchestration コンソール の順に選択して ...
  13. Orchestrator Runbook Service がデータベース サーバーに接続できません データベース サーバーの状態を確認してください 問題が引き続き発生する場合は テクニカル サポートに問い合わせてください
  14. Orchestrator データベースのデータベース サーバー インスタンス名 ポート番号を指定してください データベース インスタンスの適切なアクセス許可が必要です データベースのアクセス許可の詳細については Orchestrator 展開ガイド ...
  15. Runbook '%1%' の実行を続行するには リソースが不足しています ただし 実行が中止されたわけではないので モニターによってトリガーされたイベントは失われていません 十分なリソースを使用できるようになったら 実行が再開されます
  16. Runbook '%1' はパイプライン モードですが 次の活動の 1 つが含まれています: 電子メールのフィルター Exchange 電子メールのフィルター 電子メールの処理 Exchange 電子メールの処理 電子メールの読み取り Exchange ...
  17. Runbook '%1' を開始できません 指定されたアカウントに Runbook を呼び出す権限がない可能性があります 必要な権限を付与するには このアカウントを Orchestrator システム グループに追加してください
  18. Runbook Designer と Deployment Manager にアクセスできるようにするグループを選択してください ローカル グループを指定することもできますが 中央で管理できるように Active Directory グループを選択することをお勧めします ...
  19. Runbook Designer の展開場所と指定されたオプションの情報は次のとおりです
  20. Runbook Tester がポリシーを起動しませんでした モニター オブジェクトを含む Runbook を待機して ポリシーを起動することはできません
  21. Runbook には 次の活動の 1 つが含まれています: 電子メールのフィルター Exchange 電子メールのフィルター 電子メールの処理 Exchange 電子メールの処理 電子メールの読み取り Exchange 電子メールの読み取り ...
  22. Runbook の作成 変更 テスト アクティブ化を行えます Runbook のテスト用コンソールが付属しています
  23. Runbook の実行とリモート システム リソースへのアクセスに使用するユーザー アカウントを入力してください このアカウントは "サービスとしてログオン" 権限が有効になっている必要があります この権限が有効になっていない場合は Orchestrator ...
  24. Runbook の要求 %1% (Runbook '%2%' 対象の Runbook サーバー: %3%) が作成されましたが 実行されていません %4% この Runbook に割り当てられている Runbook サーバーの状態を確認してください ...
  25. Runbook を開始すると Runbook を手動でトリガーすることになります この方法は テスト用に使用してください モニター活動を含んでいない Runbook は 1 回だけ実行されて止まります モニター活動を含む Runbook は ...
  26. Runbook サーバーが 固有な ID '%1%' の Runbook を公開しませんでした Runbook のトリガーは モニター オブジェクトを含む Runbook を待機することはできません
  27. Runbook サーバーがデータベースにアクセスするときに何度もエラーが発生しています データベース サーバーの状態を確認してください 問題が引き続き発生する場合は テクニカル サポートに問い合わせてください
  28. Runbook サーバーで実行している Runbook の数が この Runbook サーバー (%1%) で実行可能な最大数に近づいています
  29. Runbook サーバーに指定されたユーザー アカウントに "サービスとしてログオン" 権限が付与されていません 正しい権限のあるユーザー アカウントを指定するか 指定したアカウントに権限を付与してください
  30. Runbook サーバーの展開場所と指定されたオプションの情報は次のとおりです
  31. Runbook サーバーを少なくとも 1 台展開しないと Runbook を処理することはできません 今すぐ Runbook サーバーを展開しますか?
  32. Runbook フォルダー '%1' は既に存在します 既存の Runbook フォルダーを上書きしますか? 新しい Runbook フォルダーを作成する場合は いいえ を選択してください
  33. s に接続できません コンピューターが使用可能になってから監視を開始します コンピューターが使用可能かどうかを 15 秒おきに確認します
  34. SMTP 対応のメール サーバーから SMTP 電子メールを送信します (SMTP サーバー または POP3 サーバーに送信できます) さまざな受取人を指定でき ファイルも複数添付できます
  35. SMTP 対応のメール サーバーから SMTP 電子メールを送信します (SMTP サーバー または POP3 サーバーに送信できます) さまざまな受取人を指定でき ファイルも複数添付できます
  36. SSH サーバーとの接続に必要なパラメーターを指定します SSH-1 と SSH-2 の両方がサポートされていますが SSH-2 の方が安全です ( Orchestrator セキュリティ ガイド を参照してください)
  37. SSH サーバーを実行しているリモート コンピューターで単一のコマンド またはコマンドのセットを実行します
  38. Syslog メッセージの送信活動で使用する Syslog サーバー メッセージのテキスト 優先度 ファシリティを定義します
  39. System Center 2012 Orchestrator Management Server のインストールに必要なロジックとデータが含まれています
  40. System Center 2012 Orchestrator Runbook Designer のインストールに必要なロジックとデータが含まれています
  41. System Center 2012 Orchestrator のライセンスの期限が切れているか無効です 有効なライセンスを取得するには http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=226040 の説明に従ってください ...
  42. System Center 2012 R2 Orchestrator のコンポーネントによっては Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 をインストールしなければならない場合があります 詳細については ...
  43. System Center Orchestrator Management server をインストールできるのは Windows 2008 R2 オペレーティング システムを実行しているコンピューターのみです
  44. System Center Orchestrator Runbook server をインストールできるのは Windows 2008 R2 オペレーティング システムを実行しているコンピューターのみです
  45. System Center Orchestrator Web Features をインストールできるのは オペレーティング システム Windows 2008 R2 が実行されているコンピューターのみです
  46. System Center Orchestrator データ ストアを Orchestrator Management Server と同じバージョンにアップグレードしないと Deployment Manager を使用することはできません ...
  47. Web サービスをインストールするローカル コンピューターの使用可能なポートを選択してください このポート番号は Web サービス アプリケーションをホストするインターネット インフォメーション サービス (IIS) に新しい Web サイトを作成するために使用されます ...
  48. Windows Management Instrumentation (WMI) 自体に関係のあるイベント このイベントを使用することにより 監視能力が向上し サーバーの非常に細かな動作も監視できます そのため ジョブをいつ開始するかを決める選択肢も広がります ...
  49. Windows Management Instrumentation (WMI) 自体に関係のあるオブジェクト 操作の自動化機能をさらに向上します ローカルとリモートのどちらのコンピューターでも WMI クエリを実行でき どのようなデータ クエリやスキーマ ...
  50. Windows Management Instrumentation (WMI) 自体を照会することにより 処理の自動化機能をさらに向上します ローカルとリモートのどちらのコンピューターでも WMI クエリを実行でき どのようなデータ クエリやスキーマ ...
  51. Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター および SQL Server 2008 R2 のローカルまたはリモート インスタンスへのアクセス (Orchestrator のシステム要件を確認する)
  52. Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター インターネット インフォメーション サービス (IIS) の役割 および SQL Server 2008 R2 のローカルまたはリモート インスタンスへのアクセス
  53. Windows イベント ログ (システムやアプリケーションで発生した重要なイベントが記録される場所) を監視します
  54. Windows イベント ログ (システムやアプリケーションで発生した重要なイベントが記録される場所) を監視します イベント ログ イベントには "イベント ログの監視" と "イベント ログの容量の監視" という 2 種類のオブジェクトがあります ...
  55. Windows システム レジストリを操作します キーの作成 値の作成 レジストリ ファイルのインポート レジストリ ファイルのエクスポート 値の更新 キーの削除 値の削除を行えます
  56. XML 要求のペイロードが Web サービスのメソッドのパラメーターの数と一致しません 文字列が有効な XML かどうかを確認してください
  57. XML 要求のペイロードは どの Web サービス メソッドのパラメーターの数とも一致しません 文字列が有効な XML かどうかを確認してください - {0}
  58. かかってきた電話を受信するイベント 特定の電話回線に着信したときにイベントがトリガーされます 通常 テレフォニー機能を使う操作を自動化したり 遠隔地とやり取りしたりするために 他の通信活動と共に使用します
  59. ここで指定した活動 ID が varbind にある活動と比較され 一致した場合は変数のバインドが公開されます
  60. このウィザードでは 統合パックまたは修正プログラムをローカルの Orchestrator Management Server に登録する次の手順を順番に説明していきます:
  61. このオペレーティング システムは Orchestrator をサポートしていません サポートされているオペレーティング システムについては Orchestrator のシステム要件を確認してください
  62. このコンピュータのシステム時刻が変更されました このスケジュールを変更する場合は このダイアログを閉じてから再び開いてください
  63. このコンピュータの地域の設定が変更されました 新しい設定に合うようにスケジュールをすべて変更するか 地域の設定を元に戻してください 新しい設定を使用する場合は スケジュール ボックスの キャンセル をクリックしてからもう一度開き スケジュール設定を設定し直してください ...
  64. このコンピューターには Opalis 6.3 がインストールされています System Center 2012 Orchestrator のインストールを続行するには Opalis 6.3 をアンインストールしてからセットアップを実行し直してください ...
  65. このコンピューターには 既にコンポーネントが 1 つまたは複数インストールされています 下のスタンドアロン インストールを使用して特定のコンポーネントをインストールしてください
  66. このコンピューターのオペレーティング システムをアップグレードするか システム要件を満たすオペレーティング システムが実行されているコンピューターに System Center Orchestrator をインストールしてください
  67. このソフトウェアには サード パーティによって開発された要素が含まれています 各要素の著作権については 管理者ガイド に記載されている著作権情報を参照してください
  68. このフォルダーには 現在実行中の Runbook が含まれています このフォルダーとサブフォルダーにある実行中の Runbook をすべて停止してから もう一度やり直してください
  69. この活動のプロパティを表示できません 活動がインストールされていないか Opalis v4 の構成から変換されていない可能性があります
  70. この製品は 日本国著作権法および国際条約により保護されています この製品の全部または一部を無断で複製したり 無断で複製物を頒布すると 著作権の侵害となりますのでご注意ください
  71. これはフォルダーです 他のオブジェクトが保存されている可能性があります このフォルダーと保存されているオブジェクトを削除しますか?
  72. すべてのユーザー ライセンスが使用されています 他のユーザーが Orchestrator Management Server との接続を切断するのを待ってください ユーザー ライセンスの追加購入については Microsoft に問い合わせてください ...
  73. の Orchestrator Runbook Service が実行されていません Runbook サーバーの状態を確認してから Orchestrator Runbook Service を再開してください 問題が引き続き発生する場合は テクニカル ...
  74. の実行完了までに %1% 秒以上かかった場合は このプラットフォーム イベントを生成するように指定されています %2% の実行に この時間より長い時間かかっています
  75. アクセスが拒否されました ローカル管理者グループを使用してアクセス許可を管理している場合は 管理者として実行 を選択してから Runbook Designer を起動しなければならない可能性があります