Intune

  1. Active Directory のセキュリティ グループのうち このポリシーの適用を除外するものを選択します (この設定は 対象グループの一覧の設定より優先されます)
  2. Active Directory の上司を 1 人以上選択してリストに追加してください グループのメンバーに 選択した上司に基づくフィルターが適用されます
  3. Active Directory セキュリティ グループを 1 つ以上選択してリストに追加してください グループのメンバーに 選択したセキュリティ グループに基づくフィルターが適用されます
  4. Active Directory ドメインを 1 つ以上選択してリストに追加してください グループのメンバーに 選択したドメインに基づくフィルターが適用されます
  5. Active Directory 同期をアクティブ化すると お客様のローカルの Active Directory から %BRAND_OFFICE_365% にユーザー セキュリティ グループ およびその他のオブジェクトを自動的にコピーすることができます ...
  6. AD FS でのみ多要素認証を構成した場合には 内部設置型とクラウドのサービスすべてに多要素認証が必要になります Microsoft Intune の登録プロセスでのみ多要素認証が必要である場合には 以下で多要素認証を有効にできます 多要素認証を有効にすると ...
  7. AIS を利用してエンタープライズのコンピューターを管理する方法の詳細については System Center Online Services TechCenter サイトを参照してください
  8. AIS サービスに新機能と拡張機能が追加されました これらの新機能をご利用いただくため お使いの AIS アカウントはまもなくアップグレードされます アカウントおよび展開済みの AIS クライアントは自動的にアップグレードされますので 特別な操作を実行する必要はありません ...
  9. Android を実行しているデバイスにこの設定をデプロイした場合には デバイスがキオスク モードでロックされます キオスク ポリシーは キオスク モードで使用するデバイスを管理するバルク管理者ユーザーにのみデプロイするようにしてください このページの設定を構成するには ...
  10. Android を実行しているデバイスにこの設定を展開した場合には デバイスがキオスク モードでロックされます キオスク ポリシーは キオスク モードで使用するデバイスを管理するバルク管理者ユーザーにのみ展開するようにしてください このページの設定を構成するには ...
  11. APNS 証明書が指定されていないか 期限切れになっているか 失効しています APNS 証明書を構成してから登録プロファイルをエクスポートしてください
  12. APNs 証明書の有効期限が間もなく切れ Microsoft Intune を使用して iOS デバイスを登録または管理できなくなります
  13. APNs 証明書の有効期限は 1 年です 期限が切れた後は 更新した証明書を Microsoft Intune にアップロードしないと 登録済み iOS デバイスを管理することはできません
  14. APNs 証明書は次の日付で期限が切れています: {0} APNs 証明書の有効期限が切れると Microsoft Intune を使用して iOS デバイスを登録または管理できなくなります 管理 ワークスペースを開いた後 モバイル デバイス管理のセットアップ ...
  15. APNs 証明書は次の日付で期限が切れています: {0} 今後 Microsoft Intune を使用して iOS デバイスを登録または管理できません 管理 ワークスペースを開いた後 モバイル デバイス管理のセットアップ をクリックし iOS ...
  16. APNs 証明書を作成したときと同じ Apple ID を使って Apple Push Certificates Portal で APNs 証明書を更新します
  17. APNs 証明書を削除すると Microsoft Intune に iOS デバイスを登録して管理できなくなります 注意: 登録済みの iOS デバイスは Microsoft Intune に表示されたままになります この一覧は更新されません ...
  18. Apple VPP アカウント "{0}" を Microsoft Intune と恒久的に関連付けようとしています これが完了すると (別の組織の) 別の VPP アカウントとこの Microsoft Intune アカウントを関連付けることができなくなります ...
  19. Apple VPP トークンが期限切れになっています 有効なトークンがないと VPP アプリを展開できません 有効なトークンをアップロードしてから もう一度やり直してください
  20. Apple VPP トークンが期限切れになっています 有効なトークンがないと VPP アプリを展開できません 有効なトークンをアップロードしてから もう一度やり直してください
  21. Apple サイトで APNs 証明書を作成するには 電子メール アカウントに関連付けられている 会社の Apple ID を使用する必要があります アカウントを作成したユーザーが退社しても会社に残るアカウントを使ってください
  22. Apple デバイス登録プログラム ポータルで DEP トークンの作成時に使用したものと同じ会社用 Apple ID を使用し DEP トークンを更新します
  23. Apple デバイス登録プログラム ポータルで 最初の手順で作成したトークン暗号化キーを使用して DEP トークンを作成します 会社の Apple ID は 電子メール アカウントと関連付けられたものを使用します ただし その電子メール アカウントは ...
  24. Apple デバイス登録プログラムで同期されるデバイスはすべて サポート対象の登録プロファイルに関連付ける必要があります プロファイルがデバイス登録プログラム デバイスをサポートしていない場合 そのプロファイルを既定として設定することはできません ...
  25. Azure Active Directory Basic エディションは クラウド ファーストのニーズを持つタスク ワーカーのアプリケーション アクセスとセルフサービスによる ID 管理の要件に対応します Azure Active Directory ...
  26. Azure Multi-Factor Authentication は 追加の認証レイヤーを提供することで オンプレミスおよびクラウド上のアプリケーションに安全にアクセスできるようにします
  27. BRAND_BLACKBERRY_SHORT% を削除すると %BRAND_RIM% による %BRAND_OFFICE_365_SHORT% アカウントへのアクセスが削除され 会社の %BRAND_BLACKBERRY_SHORT% が無効になります ...
  28. BRAND_LYNC_ONLINE% の DNS 設定が正常に構成されていません 以下のレコードをドメイン レジストラーの DNS 設定で追加してください
  29. BRAND_LYNC_ONLINE% をご利用いただくためのサービス提供の準備が完了していません 1 時間たってから もう一度やり直してください 問題が解決しない場合は サポートにお問い合わせください
  30. BRAND_OFFICE_365_SHORT% で新しいユーザーを作成します これらのユーザーは新しい ユーザー ID を使用してサインインし %BRAND_OFFICE_365_SHORT% サービスにアクセスします
  31. BRAND_OFFICE_365_SHORT% と連動する携帯電話は Windows Phone Apple iPhone Android 端末 および BlackBerry デバイスです
  32. BRAND_ONLINE_SERVICES% では アンケートやプロモーション 製品とサービスの利用のヒントなどの便利な情報をお知らせします この情報受信の登録は いつでも取り消すことができます 通信方法のオプションの詳細については プライバシーに関する声明 ...
  33. BRAND_ONLINE_SERVICES% では 製品およびサービスを最大限にご活用いただくために 便利な利用方法やヒントをお知らせします いつでも購読を解除できます コミュニケーションのオプションの詳細については プライバシーに関する声明 ...
  34. BRAND_ONLINE_SERVICES% では 製品とサービスの利用のヒントなどの便利な情報をお知らせします この情報受信の登録は いつでも取り消すことができます 通信方法のオプションの詳細については プライバシーに関する声明 を参照してください ...
  35. BRAND_ONLINE_SERVICES% の新しいバージョンの公開準備を進めています %BRAND_ONLINE_SERVICES% にサインアップするには 数日中にもう一度ここにアクセスしてください
  36. BRAND_ONLINE_SERVICES_DYNAMIC% と連動するようにドメインを構成するには 下の DNS レコードの構成 をクリックします 後でこの手順に戻るには 閉じる をクリックします
  37. BRAND_RIM% の %BRAND_BLACKBERRY_SHORT% を有効にしてセットアップすると BlackBerry スマートフォンのユーザーがより高度に統合された環境で Exchange Online を使用できます
  38. BRAND_RIM_SHORT% によるアカウントへのアクセスを承認した場合 %BRAND_RIM_SHORT% はお客様の Exchange Online データに対してフル アクセスが可能になります Microsoft は %BRAND_RIM_SHORT% ...
  39. BRAND_RIM_SHORT% の Web サイトで %BRAND_BLACKBERRY_SHORT% にサインアップすると %BRAND_OFFICE_365_SHORT% の管理者ページにリダイレクトされます そこでユーザーの %BRAND_BLACKBERRY_SHORT% ...
  40. CollectionConfigurationProperty の新しい値は 要素の Dictionary ですが Dictionary エントリにはインデックスが適切に作成されていません 各 Dictionary エントリのキーは エンティティの値の序数インデックスである必要があります ...
  41. CSV ファイルには 3 個の列が含まれている必要があります 添付の CSV ファイルに含まれている列の数は正しくありません 有効な CSV ファイルの例については ヘルプ文書を参照してください
  42. CSV ファイル内に無効な文字が含まれています CSV ファイルには ASCII 文字しか含めることができません 次の文字は使用できません: ~!@#$^*()=+[]{}\|;:'"<>/
  43. DEP から同期されるデバイスはすべて 登録プロファイルに関連付ける必要があります 既定のプロファイルで DEP を有効に設定してください
  44. DEP トークンは 1 年に 1 回期限切れになります トークンが期限切れになると 新しい DEP トークンを Microsoft Intune にアップロードするまで デバイス登録プログラムで iOS デバイスを同期できなくなります
  45. DEP トークンを削除すると Apple デバイス登録プログラムから iOS デバイスを Microsoft Intune に同期できなくなります
  46. DNS はレジストラーで正しく設定されているようです 変更が完全に適用されていないか お客様の以前の DNS プロバイダーがまだ変更を行っていない可能性があります 変更してから十分に時間が経過している場合は サポート ページ でヘルプを確認してください ...
  47. DNS への変更にはしばらく時間がかかることがあります 以下に表示されている値をネーム サーバー レコードに正しく設定済みの場合は 変更が有効になるまで しばらくお待ちください 値を設定していなかったり 変更に誤りがあった場合は 以下のセクションで詳細情報を確認してください ...
  48. DNS レコードへの変更が有効になるまで 最大 72 時間かかることがあります これらのレコードをもう一度表示するには: ドメインのページで ドメインの一覧からドメインを選択します DNS レコード タブで レコードを探します
  49. DNS レコードを設定しない場合は 次のサーバー アドレスを登録時に使用するようにユーザーに指示してください: enterpriseenrollment.manage.microsoft.com
  50. Dynamics CRM Online を使用するには ライセンスを付与しているユーザーが必要です 左側のペインで {0} をクリックして 既存のユーザーにライセンスを割り当てるか 新しいユーザーにライセンスを追加します
  51. Endpoint Protection が 感染したリソースを除去しました Microsoft マルウェア対応センターで このマルウェアを手動で削除する方法を確認してから 推奨フォローアップを実行し コンピューターのフル システム スキャンを実行することをお勧めします ...
  52. Endpoint Protection が 感染したリソースを除去しました コンピューターでフル システムスキャンを実行して 完全に除去されたことを確認してください フル システム スキャンを実行すると この状態は自動的にクリアされます
  53. Endpoint Protection が 感染したリソースを除去しようとしましたが 除去プロセスを完了するには コンピューターを再起動する必要があります コンピューターを再起動すると この状態が自動的にクリアされます
  54. Endpoint Protection は 報告時点ではマルウェアに対する処置を行っていません 感染したリソースが除去されると この状態は自動的にクリアされます
  55. Endpoint Protection は 感染したリソースを除去できませんでした Microsoft マルウェア対応センターで このマルウェアを手動で削除する方法を確認することをお勧めします
  56. Endpoint Protection エンジンが使用できないか Endpoint Protection が無効になっているため 保護されていないコンピューター
  57. Endpoint Protection エンジンが使用できないか Endpoint Protection が無効になっているため 保護されていないデバイス
  58. Endpoint Protection エンジンが使用できないか 保護されていないコンピューターで Endpoint Protection が無効になっていないかどうかを確認し 必要に応じて これらの問題を解決してください
  59. EU データベースによると この VAT 番号は無効です このメッセージが間違っていると思われる場合は お住まいの国の VAT の管轄官庁にお問い合わせください
  60. Exchange Connector が 1 つまたは複数の Active Directory サイトのいずれの Exchange クライアント アクセス サーバーにもアクセスできません これらのサイトのメールボックスに関連付けられたモバイル ...
  61. Exchange Connector が 1 つまたは複数の Active Directory サイトのいずれの Exchange クライアント アクセス サーバーにもアクセスできません これらのサイトのメールボックスに関連付けられたモバイル ...
  62. Exchange Connector が 次の Active Directory サイトのいずれの Exchange クライアント アクセス サーバーにもアクセスできません: {0} これらのサイトのメールボックスに関連付けられたモバイル デバイスは ...
  63. Exchange Connector がサービスに接続しない状態が 30 分以上続いたため モバイル デバイス管理を利用できなくなりました
  64. Exchange Connector が次のクライアント アクセス サーバーに接続できないため モバイル デバイス管理を利用できません: {0}
  65. Exchange Connector でエラーが発生したため モバイル デバイスの管理タスクを実行できませんでした 内部設置型 Exchange Connector の場合 {0} コンピューターでエラーが発生しました Service to ...
  66. Exchange On-premises に対するアクセスを制御するには 指定したユーザー グループで Microsoft Intune が管理していないデバイスからのアクセスをブロックするためのルールを有効にします
  67. Exchange Online に対するアクセスを制御するには 指定した Active Directory のセキュリティ グループで ポリシーに準拠していないデバイスや Microsoft Intune が管理していないデバイスからのアクセスをブロックするためのルールを有効にします ...
  68. Exchange Online のメールボックスまたはアーカイブを保持するには 1 人以上のユーザーにライセンスが割り当てられている必要があります 新しいビューを作成して Exchange のメールボックスまたはアーカイブはあるがライセンスがないユーザー ...
  69. Exchange に接続するモバイル デバイスを登録して管理するには Exchange 環境との接続をセットアップします 接続が確立されると Exchange ActiveSync で Exchange に接続するモバイル デバイスを Microsoft ...
  70. Exchange の DNS 設定が正常に構成されていません 以下のレコードをドメイン レジストラーの DNS 設定で追加してください
  71. Exchange へのアクセスに使用しているアカウントに 次のコマンドレットを実行する権限がありません: {0}. そのため モバイル デバイスの管理が完全に有効になっていません
  72. Exchange への読み取りおよび書き込みアクセス権に加えて Microsoft Intune と Exchange の両方のライセンスが 1 人以上のグローバル管理者に与えられている必要があります
  73. Exchange 環境にアクセス可能で On-Premises Connector のシステム要件に準拠するコンピューターを準備します
  74. ID の最大文字数は 64 文字です その長さにはドメイン名が含まれます 新しい ID の文字数を減らして入力してください
  75. Id='{1}' の Setting にある '{0}' という RuleTemplate のポリシー規則を作成中にエラーが発生しました 詳細については 内部例外を参照してください