Dynamics AX 2009

  1. /createparents import コマンドと共に使用して 親を作成します 子要素をインポートするが 親要素がモデル ストアにない場合 モデル ストア内に疑似の親が作成されます 既定値: Off /noOptimize import ...
  2. Active Directory からインポートしたユーザーのプロファイルを選択します ロール センターなどの既定の設定はプロファイルによって定義されています 割り当てるプロファイルを特定できない場合は "%1" を選択し 後でユーザー フォームまたはユーザー ...
  3. Active Directory へ '名前別' バインドしているサーバー名 '%1' が見つからないか Object サーバーが起動していません %2
  4. Active Directory ユーザー または Active Directory グループのエイリアス クレーム ユーザーのエイリアスまたは電子メール アドレスの場合もあります
  5. Active Directory 統合を使用して接続するには 正しい AOS 名 シンプル バインド モード または '組織単位' バインド モードを使用します
  6. ActiveX コントロールを作成できません %1 ( ClassId: %2 ) システムで見つかりませんでした コントロールが正しくインストールされていることを確認してください
  7. ActiveX コントロールを作成できませんでした %1 ( ClassId: %2 ) 有効なライセンス情報がシステムで見つかりませんでした コントロールが正しくインストールされていることを確認してください
  8. Adjustment が Left に設定されている場合 テーブル %2 のフィールド %1 の StringSize は それが関連するテーブル %4 のフィールド %3 の値と等しいかそれ以上である必要があります
  9. Adjustment が Right' に設定されている場合 テーブル %2 のフィールド %1 の StringSize は それが関連するテーブル %4 のフィールド %3 の値と一致する必要があります
  10. ADOMD.NET は Microsoft SQL Server Analysis Services との通信のために設計された Microsoft .NET Framework データ プロバイダーです
  11. AIF のアップグレード: AIF コードのアップグレードが完了していないため アップグレードを続行できません コードのアップグレードを完了させてからデータのアップグレードを行ってください
  12. AIF データのアップグレードを続行する前に AifOutboundProcessingQueue および AifGatewayQueue のすべてのメッセージを削除する必要があります
  13. AIF ドキュメント履歴の消去中にデッドロック例外が発生しました しばらくしてからもう一度ドキュメント履歴を消去してください
  14. AifSqlChangeTrackingEnabledTables テーブルは データ エンティティに対する変更追跡が有効になっているテーブルの名前を格納するために使用されます
  15. AmountMSTSecondary から派生した拡張データ型のフィールドを使用し 分析に対してそのフィールドを表示する場合 CurrencyCode を SecondaryCurrency にする必要があります
  16. Analysis Services サーバーに接続できません: %1 そのサーバーが有効な SQL Server Analysis Services サーバー インスタンスであり かつ実行中の状態であることを確認してください
  17. Analysis Services プロジェクトのコピーは %1 に保存されます プロジェクトの編集が終了したら それを AOT にインポートできます Visual Studio プロジェクト ノードの下で Analysis Services ...
  18. Analysis Services プロジェクトの既存の翻訳をラベル ファイルの現在の値で上書きするかどうかを決定します
  19. Analysis Services プロジェクトをコンフィギュレーションします このオプションは Microsoft Dynamics AX の言語設定の更新後や ライセンス キーやコンフィギュレーション キーの追加または削除後に選択します ...
  20. Analysis Services プロジェクトを更新して Microsoft Dynamics AX の分析視点で追加 削除 または変更したオブジェクトを反映します
  21. AOD ファイル %1 のインポート中にエラーが発生したため ファイルにアクセスできませんでした ファイルが別のアプリケーションで開かれていないかどうか およびファイルにアクセスするための適切なアクセス権限があるかどうかを確認してください
  22. AOS からモデル ストアへの接続が失われ 再確立されました 一時的な停止で 対応する必要があるデータ損失が発生する可能性があります モデル ストアに使用されているサーバーとデータベースに関する接続と安定性の問題を確認してください モデル ストアは ...
  23. AOS がその存在をサービス接続ポイント ID %2 で Active Directory に公開できませんでした エラー コード テキストは %3 でした 問題を修正するか Active Directory との統合を無効にしてください
  24. AOS とモデル ストア間のレイヤーエントリの初期化に失敗しました AOS をシャットダウンする必要があります モデル ストアに使用されているサーバーとデータベースの接続の問題と可用性を確認してください モデル ストアは %2\%3 です
  25. AOS とモデル ストア間の接続が失われ 再確立できません AOS をシャットダウンする必要があります モデル ストアに使用されているサーバーとデータベースの接続の問題と可用性を確認してください モデル ストアは %2\%3 です
  26. AOS によってモデル ストアにない AOS のラベル ファイルが識別されました ラベル ファイル: %2 このラベル ファイルが今登録され モデル ストアに追加されました 必要なアクションはありません この操作は コマンド ライン パラメーター ...
  27. AOS によってモデル ストアにない AOS のラベル ファイルが識別されました ラベル ファイル: %2 操作が失敗したため ラベル ファイルはモデル ストアに登録されませんでした この操作は コマンド ライン パラメーター -labelsync ...
  28. AOS によってラベル同期操作が強制的に実行されました この操作は コマンド ライン パラメーター -labelsync を使用して起動されるクライアントによって呼び出されます ラベル同期操作によって モデル ストアにない AOS サーバー ...
  29. AOS のインスタンスがインストールされています AOS のインスタンスをすべてアンインストールしてから Microsoft Dynamics 'AX 7' Technical Preview SDK をインストールしてください
  30. AOS のシャットダウン ベースライン要素 ID が記述されている CSV ファイルを使用して AxUtil を実行することによるレガシ ID の設定 およびカーネル コンパイルの実行を行います 詳細については ヘルプ リンクをクリックしてください ...
  31. AOS のログ ディレクトリにサーバー側のトレース ファイルを保存するための十分な空き領域がドライブにあること およびトレースを開始するための権限を持つアカウントを使用して AOS サービスが実行されていることを確認してください
  32. AOS は ワークフロー コンポーネントがインストールされている Web サーバーと通信できる必要があります Web サーバーの URL を入力して 検証 をクリックしてください
  33. AOS を手動で再開 ([スタート 管理ツール サービス Microsoft Dynamics AX Object Server の順にクリック) してから アップグレードを続行します
  34. AOS インスタンスが 1 つ以上含まれているクラスターを削除することはできません クラスターを削除する前に それらの AOS インスタンスを別のクラスターに割り当ててください
  35. AOS サーバー ディレクトリで見つかった 1 つ以上のラベル ファイルがモデル ストア内に存在しません この状況は故意かエラーで発生する可能性があります ファイルはそのままの状態で残され AX 内から使用可能です これらのファイルをモデル ...
  36. AOS サービス ユーザーに 証明書の秘密キーに対する読み取りアクセス許可がありません このユーザーに十分なアクセス許可を付与し 再実行してください
  37. AOS ランタイム RDL キャッシュのクリーニング中にエラーが発生しました 開発用ワークスペース ([ツール > キャッシュ > 要素の更新]) を使用してキャッシュをクリーンアップしてください
  38. AOS 上のポートの WCF コンフィギュレーションは 名前の変更後にリセットされます このポートの WCF コンフィギュレーションを変更すると その変更はすべて失われます 続行しますか?
  39. AOSAuthorization プロパティが有効化されているフィールドを含むインデックスでは AllowDuplicates プロパティを いいえ に設定できません
  40. AOT への接続に関する問題で操作が失敗しました 接続は今復元されました 最後の操作をやり直す必要があります
  41. AP 仕入先請求書参照に番号順序が割り当てられていないため 支払明細書を送信できません 支払パラメーター フォームで番号順序を割り当ててください
  42. Application Object Server (AOS) Windows サービスは Microsoft Dynamics 'AX 7' Technical Preview クライアント データベース およびアプリケーション間の通信を制御します ...
  43. Application Object Server (AOS) のインスタンスがインストールされている場合 Microsoft Dynamics 'AX 7' Technical Preview SDK はインストールできません AOS Windows ...
  44. Application Object Server for Microsoft Dynamics に接続できません エンタープライズ版を有効にしないと 1 クライアントしかアクセスが許可されません
  45. Application Object Server for Microsoft Dynamics に接続できません 購入したライセンス数より多くのユーザーがサーバーに接続しています
  46. Application Object Server Web サービス記述言語 (WSDL) URI には セットアップを実行するコンピューターからアクセスできるようにする必要があります セットアップでは Web サービスを使用して Microsoft ...
  47. Application Object Server によりコンピューターへの接続が切断されました 管理者がセッションの終了を要求したか または Object Server が終了または再起動しています 問題が解決されない場合は 管理者に問い合わせてください ...
  48. Application Object Server にインターネット (または別の WAN 接続) 経由で接続している場合 現在の通信ラインでは中断が多数発生してネットワークが復旧できない可能性があります インターネット/WAN プロバイダーへの接続を再度確立してください ...
  49. Application Object Server の名前またはポート番号が正しくありません Microsoft Dynamics AX Server 構成ユーティリティで値をチェックしてから もう一度やり直してください
  50. Application Object Server は "非負荷分散 AOS インスタンス" のメンバーであるとき ロード バランサーとしてマークできません
  51. Args インスタンス上の lookupRecord 値を処理できませんでした テーブル '%1' は フォーム '%2' のルート FormDataSource として存在しません
  52. Args インスタンス上の lookupTable 値を処理できませんでした テーブル '%1' は フォーム '%2' のルート FormDataSource として存在しません
  53. ASP.NET MVC 3 は テストがしやすく保守性に優れた Web アプリケーションを モデル ビュー コントローラー (MVC) パターンを利用して開発するためのフレームワークです Windows Azure 1.7 では ASP.NET ...
  54. AssetAcceleratedDepWorkingHoursTmp_JP は 生産モジュールから AssetAcceleratedDepWorkingHours_JP テーブルへのデータのインポートに使用されました
  55. AssetAllocationRuleLine_CN テーブルには 配賦ルールの各行の詳細な設定が含まれます 詳細には 分析コード値のローカライズされた値 パーセンテージ値および勘定科目が含まれます
  56. AssetAllocationRule_CN テーブルには 資産仕訳帳提案の生成に使用される特定の配賦ルールに関連する詳細が含まれます 詳細には 配賦の基となる分析コードが含まれます
  57. AssetDepBookMap_JP マップは 価値モデルおよび減価償却簿から資産減価償却簿に共通のインターフェイスを提供するために使用されます
  58. AssetDepBookTableMap_JP マップは 価値モデルおよび減価償却簿から資産減価償却簿テーブルに共通のインターフェイスを提供するために使用されます
  59. AssetDepTransMap_JP マップは 価値モデルおよび減価償却簿から資産減価償却トランザクションに共通のインターフェイスを提供するために使用されます
  60. AssetGroupEntity エンティティには 固定資産の特性に関連付けられた詳細が含まれます 固定資産の特性には タイプ 番号順序 既定の帳簿などの詳細が含まれます すべての固定資産は固定資産グループに割り当てる必要があります 同じ特 ...
  61. AssetImpairmentReviewTestTmp_JP テーブルは 減損確認と認識テストの一時データを格納するために使用されます
  62. AssetImpairmentTestResultDocument_JP テーブルは AssetImpairmentTestResult_JP と AssetDocumentTable_JP 間のリンク テーブルです
  63. AssetInternalTransferHistory テーブルには 社内移動で部門と場所が変わった固定資産の履歴が含まれます
  64. AssetTransferMassStagingTmp テーブルは 各価値モデルに対する正味帳簿価格を格納する中間テーブルとして使用されます
  65. Async Client のチャネル メッセージ データベースを配置するデータベース サーバー インスタンスの名前 既定のインスタンスの場合は空にします
  66. Async Client は Microsoft Dynamics AX と小売チャネルの間の非同期データ転送を管理するシステムの一部です このコンポーネントは各チャネルでインストールしてください
  67. Async Server は Microsoft Dynamics AX と小売チャネルの間の非同期データ転送を管理するシステムの一部です このコンポーネントは本社でインストールしてください
  68. ATP を計算する期間 (今日以降の日数) これは 配送日管理が ATP または ATP + 払出安全日数に設定されている場合にのみ適用されます
  69. ATP を計算する期間 (今日以降の日数) これは 配送日管理が ATP または ATP + 払出安全日数に設定されている場合にのみ適用されます
  70. AX 2009 システムに購買要求が含まれていて その購買要求は現在ワークフロー内にあります これらの購買要求は AX 2009 から AX 6 にアップグレードできません 詳細については アップグレード前の検証用スクリプトを参照してください ...
  71. AX 2012 R2 以前のリリースから店舗データベースをアップグレードすることはできません AX 2012 R3 を使用するには 店舗データベースを再展開する必要があります
  72. AX システム サービス アカウントに対する Dynamics Browser のアクセス許可の付与要求が SQL Server Reporting Services Web サービスに対して進行中です.
  73. Axapta (%2) のホーム ディレクトリが必要な構造と一致しないか アクセスできません インストール コンフィギュレーション およびアクセス権を確認してください
  74. Axapta ライセンス コードが入力されていない %2 データベースをシステムが参照しています 管理 メニューの 設定 セクションを参照し Axapta ライセンス情報フォームに記載されている %2 データベースの正しいコードを入力してください ...
  75. AXRDCE 変換ステップの実行中に致命的なエラーが発生しました レポートを表示できません システム管理者に問い合せてください