Azure Data Catalog

  1. Active Directory セキュリティ グループが Data Catalog へアクセスできるよう承認を有効にして 請求単位の自動調整を可能にする
  2. ActivityType のプロパティ: '{0}' は 指定されていなかった値を指定する場合を除いて baseType のプロパティ定義をオーバーライドすることはできません
  3. Analysis Services プロバイダー を使用するために必要な 'Microsoft SQL Server 2012 ADOMD.NET' がインストールされていません https://www.microsoft.com/en-u ...
  4. Azure Data Catalog が提供する機能を使用すると アナリストからデータ科学者や開発者までのすべてのユーザーが データ ソースを登録 検出 理解 使用できます
  5. Azure Data Catalog で使用される Azure サブスクリプションは Azure Data Catalog のプロビジョニングのときに使用されていたテナントとは異なる Azure テナントを使用するように変更されました この変更により ...
  6. Azure Data Catalog で使用される Azure サブスクリプションは Azure Data Catalog のプロビジョニングのときに使用されていたテナントとは異なる Azure テナントを使用するように変更されました この変更により ...
  7. Azure Data Catalog とそのデータ ソース検出やコメントの機能へのアクセスを要求します %0A%0AAzure Data Catalog の管理者として 設定 ページ (https://{0}) で Catalog ユーザーにわたしを追加してください ...
  8. Azure Data Catalog とそのデータ ソース検出やコメントの機能へのアクセスを要求します Azure Data Catalog の管理者として 設定 ページ (https://{0}) で Catalog ユーザーにわたしを追加してください ...
  9. Azure Data Catalog とそのデータ ソース検出やコメントの機能へのアクセスを要求します Azure Data Catalog の管理者として 設定 ページ (https://{0}) で Catalog ユーザーにわたしを追加してください ...
  10. Azure Data Catalog との通信で問題が発生しています カタログ管理者に連絡して 次のコードを報告してください: {0} http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=616424 でカスタマー ...
  11. Azure Data Catalog に使用されている Azure サブスクリプションが無効になっています 支払いがされていないこと Azure 試用版の有効期限切れ またはその他の原因が考えられます この問題を修正するために Azure サブスクリプションの所有者はサブスクリプション情報を ...
  12. Azure Data Catalog に使用されている Azure サブスクリプションが無効になっています 支払いがされていないこと Azure 試用版の有効期限切れ またはその他の原因が考えられます この問題を修正するために Azure サブスクリプションの所有者はサブスクリプション情報を ...
  13. Azure Data Catalog に使用されている Azure サブスクリプションが無効になっています 支払いがされていないこと Azure 試用版の有効期限切れ またはその他の原因が考えられます この問題を修正するために Azure サブスクリプションの所有者はサブスクリプション情報を ...
  14. Azure Data Catalog に対して '{0}' がまだ有効になっていません このメッセージが間違って表示されたと思われる場合は カタログ管理者に連絡して 次のコードを報告してください: {1}
  15. Azure Data Catalog に対して '{0}' が有効になっていることを確認できません このメッセージが間違って表示されたと思われる場合は カタログ管理者に連絡して 次のコードを報告してください: {1}
  16. Azure Data Catalog に登録するオブジェクトを選択してください オブジェクト名 属性名 およびデータ型を含む 選択したオブジェクトの構造メタデータは Data Catalog で登録されます プレビューをサポートするデータ ソースについては ...
  17. Azure Data Catalog の作成後 用語集の管理者を更新しようとしたときに エラーが発生しました ブラウザーの表示を更新してください
  18. Azure Data Catalog は 1 組織につき 1 つだけサポートされています お客様の組織用に Catalog が既に作成されています カタログを追加することはできません
  19. Azure Data Catalog は 1 組織につき 1 つだけサポートされています お客様の組織用に Catalog が既に作成されている場合 カタログを追加することはできません
  20. Azure Data Catalog は 他の Microsoft サービスによって使用されているエンタープライズ全体のサービスです 記録によると お客様の組織はこのデータ カタログを使用する Power BI Pro のサブスクリプションを持っています ...
  21. Azure Data Catalog は 要求された操作を完了できません 後で再試行できますが エラーが解決しない場合は Azure Data Catalog フォーラム に問題を報告してください そのとき 以下のエラーの詳細を含めてください ...
  22. Azure Data Catalog は正常に作成されました これで 他のユーザーが企業のデータ ソースを検出して使用できるように データ ソースの登録を行えるようになりました 設定 ボタンを選択すれば いつでも Azure Data Catalog ...
  23. Azure Data Catalog へのアクセス権の付与に Azure Active Directory セキュリティ グループが使用されている場合 ユニット数を変更することはできません 承認設定を確認して変更するには Azure Data ...
  24. Azure Data Catalog を作成しようとしてエラーが発生したため 操作は失敗しました 操作を再試行するか 問題が解決しない場合はリソースを削除することができます
  25. Azure Data Catalog を組織用にセットアップしようとしているのですが 他のユーザーが既にサービスのセットアップを処理中のため 続行できません あなたがカタログの管理者であるため このメールで連絡しております カタログに使用されている ...
  26. Azure Data Catalog チームのみなさんこんにちは 私は Azure Data Catalog プレビューを使用しています 疑問点があるのですが 回答が見つからなかったため質問させていただきます 質問の内容は次のとおりです:
  27. Azure Data Catalog チームの皆さん こんにちは Azure Data Catalog を使用しており サービスの機能の理解を深めるためにデモのセットアップを希望します この依頼について連絡をいただく可能性があることを承知しています ...
  28. Azure Data Catalog チームの皆さん こんにちは Azure Data Catalog を使用しており 現在のエクスペリエンスと機能についてのフィードバックをお送りします このフィードバックについて連絡をいただく可能性があることを承知しています ...
  29. Azure Data Catalog チームの皆さん こんにちは 私は Azure Data Catalog を使用しています 疑問点があるのですが 回答が見つからなかったため質問させていただきます この質問について連絡をいただく可能性があることを承知しています ...
  30. Azure Data Catalog チームの皆さん こんにちは 私は Azure Data Catalog プレビューを使用しています 疑問点があるのですが 回答が見つからなかったため質問させていただきます 質問の内容は次のとおりです:
  31. Azure Data Catalog チーム様 Azure Data Catalog プレビューを使用しており サービスの機能の理解を深めるためにデモのセットアップを希望します こちらのタイム ゾーンと デモに最適な時間帯をお知らせします: ...
  32. Azure Data Catalog チーム様 Azure Data Catalog プレビューを使用しており 現在のエクスペリエンスと機能についてのフィードバックをお送りします フィードバックの内容は次のとおりです:
  33. Azure Data Catalog データ ソース パブリッシャー ツールで問題が発生したため 続行できません この問題が解決しない場合は ADCSupport@Microsoft.com にお問い合わせください
  34. Azure Data Factory では クラウド暗号化 API が廃止されました 証明書ベースの暗号化などのオンプレミスの代替策を使用して機密情報を保護してください
  35. Azure ML のリンクされたサービスでは サポートされていない API バージョン {0} が指定されています 現在サポートされている API バージョンは 既定の (URI で指定されない) {1} です
  36. Azure ML バッチ スコアリングが完了しました 状態コード: 失敗 Azure ML Studio の Azure Machine Learning Web サービスにアクセスして Azure ML バッチ スコアリングを監視するか ログ記録を表示または有効化してください ...
  37. AzureHub' はハブ {0} の有効な種類の値ではありません 有効な値は Hub のみです 有効な種類の値を指定して 再試行してください
  38. AzureML アクティビティ '{0}' のプロパティは '{1}' を参照しますが アクティビティの入力または出力データセットにその名前のデータセットは存在しません
  39. AzureML 一括処理 '{0}' のリンクされたサービスが見つかりません アクティビティ定義で AzureML 一括処理のリンクされたサービスを指定してください
  40. AzureML 一括処理のリンクされたサービス '{0}' のタイプはサポートされていません アクティビティ定義で AzureML 一括処理のリンクされたサービスを指定してください
  41. AzureMLBatchScoringActivity '{0}' の検証に失敗しました 入力テーブルと出力テーブルの種類は AzureBlob PartitionedBlob または AzureSqlTable でなければなりません
  42. AzureMLBatchScoringActivity '{0}' の検証に失敗しました 異なる SQL Azure の入力テーブルおよび出力テーブルのリンクされたサービスがありました この場合 アクティビティ出力データセット '{1}' を ...
  43. AzureMLBatchScoringActivity で ジョブ {0} のバッチ スコアリングのジョブ状態の取得時にエラーが発生しました 要求 HTTP 状態コード {1} 詳細: {2}
  44. AzureMLBatchScoringActivity で バッチ スコアリング ジョブ {0} の開始時にエラーが発生しました 要求 HTTP 状態コード: {1} 詳細: {2}
  45. AzureMLBatchScoringActivity の入力は 場所の種類が AzureBlobLocation のストレージ リンク サービスである必要があります アクティビティ定義を確認して 必要に応じて更新してください
  46. AzureMLBatchScoringActivity の出力は 場所の種類が AzureBlobLocation のストレージ リンク サービスである必要があります アクティビティ定義を確認して 必要に応じて更新してください
  47. AzureMLBatchScoringActivity はバッチ スコアリング ジョブ状態の取得中にエラーを検出しました 要求の http 状態コード: {0} 詳細: {1}
  48. AzureMLBatchScoringActivity 入力データセット '{0}' には 必要な fileName 場所プロパティがありません 入力テーブル定義を確認して 必要に応じて更新してください
  49. AzureMLBatchScoringActivity 検証に失敗しました: ファイルの場所にスコアを付けるには 入力データセットが必要です
  50. AzureMLUpdateResource アクティビティ '{0}' の必須プロパティ 'trainedModelDatasetName' が指定されていないか アクティビティ入力にないか または iLearner ファイル拡張子を持つファイルを表していません ...
  51. AzureMLUpdateResource アクティビティ '{0}' の必須プロパティ 'trainedModelName' が指定されていません Web サービスの実験で更新されるようにトレーニング済みのモデル モジュールの名前を含めてください ...
  52. AzureMLUpdateResource アクティビティは開発中であり まだ一般向けには使用できません このアクティビティを削除してパイプラインを再度デプロイしてください このアクティビティは今後リリースされる SDK で使用可能になる予定です ...
  53. BLOB で無効な .Net アクティビティ パッケージが見つかりました パッケージ ファイルが zip ファイルのルートにあることを確認してください アセンブリ名: {0} ジョブ名: {1} パッケージ ファイル: {2} エラー メッセージ: ...
  54. BLOB で無効なカスタム アクティビティ パッケージが見つかりました アセンブリ名: {0} ジョブ名: {1} パッケージ ファイル: {2} エラー メッセージ: {3}
  55. BLOB で無効なカスタム アクティビティ パッケージが見つかりました パッケージ ファイルが zip ファイルのルートにあることを確認してください アセンブリ名: {0} ジョブ名: {1} パッケージ ファイル: {2} エラー メッセージ: ...
  56. Catalog の管理者は ビジネス用語集の用語を定義し 編集できます 管理者が用語を作成すると 用語がここに表示されます データ資産のプロパティを編集する際に それらの用語をデータ資産に割り当てることができます
  57. Contoso 社は ゲーム コンソール 携帯デバイス パーソナル コンピューター (PC) など 複数のプラットフォーム向けにゲームを制作するゲーム会社です これらのゲームはそれぞれが大量のログを生成します Contoso 社では これらのログを収集して分析することによって ...
  58. Data Catalog へのアクセスの承認では Azure Active Directory の配布グループはサポートされていないことに注意してください 結果として 追加した配布グループのユーザーは Data Catalog へのアクセスを承認されません ...
  59. data factory の名前 この名前は将来 DNS 名として登録される場合があり その場合には公開されることになります
  60. Data Factory の数が既に最大数に達しているため Data Factory の作成に失敗しました ファクトリ数: {0}
  61. Data Factory サービスにデータ ゲートウェイを登録する必要があります 最初に データ ゲートウェイのダウンロードとインストール ボタンをクリックし エンタープライズ内のマシンにデータ ゲートウェイをダウンロードしてインストールします ...
  62. Data Factory: {1} 内にデータセット: {0} を作成できません この Data Factory が既に有しているデータセットの数 {2} が Data Factory あたりの上限値に達しているからです Data Factory ...
  63. Data Lake Analytics サービス '{0}' は Data Lake Store にアクセスできません Azure Portal または PowerShell SDK で Data Lake Store へのアクセスを許可してください ...
  64. Data Steward ポータルは中止されており お客様のカタログは新しい Azure Data Catalog サービスに移行されました 新しいサービスでは Dara Steward ポータルで以前ご利用いただいていた '統計情報の表示' ...
  65. Data Steward ポータルは中止されました 今後数か月で お客様の Data Catalog は新しい Azure Data Catalog サービスに移行されます クエリの検出 共有 使用については 現在と同じ方法で引き続きご利用いただけます ...
  66. DataLakeAnalyticsUri '{0}' が解決できなかったため Data Lake Analytics アカウントが見つかりませんでした DataLakeAnalyticsUri を変更するか削除して もう一度お試しください
  67. DataSource の不一致のため 新しい SQL 接続文字列を既存のものと結合できませんでした 新規 DataSource = "{0}" 既存 DataSource = "{1}" 新しい接続文字列で Server または DataSource ...
  68. external" プロパティは 使用中のクライアント バージョンではサポートされていません 代わりに "waitOnExternal" プロパティを使用して "availability" プロパティの下に移動してください
  69. externalData" プロパティは "policy" の子ではありませんでした "waitOnExternal" に名前を変更して "availability" の下に移動してください
  70. Free Edition から Standard Edition への変更 Standard Edition で選択したユニット数の変更などに関する使用料の詳細の変更は 選択した Azure サブスクリプションの所有者または共同作成者のみが行うことができます ...
  71. Free Edition と Standard Edition 間の変更を含む価格の詳細は 選択した Azure サブスクリプションの所有者または共同作成者であるユーザーのみが変更することができます
  72. Hadoop Streaming Activity '{0}' の 'fileLinkedService' プロパティに指定された値は '{1}' ですが そのリンクされたサービスが Azure BLOB Storage の場所を参照していません ...
  73. Hadoop Streaming Activity '{0}' の 'fileLinkedService' プロパティに指定された値は '{1}' ですが 指定された名前のリンクされたサービスは見つかりませんでした
  74. HTTP 状態コード '権限がありません' で バッチ実行が失敗しました AzureML のリンクされたサービス '{0}' のバッチ実行 URL と API キーを確認してください 使用されたバッチ実行 URL: '{1}'
  75. HTTP 状態コード '権限がありません' で バッチ実行が失敗しました AzureML のリンクされたサービスのバッチ実行 URL と API キーを確認してください 使用されたバッチ実行 URL: '{0}'