SQL Server 2000

  1. EventLoader オブジェクトに指定されたイベント スキーマが無効です イベント スキーマは単一の urn:schemas-microsoft-com:mapping-schema:relation ノードを保持している必要があります ...
  2. InstallShield(R) ウィザードでは 指定したネットワーク上の場所に[ProductName]のサーバー イメージを作成します 続行するには 次へ をクリックしてください
  3. Interval パラメータが無効です Interval パラメータは XML 期間のデータ型に準拠した期間の値で指定する必要があります たとえば "PT5M" です
  4. MSGothic9}InstallShield(R) ウィザードは 中断していた ProductName のインストールを完了しました \[]次へ[\ をクリックして 続行してください
  5. MSGothic9}[ProductName セットアップは プログラム セットアップの手順をご案内する InstallShield ウィザードを準備中です しばらくお待ちください
  6. MSGothic9}この機能は ハード ドライブ上の 1 を解放します 2 / 3 のサブ機能が選択されています サブ機能は ハード ドライブ上の 4 を解放します
  7. MSGothic9}この機能は ハード ドライブ上の 1 を解放します 2 / 3 のサブ機能が選択されています サブ機能をインストールするには 4 が必要です
  8. MSGothic9}この機能をインストールするには ハード ドライブ上に 1 が必要です 2 / 3 のサブ機能が選択されています サブ機能には ハード ドライブ上に 4 が必要です
  9. MSGothic9}この機能をインストールするには ハード ドライブ上に 1 が必要です 2 / 3 のサブ機能が選択されています サブ機能は ハード ドライブ上の 4 を解放します
  10. MSGothic9}インストールしたコンポーネントをシステムに保存して後でこのインストールを続行するか あるいはインストールを実行する前の状態に復元することができます
  11. MSGothic9}インストールするプログラム機能を変更します このオプションでは \[]カスタム[\ ダイアログ ボックスを使ってインストールするプログラム機能を変更することができます
  12. MSGothic9}ネットワーク ロケーションを入力するか あるいは \[]変更[\ をクリックしてロケーションを参照してください \[]インストール[\ をクリックすると 指定したネットワーク ロケーションに ProductName のサーバー ...
  13. MSGothic9}プログラムで必要とするバージョンの異なるすべてのファイル およびすべてのレジストリ エントリとショートカットを再インストールします
  14. MSGothic9}強調表示されているボリュームには 選択した機能をインストールするために十分なディスク空き領域がありません ボリュームからファイルを削除してディスク領域を確保するか ローカル ディスクにインストールする機能を削減してください ...
  15. MSGothic9}強調表示されているボリュームには 選択した機能をインストールするために十分なディスク空き領域がありません ボリュームからファイルを削除してディスク領域を確保するか ローカル ディスクにインストールする機能を削減してください ...
  16. MSGothic9}機能名の隣にあるアイコンは 機能のインストール状態を示しています アイコンをクリックして 各機能の \[]インストール状態[\ メニューをドロップダウンしてください
  17. MSGothic9}次のアプリケーションが このセットアップで更新する必要のあるファイルを使用しています これらのアプリケーションを閉じてから \[]再試行[\ をクリックして続行してください
  18. Notification Services Standard Edition を使用している場合 イベント プロバイダ ジェネレータ およびディストリビュータは単一の SQL Server インスタンス上で実行されている必要があります
  19. Notification Services Windows サービスは停止されていないので Notification Services Windows サービスを削除できませんでした コントロール パネルでサービスを停止するか または "net ...
  20. Notification Services Windows サービスは現在実行中なので インストールできません コントロール パネル の サービス を使用するか または "net stop" コマンドを使用してサービスを停止してください
  21. Notification Services のレジストリ ツリーは作成されませんでした Notification Services を再インストールするか またはインストールの修復を行ってください
  22. Notification Services は NSVacuumState テーブルから Vacuumer システム名を取得できませんでした Vacuumer はローカル システムで実行されません
  23. Notification Services は イベント プロバイダアセンブリを見つけられませんでした ADF (アプリケーション定義ファイル) でイベント プロバイダのパスが正しいことを確認してください
  24. Notification Services は 指定したイベント プロバイダの 1 つ以上の従属関係を特定できませんでした イベント プロバイダが正しくインストールされているか確認してください
  25. NotificationClass の ExpirationAge が無効です ExpirationAge は XML 期間のデータ型に準拠した負でない期間の値で指定する必要があります
  26. PRIMARY ファイル グループの指定が見つかりませんでした ファイル グループを指定する場合 1 つのファイル グループの名前を "PRIMARY" に設定する必要があります
  27. Vacuumer ストアド プロシージャを実行中にエラーが発生しました ストアド プロシージャを実行してデータの削除プロセスを完了してください
  28. Windows Installer サービスでは 保護された Windows ファイル 2 をアップデートすることはできません {パッケージ バージョン: 3 Windows によって保護されたバージョン: 4 SFP エラー: 5]}"
  29. Windows Installer サービスは システム ファイル 2 をアップデートできません このファイルは Windows によって保護されています このプログラムを正しく動作させるには オペレーティング システムをアップデートする必要がある可能性があります ...
  30. お使いのコンピュータを直前の状態に復元するために必要なファイルの一部が見つかりませんでした 復元することはできません
  31. このアプリケーションのパフォーマンス カウンタを更新中にエラーが発生しました カウンタが最新ではない可能性があります 次のパフォーマンス クエリ間隔でカウンタを更新する必要があります
  32. このエディションの SQL Server はサポートされていません Notification Services では SQL Server Standard Edition Developer Edition または Enterprise Edition ...
  33. このコンピュータにある InstallScript エンジンは このセットアップ゚を実行するのに必要なバージョンより古いものです 最新バージョンの ISScript.msi がある場合はそれをインストールし ない場合はサポート担当者にお問い合わせください ...
  34. このコンピュータには InstallScript エンジンがありません ISScript.msi がある場合はそれを実行し ない場合はサポート担当者にお問い合わせください
  35. このコンピューターには コンポーネント サービス (COM+ 1.0) が正しくインストールされていません 現在のインストールを完了するには コンポーネント サービスが必要です コンポーネント サービスは Windows 2000 に付属しています ...
  36. このコンピューターの全ユーザー用にアプリケーションをインストールする権限がありません 管理者としてログオンしてから インストールし直してください
  37. この製品のインストールは現在進行中です 続行するには インストールによって行われた変更を取り消す必要があります これらの変更を取り消しますか?
  38. に対する設定変更を有効にするには システムを再起動する必要があります すぐに再起動する場合は \[]はい[\ を 後で手動で再起動する場合は \[]いいえ[\ をクリックしてください
  39. のインストールは現在中断されています このまま継続するには インストールによって行われた変更を取り消す必要があります これらの変更を取り消しますか?
  40. の構成を続行するには システムを再起動する必要があります すぐに再起動する場合は はい を 後で再起動する場合は いいえ をクリックしてください
  41. アクティベーションの状態キャッシュの更新に連続で失敗しました アプリケーションまたはアプリケーションのコンポーネントは enable コマンドと disable コマンドに対して正常に応答しない可能性があります
  42. アプリケーション ジェネレータが有効なので ストアド プロシージャを実行できませんでした このストアド プロシージャを使用する前に アプリケーションのジェネレータを無効にしてください
  43. アプリケーションが起動されてから アプリケーションに追加されたサブスクリプションの総数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  44. アプリケーションが起動されてから 受信したイベントの総数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  45. アプリケーションが起動されてから 正常に配布された通知の総数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  46. アプリケーションが起動されてから 正常に配布された通知バッチの総数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  47. アプリケーションが起動されてから 送信したイベント バッチの総数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  48. アプリケーションが起動されてから 配布処理に失敗した通知の数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  49. アプリケーションが起動されてから 配布処理に失敗した通知バッチの数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  50. アプリケーション名が無効です アプリケーション名に次の文字を使用できません: 左角かっこ ([) 右角かっこ (]) 二重引用符 (") 単一引用符 (') 円記号 (\) スラッシュ (/)
  51. イベント プロバイダ アセンブリが無効です ADF (アプリケーション定義ファイル) で指定されている名前が正しいことを確認してください
  52. イベントの一括送信機能を使用するには SQLXML Bulkload をインストールする必要があります SQLXML をインストールし 再度セットアップを実行してこの機能をインストールしてください
  53. イベント記録 (またはイベント記録 Transact-SQL ステートメント) をアプリケーション データベースのイベント記録のテーブルに追加できませんでした
  54. インスタンスが起動されてから 追加されたサブスクライバの総数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  55. インスタンスで有効になっているサブスクライバの数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  56. インスタンスで無効になっているサブスクライバの数 アプリケーションが有効な場合 このカウンタは定期的に更新されます
  57. インスタンス名が無効です インスタンス名に次の文字を使用できません: 左角かっこ ([) 右角かっこ (]) 二重引用符 (") 単一引用符 (') 円記号 (\) スラッシュ (/)
  58. インストーラにはディレクトリ 2 にアクセスするための十分な特権がありません インストールを続行できません 管理者としてログオンするか またはシステム管理者に問い合わせてください
  59. インストール情報をディスクに書き込み中にエラーが発生しました 十分なディスク領域があることを確認してから \[]再試行[\ をクリックして継続するか または \[]キャンセル[\ をクリックしてインストールを中止してください
  60. エンジン コンポーネントの機能とクライアント コンポーネントの機能を使用するには Microsoft .Net Framework をインストールする必要があります Microsoft .Net Framework をインストールし 再度セットアップを実行してこれらの機能をインストールしてください ...
  61. エンジン コンポーネントの機能とクライアント コンポーネントの機能を使用するには Windows 2000 Service Pack 2 以降が必要です オペレーティング システムをアップグレードし 再度セットアップを実行してこれらの機能をインストールしてください ...
  62. エンジン コンポーネントの機能を使用するには SQLXML Bulkload をインストールする必要があります SQLXML をインストールし 再度セットアップを実行してこの機能をインストールしてください
  63. キー 2 に対するサブ キーの名前を取得できませんでした { システム エラー 3 です } キーへの十分なアクセス権があるか確認してください またはサポート担当者に問い合わせてください
  64. キー 2 に対するセキュリティ情報が読み取れませんでした { システム エラー 3 } そのキーへの十分なアクセス権を持っているかどうかを確認するか またはサポート担当者へお問い合わせください
  65. キー 2 に対する値の名前を取得できませんでした { システム エラー 3 } そのキーへの十分なアクセスがあることを確認するか またはサポート担当者に問い合わせてください
  66. キー 2 を作成できませんでした { システム エラー 3 } このキーへのアクセス権があることを確認するか サポート担当者に問い合わせてください
  67. キー 2 を削除できませんでした { システム エラー 3 } このキーに対する十分なアクセス権を持っていか確認してください または サポート担当者に問い合わせてください
  68. キー 2 を開くことができませんでした { システム エラー 3 } このキーに対する十分なアクセス権を持っているか確認してください または サポート担当者に問い合わせてください
  69. キー 3 から 値 2 を削除できませんでした { システム エラー 4 } このキーへの十分なアクセス許可があるか確認してください またはサポート担当者に問い合わせてください
  70. キー 3 から 値 2 を読み取れませんでした { システム エラー 4 } このキーへの十分なアクセス許可があるか確認してください またはサポート担当者に問い合わせてください
  71. キー 3 に値 2 を書き込めませんでした { システム エラー 4 } このキーに対する十分なアクセス権を持っているか確認してください または サポート担当者に問い合わせてください
  72. クォンタム エントリを初期化するためにクォンタムの詳細が要求されました これらのエントリは ある特定の時刻にジェネレータのクォンタム クロックをリセットします
  73. クォンタムの終了時刻が 現在の現在のクロック タイムよりも後の時刻に設定されています Notification Services は 今後発生するイベントを処理できません
  74. クラス名が無効です クラス名に次の文字を使用できません: 左角かっこ ([) 右角かっこ (]) 二重引用符 (") 単一引用符 (') 円記号 (\) スラッシュ (/)
  75. コマンド ライン パラメータは 修飾子の値を受け取りません パラメータを指定する形式は "- " です 後続の値はありません